占い師になりたい【なってから】

「チャット占い師をしているのですが不倫相談が多いです…。正直、不倫には反対派です。だったら不倫相談を不可にするべきでしょうか?」

こんにちわ!
中川龍です!

先日あるメルマガ読者さんから、
「チャット占い師をしているけど、不倫相談が多く困ってる…」
という質問をもらいました!
というわけで、今日はこれに回答しますね🐻✨

本日の相談内容

実際にきた相談内容はこちらです。

私はチャット占い師なのですが不倫の相談が結構多いです。
もし占い師としてではなく人として相談されたら反対派です。
ですが不倫の相談でポジティブなカードが出た場合応援するのは罪悪感があります。
そんなふうに感じるくらいなら不倫の相談不可にするべきでしょうか。

回答「不倫相談不可とするのではなく、不倫の相談なんてくるわけもないような切り口に自分をつつみましょう!」

こんにちわ!
質問をいただきありがとうございます!

そうですね!
自分がそのテーマに対して共感できないのであれば、そんな仕事は受けないほうがいいです。

基本的に仕事って、「自分が心の底から熱意を感じること」以外は、一切やらないと決めたほうがいいですよ。

なぜなら、そのスタンスで仕事をしていると、
自分も儲かりづらいし、お客様にとっても嬉しくないからです。

人間って、自分にとって楽しくないことを仕事にしていると本気になれません。
少なくとも「積極的に集客してもっともっとお金を稼ぐぞ」という気にはならないはずです。
だって楽しくないんだもの。
あなたがどれだけ頭では頑張ろうと思ったとしても、内心ではつまらないと思っているのであれば、そのことは必ず行動に影響を与えます。
するとそういう人は、「自分なりに頑張っているつもりなのになぜかいまいち結果が出ない…」みたいなことになりがちです。
こんなふうに、「嫌いな仕事を我慢してやる」というのは、自分の収益性を圧倒的に下げるとても非合理な行動なんですね。

また自分が内心そう思っていることは、必ず相手にも伝わっています。
人間て、自分の心を完全に隠すことは不可能なんですよ。
心を隠せているつもりになっているのは自分だけです。
自分の本心ってやつは、どんな時も必ず、微妙な態度や雰囲気の差で相手に伝わっています。
だからそれはお客様に対しても失礼なんです。

というわけで、「不倫相談はもう受けない」と決めちゃうことをおすすめします!

ただしこのとき注意して欲しいのは
・「不倫相談を不可とする」のではなく
・「不倫の相談なんてくるわけもないようなハッキリしたコンセプトを提示する」ようにしたほうがいいですね!

例えば
・四柱推命であなたの才能見つけます
・風水であなたの金運アップ!
・トキメキ占星術でダメ恋愛してばかりの自分を卒業しよう!
などなど、こんな感じの切り口を考えてみてほしいのです。

もしあなたが上記のような切り口で自分を表現していた場合、こられは全てコンセプトがハッキリしているので、わざわざ「不倫相談は不可」と書かなくても、自然と不倫相談はこなくなるはずです。

こんなふうに、
「こういうお客様はきてほしくない」というイメージがある場合、
それをそのまま表現するのではなく、
結果的に同じ結果を得られるであろう圧倒的な切り口を作ったほうがいいです。

なぜならその方が、自分にとっても楽しく、お客様にとってもわかりやすいからです。

というわけで、ぜひあなたもそういう切り口を考えてみてください🐻✨
参考になれば幸いです!

おしまい!
読んでくれてどうもありがとう!

おまけ:中川龍に質問するならこちらから!

中川龍に占いや集客の質問したい人は以下のメルマガで受付中だよん!

メルマガでは
「僕が未経験から占い師として独立開業した方法」
「どうすればあなたも占いを仕事にすることができるか?」
などの情報も無料で解説もしてます♪

占いで独立開業するメール講座📩

「私も占いを仕事にしてみたい…!」
「個人で稼ぐってどんな感じか知りたい!」
「占いビジネスの楽しさをもっと知りたい!」
って人のためのメール講座やってます🐻✨

ブログの10倍くらいのボリュームの「レアな話」がたくさん読めるので勉強になること間違いなし😊
興味がありそうな人はぜひ以下からお待ちしてます!
↓↓↓

関連しそうな記事