コラム

【ホロスコープの読み方】太陽とハウスの関係を解説

こんにちは。
星読みライフデザイナーの玲音(レオ)です。
 

 
中川龍さんのブログにまたまた寄稿させていただくことになりました。
今回のテーマは「ホロスコープの太陽とハウスの関係性について」です。

ホロスコープの勉強をしていて「天体」「ハウス」の知識はついてきたけど「天体」と「ハウス」が重なった時にどう読めばいいのかわからない…
そんなことはありませんか?

今回は太陽が第1ハウスから第12ハウスに入っている時の関係性と特徴を解説します。

ハウスについて少しは理解できたけど太陽との関係がいまいちわからない…という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

西洋占星術におけるハウスとは

ハウスとは

「ハウス」とは、その人の生まれた日、時間の太陽の位置を基準として、ホロスコープを12個の部屋に分けたものです。

また、それぞれのハウスを分ける境界線のことを「カプス」と言い、ホロスコープの1ハウスと12ハウスの間にあるASD(アセンダント)はその人が誕生した瞬間に、太陽が昇る東の地平線に現れたサインを表しています。

ハウスから何がわかるの?

ハウスはそれぞれ人生のテーマを示すと言われています。

出生ホロスコープであれば、人が生まれながら持つ能力がどんな形で発動する傾向にあるかみることがでます。

現行のホロスコープを見る場合は現在、あなたの持つ天体がどのハウスに位置しているかで今のあなたが何を意識して生活していけば良いのかを見ることが可能です。

それぞれのハウスにはテーマがありますので、太陽とハウスの関係を見る前に各ハウスのテーマを知っておきましょう。

1ハウス 自分自身・個性・容姿・体質・生命力
2ハウス 金銭・収入・才能・価値観
3ハウス 知識・好奇心・コミュニケーション
4ハウス 家庭・生活・母親・帰る場所
5ハウス 恋愛・娯楽・自己表現・創造
6ハウス 勤労・雇用・奉仕・健康
7ハウス 結婚・パートナー・対人関係
8ハウス 相続・性・血縁関係・霊界
9ハウス 精神・向学心・哲学・海外・出版
10ハウス 社会性・人生の目標・使命・社会的役割
11ハウス 交友関係・ネットワーク・改革・未来
12ハウス カルマ・潜在意識・スピリチュアル

西洋占星術にとっての太陽とは

太陽とは

西洋占星術における太陽とは月と並んで最も重要な惑星です。

そんな太陽は生命力とエレルギーをあわせ持ち、人間の根幹とされており、太陽を知ることで環境や年齢によって変化しにくい自分自身の個性を知ることができます。

太陽のキーワード

  • 生命力
  • 自信
  • 目標・テーマ
  • 顕在意識
  • 仕事
  • 意思・行動

西洋占星術における太陽とハウスの関係

太陽は地球の周りを一周しますので、約1ヶ月に1回別のハウスに移動することとなります。

こちらのサイトに移動して、あなたの生年月日・出生時間・出生地を入力することで簡単にあなたの出生ホロスコープから現行の太陽がどこに位置するのか調べることができます。

ぜひあなたにとっての現行の太陽がどのハウスに位置するのか確認してみてください。

それでは早速、太陽とハウスの関係性について1〜12ハウスの順に解説していきます。

太陽×1ハウス

 

太陽が1ハウスに位置しているときは「エネルギーを充電するとき」です。

1ハウスはあなたの本質を表すもなので、エネルギーの源である太陽が1ハウスに存在することで、いつも以上に力強く自分を表現することができるようになります、

反対に、自分に意識が向いていることで、第三者に対しての気遣いや心配りが低下してしまいます。

もし、この時期に誰かと協力して目標に向かっているのであれば、少しだけ相手の意見に耳を傾けるようにしてください。

とはいえ、この期間は自分の能力を最大限に発揮できる時です。

自分の本質は何かを考え直し、積極的に行動していきましょう。

太陽×2ハウス

太陽が2ハウスに位置しているときは「価値観や大切なものを振り返る時」です。

2ハウスはお金やあなた自身の価値観を表すものなので、あなたが本当に必要で大切なものは何かを考えるのに非常に向いている時期ともいえます。

また、この時期は自分の価値観が表に強く出てしまうせいで他人にも自分と同じ価値観を求めてしまう傾向が出てしまいます。

トラブルを回避するためには、他人にも他人の価値観を忘れないようにすると良いでしょう。

自分自身の大切なものを通して、どうすれば自分の人生がよくなっていくか考えてみてください。

太陽×3ハウス

3ハウスに太陽がある時期は、「毎日関わる人たちとの交流が増える時」です。

コミュニケーションや好奇心のハウスが太陽の力を受け、通常よりも多くの知識を得るための後押しをします。

また、この時期は生活のテンポが早くなる時でもあるので、毎日の生活で落ち着かないなと感じた時は、何か新しいことをすることでそれを和らげることができます。

特にこの時期は、頭の中の考えが混乱しがちなので、家族や友人に頭の中の考えを伝えることで混乱が解消させることができます。

太陽×4ハウス

4ハウスに太陽がある時期は、「家族や両親に関心が向きやすい」時期です。

慣れ親しんだ環境にいることで心の安定を得やすく、家庭がある方は落ち着いた家庭の生活を望むようになります。

また、この時期は過去に起こったことを思い出し、そのことが今の自分に対しても影響を与えていると思い出させてくれます。

もし、この時期に心の中が不安定であると感じるのであれば、あなたの生い立ちを写真や動画、両親に話を聞くことで過去を思い出して見てください。

あなたの不安定な心の原因に気づくことができるかもしれません。

太陽×5ハウス

5ハウスに太陽がある時期は、もしかすると「1年の中で最も幸せな時期」であるかもしれません。

なぜなら、この時期は自己表現を自由にしていきたいと感じる時で、自分のやりたいことをしやすいと感じることが多くなるためです。

ですので、この時期は自分のワクワクする原動力に従って行動することでいつもより軽やかな気分でいられます。

しかし、楽しさに没頭するあまり、自分らしさを失ってしまう可能性もあるので気をつけましょう。

太陽×6ハウス

6ハウスに太陽がある時期は、5ハウスの時とは一変して「少しプレッシャーを感じやすい」ときになるかもしれません。

このハウスは仕事のハウスなので、あなたの「やりたいこと」というよりは誰かのため、何かのために行動をしなければいけないという気持ちが強くなります。

ですので、この時期は効率よく動く方法を考え、将来に向けた技術やその方法を意識して行動すると運気も良い方向に進みます。

プレッシャーを感じることもありますが、物事がうまく進むことで、満足感を得ることができますので、悲観的にならないようにしたいですね。

また、太陽がこのハウスにいる時は「健康」に目を向けたい時でもあるので、健康診断にいくことや、運動を始めるのには最適な時期です。

太陽×7ハウス

太陽が7ハウスに位置しているときは「一対一の親密な出会いを通じて、自分自身を深くより知ることができる」時です。

そのような関係の中で重要なものの一つが「結婚」です。

もし、すでに結婚しているのであれば、あなたの人生においてその関係がどの程度のニーズを満たしているのか探す時間をとってみてください。

逆にあなたがパートナーにとってどれだけニーズを満たせているのかを考えても良いでしょう。

そして、この時期はどんな活動も一人でやろうとしてはいけません。

仕事の面においても誰かと一緒に仕事をするか、アドバイザーのような立場の人に意見を求めると良い結果に繋がりやすいです。

太陽×8ハウス

太陽が8ハウスに位置しているときは「精神的に変化が起こる」ときです。

この時期は知識ではなくフィーリングで新しい何かを経験したいという欲求が高まる時期でもあるため、心理的な変化を感じます。

そのため、太陽がこのハウスにいる間は自分の内面を見直すにはとても良い時期となります。

また、周囲の環境からもあなたの価値観についてのアドバイスがあるかもしれませんが、その出会いもあなたを心理的に成長させる手助けとなります。

さらに、8ハウスは相続のハウスでもあるため、自分の資産や周囲の財政など気になってしまう時期かもしれませんが、それは良いことでも悪いことでもありません。

ですので、今はそういうことを考えるのが重要なのだと思うようにすると良いでしょう。

太陽×9ハウス

太陽が9ハウスに位置する時は、「視野を広げる時」です。

この視野というのは8ハウスの好奇心とは少し異なり、勉強、新しい体験、旅行など、どんなものでも良いので視野を広げる意識をすると世界の見え方が変わってきます。

そして、様々な分野を通じてあなたが本当に必要な情報は何か、あなたが本当に好むことは何かを知ることができます。

さらに、これらを通じてこれから生きていくためのヒントを得ることとができますので、この時期に何か新しいことに挑戦してみてください。

太陽×10ハウス

10ハウスに太陽がある時期は、「自分にとっての社会的役割に目を向ける時期」です。

さらに、この時期はあなたの意思とは関係なく、責任のある仕事やプロジェクトを任される機会が増えてきます。

ですので、この時期に自分の人生が自分の望んでいる方向に進んでいるのか確認する機会を作ってみてください。

あなたの本当の気持ち、そして自分の実力を知っておくことで、社会に自分がどれだけ貢献できるのか知ることが可能になります。

また、10ハウスは自分の両親とも関係があるので、両親との交流をする中で自分の人生を振り返り、もしあなたが今何か後悔があるのなら、それを解消する方法が見つかるでしょう。

太陽×11ハウス

太陽が11ハウスに位置しているときは「周りの人との関係を確認する時」です。

家族・友人・同僚など、自分を取り巻く人々とどのような交流を持っていて、その人たちからどのようにみられているのかを見直すことが重要になってきます。

そのためには、積極的に周りの人たちとの活動やプロジェクトに参加し、努力していくことが一番の近道になってくるでしょう。

周りがあなたに対して感じていることはあなたが周りに対して感じていることと同じかもしれません。

ぜひこの時期に自分が何者なのか理解することを意識してみてください。

太陽×12ハウス

12ハウスに太陽がある時期は、「あなたの潜在意識と向き合う時」です。

12ハウスはいわゆる1年の締め括りの1ヶ月。太陽が次のハウスに移動する時までに新しい1年を作り上げる準備をしなくてはなりません。

ですので、今はこの1年を振り返ってあなたがどんなことを感じて、何を得たのか振り返る良い機会です。

振り返る際に自分の欠点に気づくかもしれませんが、そんな欠点さえも受け入れていきましょう。

そうすることで次の1年はこれまでより前向きで明るい年になること間違いありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は太陽とハウスの関係について解説しました。

太陽は人生にとって特別な天体です。

太陽が今どのハウスに位置しているかを意識して生活することでより生きやすい人生を手に入れることができます。

太陽は毎年同じ時期に同じハウスに入りますので、自分の太陽のが今どこにいるのか知ってより良い人生のヒントをつかんでみてください。

 

ABOUT ME
レオ@星読みライフデザイナー
【星読みで魅力を見つけるtipsを発信】知らないと損する「あなたらしさの見つけ方」を発信 | 相談実績100名以上 | オンラインで魅力・適性session | 西洋占星術×東洋占星術 | ロンドン在住
【もうすぐ受付終了】
次はこれを読んでみよう♪