占い師になりたい【なってから】

「お客様がこない…」と悩む占い師さんの65%くらいがやっている間違い

こんにちわ!
中川龍です!

今日も「会社に縛られず個人で占いを仕事にする考え方」をお届けします🧸✨

お客様がこないのは申し込みフォームが原因かも?

最近気づいたことがあります。
それは、「お客様がこない…」と泣きついてくる占い師さんのホームページとかを確認すると、けっこうな確率で「入力項目が多すぎる申し込みフォーム」を使っていることが多いってことです。

占い依頼を受付するとき、申し込みフォームのようなものを使っている方、よく聞いてください。
実はそういうのって、「入力項目」は可能な限り少ないほうがいいんです。
なぜなら、入力すべき項目が増えれば、それはお客様にとって負担になるからです。

僕はそういうフォームを使うとき、なるべく「名前」「メールアドレス」の二種類くらいしか項目を用意しないようにしています。

しかし、占い師さんの中には、ここに平気で5個も10個も入力項目を用意している人がいます。
でもそれだけ入力項目があると、全てに一つずつ入力していくだけでも時間がかかります。
項目が2つしかなければ10秒で申し込めます。
しかし10個あればさすがに2分くらいかかるかもしれません。
その差はたった1分50秒ですが、でもその1分50秒の間に、友達から電話がきてついつい楽しくなって長話してしまい、そのまま占い依頼を出すのを忘れてしまうかもしれません。
あるいは赤ちゃんが泣き出してその対応をしなきゃいけなくなり、そのまま占い依頼を出すのを忘れてしまうかもしれません。

申し込みまで2分かかると、そういう想定外の何かに邪魔をされてしまうことってけっこうあるんです。
でも申し込みまでが10秒で終わるのであれば、そういうアクシデントがある前に、占い依頼を完了させることができるでしょう。
この差は月単位で見るとけっこうな差になっていくものです。

だから入力項目はなるべく少なくした方がいいんです。
ではどうやって少なくするか?
簡単です。
本当に絶対にどうしても必要なもの以外は、思い切って全部削除しちゃうことです🙆‍♂️
僕は「名前」「メールアドレス」くらいしか聞かないようにしています。
それは、この二つはさすがに入れてもらわないとコンタクトできないからです笑

でも占い師さんはけっこうな確率で、「生年月日」「相手の生年月日」なんかを入力項目に用意している人がいます。
あらかじめ聞いておいた方がセッションがスムーズになると思ったのかもしれませんね。
でもね、そういうのを「セッションが始まる前の段階」で聞いてしまうと、絶対にこうなりますよ。
↓↓↓
「この人に占い依頼してみようかな…あれ相手の生年月日っていつだっけ聞かなきゃできないや!明日聞こう」
「あああ!生年月日聞くの忘れたまま三日経ってたーーー!」
「でも、なんかもう彼と仲直りできたし占い依頼しなくていいや😇」

想像できたでしょうか。
そうなんです。
入力項目を増やしすぎると、すぐに占い依頼を出せなくなるので後回しにされてしまい、そうこうしているうちに状況が変わってしまい、結局そのまま占いを依頼してもらえないということが起きがちなんです…。

だから、「セッションが始まってから聞けばいいこと」は、申し込みフォームには入れないほうがいいんです。
そういうのはセッションが始まってから改めて質問項目として聞けばいいんです。
こういうのも、きちんと意識している人とそうでない人では、ものすごい差を作るポイントです。

僕の過去の生徒さんの中には、「受付方法」を整えたら、月収が跳ね上がった人が何人かいます。

例1:もともと平均売上1万円→修正後15万円
例2:もともと平均3万円→修正後40万円
例3:もともと平均8万円→修正後52万円

上記は一例にすぎません。
細かく例をあげていけば、それこそ本当に無限にこういう事例はあります。
それくらい、受付方法って大事なんですよ♪

「入り口が迷路みたいになっててどうやって入るのかわかりづらいお店」にお客さんがくることはないですよね。
それと同じように、「申し込むまでの手順が複雑なホームページ」に申し込みが来ることは少なくなってしまうんです。

今日のまとめ!

  • 申し込みフォームはなるべく質問項目を少なくしましょう
  • どうしても絶対必須なものを2つくらいまで。それ以外は思い切って全部削除してもいいくらい。とくにセッションが始まってから聞けばいいようなことはセッションが始まってから聞きましょう。
  • 「占いの申し込みをするときに行わなければいけないアクション」を可能な限り小さくしましょう。お客様が「行動するために必要なこと」をなるべく小さくしてあげましょう。誰だって高い壁を越えなければとなると面倒くさく感じてしまうので諦めてしまいます。でも壁をなるべく小さくしてあげれば、敷居が下がるので行動しようと思えます。だから、敷居をなるべく小さくしてあげましょう。
  • そういう細かな親切ができる人のところには、占い依頼がどんどんきます🐻✨

以上、お客様がなかなか来ないとお悩みの占い師さんたちの参考になれば幸いです😊✨
読んでくれてどうもありがとう!

占いで独立開業するメール講座📩

「私も占いを仕事にしてみたい…!」
「個人で稼ぐってどんな感じか知りたい!」
「占いビジネスの楽しさをもっと知りたい!」
って人のためのメール講座やってます🐻✨

ブログの10倍くらいのボリュームの「レアな話」がたくさん読めるので勉強になること間違いなし😊
興味がありそうな人はぜひ以下からお待ちしてます!
↓↓↓

関連しそうな記事