タロット占いのスプレッド紹介

タロット占いのもっとも基本的なスプレッドまとめ

このページでは、タロット占いのもっともベーシックなスプレッドを紹介します。
タロットのスプレッドはこれ以外にもたくさんありますが、ここで紹介するものはどの解説書にも掲載されているであろうもっともベーシックな四つです。

タロット占いのもっとも基本的なスプレッドまとめ

ワンオラクル

問いを定めたら、カードを1枚引き、それが問いへの回答とするもっともシンプルな占い方です。
複雑なスプレッドに比べると、とにかくわかりやすいので、初心者向けです。
ただ、1枚しか引かないということは、連想できる情報量が少ないということなので、そのなかでそれなりにまとまったセッションをするのは結構大変だったりします。
そういう意味では上級者向けだと言えます。
なお、プロ占い師の中にも「ワンオラクルしかしない占い師」はたくさんいます。
ですので、決して「素人感のある恥ずかしい占い方」ではないので、自信をもって堂々と占いをしましょう🤗

スリーカード

  • 過去
  • 現在
  • 未来

と3つのポジションを定義し、そこにそれぞれ1枚ずつカードを展開し、その結果から占う手法です。
過去がどういう状況だったのか、現在はどういう状況なのか、未来はこれからどうなるかを総合的に占うことができます。

二者択一

  • 現状
  • 選択肢Aの未来
  • 選択肢Aの結末
  • 選択肢Bの未来
  • 選択肢Bの結末

と5つのポジションを定義し、そこにそれぞれ1枚ずつカードを展開し、その結果から占う手法です。
二つの選択肢から迷っているときなどに使います。

ヘキサグラム

  • 過去
  • 現在
  • 未来
  • 相談者の無意識
  • 関係者の見解
  • 対策
  • 核心

と7つのポジションを定義し、そこにそれぞれ1枚ずつカードを展開し、その結果から占う手法です。
一つの状況に対して、より深く占うことができます。
ただし展開するポジションが多くなってきたので、ここらへんからは慣れていないとリーディングが難しく感じるかもしれません。

ケルト十字

  • 過去
  • 現在
  • 未来
  • 障害
  • 目標
  • 原因
  • 無意識
  • 環境
  • 願望と不安
  • 総合結論

と10のポジションを定義し、そこにそれぞれ1枚ずつカードを展開し、その結果から占う手法です。
展開するポジションが多いので、初心者のうちはリーディングが難しく感じることが多いです。
でも慣れてくると、すごくイメージがわきやすいスプレッドでもあるので、どこかの段階でぜひ試してみてください😊

関連しそうな記事
タロット占いのスプレッド紹介

あなたの過去、シャドウ、アニマ、アニムス、ファザー、マザー、これからの可能性、全てが丸分かりになるユンギアンタロット!

2018年9月16日
タロット占い教室&個人レッスン・東京渋谷「中川龍のブログ」
こんにちわ! 渋谷のタロット占い屋、中川龍です! 今日もタロット占いのマイナーなスプレッドを紹介するぞ! 今回はこ …