占い師になりたい【なってから】

平均売上10万円だった占い師さんの●●を変えたら、二ヶ月合わせて130万円の売上に…😱その●●とは?

こんにちわ!
中川龍です!

「占いが売れない」と悩むとき、多くの人は「とにかく地道に頑張ろう」みたいな感じで考えがちです。
しかし実はこれって、ただ思考放棄をしているだけでよくない場合があります。

実はそういうときは、あえて「何か新しい商品を考案する」「既存の商品ではないものを売る方法を考える」みたいな方角でアプローチしたほうが良い場合もあります。

先日ある生徒さんから
「二ヶ月合わせて130万円稼げてしまいました…」
という報告をいただいたのですが、この方はまさにその典型例でした。

彼女はもともと単価が低い占いを販売されていた方でした。
だから、もう少し客単価をあげたほうがいいかもしれませんねという話をしました。
そこであらかじめ複数回行うことを前提にしてやや高単価にしたセッションなどを販売してみるようにおすすめしてみたんですが、、、

ちょっとアドバイスしたこっちがびっくりするくらい、伸びちゃったようです👼笑
なんだこりゃ笑

でもね、こういうことって、けっこうあるあるなんです笑

僕自身もずっとなんとなくでタロット占いやってた頃は平均15万円から抜け出すことができませんでした。
でもある時期にビジネス的なことをしっかり勉強して、自分の占い師としてのコンセプトを定め、無駄なメニューを削り、本当にお客様に求められていると考えられる商品だけに絞ってからは、急に売上が安定するようになり、平均40〜50万円くらいが稼げるようになりました。

それから数年経ち、占い師として安定して稼げるようにはなったものの「ずっと1万円の個人セッションを売ってるだけだと先が見えない」と悩んだ時期もありましたが、そのときは思い切って1回4時間・全4回のタロット講座を募集してみたら、これが価格5万円なのにいきなり16件くらい売れて、いきなり80万円くらい稼げてしまいました。
それまで1回1万円のセッションを月40〜50件くらい対応して50万円稼いでいたのが、たった4回の授業でいきなり80万円稼げてしまったときは驚きました。

こんなふうに、伸び悩んでいるときって、その状態のまま地道にがんばるよりも、「商品そのもの」にテコ入れを加えたほうがいい場合も多いです。
何かこれまでやったことがないような新しい商品を作ってみる。
より価値が詰め込まれている魅力的な商品を考案してみる。

普通の単発のセッションを売るだけだと、これはどうしても低単価になりがちですし、ずっと同じだとお客様からも飽きられてしまいがちです。
だからそういうときは、何か新しい風を作る努力をするんです。
すると、ポーンと跳ね上がることも多いですよ☺️✨

商売ってどこか「流れ」のようなものがあります。
「流れ」を感じる。
「流れ」を理解する。

お客様は今、あなたに何を求めているのか。
あなたは今、お客様の期待にどれだけ答えることができているのか。
それを詳しく詳しく想像する。
より多くのお客様を笑顔にするためであれば、既存の商品や、これまでの自分が積み上げてきたことすら捨てることも厭わない。

そういう人にこそ、どんどん流れはやってくることが多いです🐻

最後ちょっと観念的な話になってしまったので、初心者の方には難しかったかもしれません笑
でもここでこう書いてあったことを覚えておくと、いつかどこかであなたの人生選択の可能性を広げられるかもしれないので、頭の片隅にでも入れておいてください☺️✨

参考になれば幸いです♪

占いで独立開業するメール講座📩

「私も占いを仕事にしてみたい…!」
「個人で稼ぐってどんな感じか知りたい!」
「占いビジネスの楽しさをもっと知りたい!」
って人のためのメール講座やってます🐻✨

ブログの10倍くらいのボリュームの「レアな話」がたくさん読めるので勉強になること間違いなし😊
興味がありそうな人はぜひ以下からお待ちしてます!
↓↓↓

次はこれを読んでみよう♪