占い師になりたい【なってから】

価格を見直したら、平均2万円だった売上がいきなり10万円超え!安売りするな!価値を売れ!

こんにちわ!
中川龍です!

先日、ある生徒さんから
「売上が10万円になりましたー!」
という報告をいただきました☺️

そのときのラインがこちら
↓↓↓

この方にアドバイスしたのは、シンプルに「商品価格の見直し」です。
彼女はもともと「1回1000円のメール鑑定」を売っていたんですが、アドバイス後は「5000円に値上げしてその分やりとり回数をもっと濃密にする」という感じに方向転換しました。
そしたらいきなり売上10万円を超えたというわけです🙆‍♂️✨

占いをまだ始めたばかりの初心者さんは、「まだ自信がないから安く売ろう」という考え方をしがちなのですが、それはできる限りやめたほうがいいです。
なぜなら…

安売りすればするほど、商売が難しくなるからです。

これはきちんと計算してみれば簡単にわかります。

例えば1000円の鑑定で10万円稼ぐには100人を見る必要があります。
それは裏を返せば、月100人集客できるくらい、集客にも力を入れなきゃいけないということです。
すると、「100人の鑑定対応+100人を集客できるくらいめっちゃ集客にも力を入れる」の二つが必要になるので、大変+大変で、すごく大変なんですね。

しかし、もし5000円で販売すれば、こちらは月20人見れば10万円を稼げる計算になります。
単純に考えて「100人集客しなきゃ」という状況と、「20人集客すればいい」という状況では後者のほうが楽ですよね。
さらに鑑定の対応時間も、「100人にメール返さなきゃ」より、「20人にメール返せばそれでいい」という状況のほうが楽ですよね。

対応すべき総人数が少なくなれば、1人に対してかけることができる労力を増やすことができるので、より濃密で丁寧な鑑定を行うことができるでしょう。
すると、お客様がリピートしてくれる可能性が高くなるので、さらに「集客にさかなければいけない労力」が減る可能性が高いでしょう。

価格が安いと、この逆です。
価格が安いと、頭でどれだけ「誠心誠意がんばろう」と思っても、頑張るメリットがないので、どうしても無意識に鑑定が雑になりがちです。
鑑定の質が下がればリピーターも獲得しづらくので、お客様を安定的に得ることが難しくなります。
すると、さらに集客に労力をさかなければいけなくなります。

こんな感じで、自分を安売りするとどんどん負のループに入ってしまうんですね。

僕は上記のことを彼女に説明し、
「今の自分がこれくらいの価格なら許してもらえるだろうという価格ではなく、今の自分が『これだと高い』と感じるギリギリのラインくらいの価格にして、その代わりに今の自分に思いつく限り限界まで『価値』をつめこんでみてください」
とアドバイスしました。

その結果、商品の方向性が根本的に変わりました。
その結果、いきなりポーンと売上10万円を超えることができたというわけです☺️

こんなふうに商品価格を見直したら、意外とサクッとうまくいったという事例はけっこう多いので、今占い師をしててうまくいってない人は、ぜひ商品価格を見直してみてください🙆‍♂️✨
するとポーンと変わるかもしれませんよ😊
参考になれば幸いです!

僕の無料メール講座では、こんな感じで日々いろんな占い師さんの成功事例をたくさん語っています!!!!!!
色んなモデルケースを参考にしていくことは、あなたなりの成功の道を探すことにも役立っていくので、興味がありそうな人は、ぜひこちらも受講されてみてくださいね♪

おしまい!
読んでくれてどうもありがとう!

占いで独立開業するメール講座📩

「私も占いを仕事にしてみたい…!」
「個人で稼ぐってどんな感じか知りたい!」
「占いビジネスの楽しさをもっと知りたい!」
って人のためのメール講座やってます🐻✨

ブログの10倍くらいのボリュームの「レアな話」がたくさん読めるので勉強になること間違いなし😊
興味がありそうな人はぜひ以下からお待ちしてます!
↓↓↓

関連しそうな記事