占い師になりたい【なってから】

「占いをすると疲れる…」の対処法

こんにちわ!
渋谷のタロット占い屋、中川龍です!

今日もみんなの質問に回答していきます😊
本日の質問はこちら!

【質問】占いをすると、疲れてしまいます…

こんにちわ!
中川さんに質問したいことがあり、メールしました。
今私はタロット占いの練習のために友人を占ったりしているのですが、実はカードを読もうとすると、猛烈に疲れます。
毎回、魂を抜かれるくらいの疲労度です。
慣れてないせいもあると思うのですが…。
中川さんでも、カードを読んだりそれをアドバイスなどとして伝える際に、やっぱり疲れますか?
マックスで、1日にどのくらいの案件を扱ったことがありますか?
よろしければ教えてください!

【回答】僕も疲れます。だから1日2件までしか受けません。

質問ありがとうございます!
おお、これは素晴らしい質問ですね!

まず質問にだけ回答すると、以下の通りです!

「中川さんでも疲れますか?」

疲れます笑

「MAXで1日何件扱ったことがありますか?」

過去最大は1日4件です!
でもその翌日は何も手につかないくらい疲労困憊になったので、それ以来「基本は1日2件まで」「どうしても今からお願いしますみたいな人がいたときでも3件まで」というルールを設定しています!

実はこの問題、あなたが「どの段階でそれに悩んでいるのか?」によって話は変わります。

まず、基礎レベルの話をすると、「気を使いすぎる人」や「ええかっこしようとしがちな人」は、無駄にプレッシャーを感じるので疲れやすいです。
もしあなたがこちらのパターンで疲れているのであれば、「相手に気を使いすぎない様にしよう」「変にかっこつけようとするのやめよう」みたいな感じで内面を変えていき、「もう少し自然体な自分」でセッションができるように訓練をすると良いです。

ただ、こういう基礎的なことをすでに理解していて、それでもなお「めっちゃ疲れる」というのであれば、きっとあなたは「共感性がめっちゃ高い人」なんです。
あなたは、他の人に比べて、「他者の感情や思考や思念」を強く受け取ってしまう人なのでしょう。
僕もわりとそういうところがあるので、多分仲間です笑

そういう人は、変に思考パターンを変えようとするよりは、僕みたいに1日2人までしか受け付けない占い師になったほうがいいですよ!
通常の占い館などに所属する占い師さんは、
「単価3000円程度のセッションで」
「1日に10人以上をまわすこと」
を前提にビジネスモデルが構築されていますが、個人開業においてはそうでなければいけないなんてルールは存在しないので、あなたは自分の値段を自由に決めることができます。

僕の場合も1セッション2万円でやっています。
これは普通の街占い師さんに比べると高いほうでしょう。
でも僕はその分、自分自身の知識を増やし、価値を高め、「10分1000円の占い師さんのところでは絶対に得られない様なセッション」をしています。
ぜひあなたも、この地点を目指すといいです。

そのために、今すぐできることはなんでしょう?
タロット以外に、占星術や四柱推命も学んでみる?
あるいは心理学やマーケティングも学んでみる?
方法はいくらでも無限に考えられます!
ひとまずどういう顧客に来て欲しいかのとか、その人たちにどういう価値を提供するのか、どういう形で役立つのかなどを考えてみてください。
最初のうちはそんなに完璧な計画じゃなくていいので、どんどん自分に合ってそうなものを考えてみましょう!
そういうのを積み重ねていくことで、「あなたらしい占いの形」を作ることができますよ♪

なお、もしどうしても、自分一人ではどう考えていったらいいかわからないという場合は、個人セッションの依頼をお待ちしています!
あなたに最適なプランを、一緒に考えていきましょう😊
↓申し込みこちら↓
個人セッションの申し込み

あ、ていうか、占い集客個人レッスンなんてサービスもやっています!
もしあなたがすでにハッキリと「占い師になるぜ!」と意思決定できている段階なのであれば、こちらのレッスンのほうが「あなたのコンセプト」を一緒に考え、一緒にブログ構築まで行っていきますので、合っているかもしれません!
よろしければ検討してください!

↓申し込みこちら↓
占い集客・個人レッスン

今回は以上ですー!
どこかの誰かの参考になれば幸いです♪

関連しそうな記事