タロットカードの意味・大アルカナ

タロット11【正義】のキーワード、意味、解釈ポイント、リーディング例

「正義」の基本的なキーワード

このカードは一般的には以下のような意味があるとされています。
「公平、公正、正当、判断、妥当な待遇」

正義のキーワード解説


正義の意味と、リーディング例(正位置の場合)

このカードは、
正義という言葉の語感がちょっと厳しい感じがするため「ちょっと怖いイメージのカード」と受け止められることが多い見たいなんですが、背景をしっかり理解するとそうでもないので安心してください!

このカードは黄金の夜明け団では「天秤座」に属するとされます。
天秤座の特徴は以下の通り!

  • 争いを忌避する。常に「全体が調和している状態」を欲する。
  • 異なる個性を尊重し、皆が公平に扱われることを望む。
  • より多くの調和の形を探すため、より多くの個性を知りたいと願うため、より多くの人と関わろうとする。
  • 誰からも好かれる。そして誰をも愛す。

ようするにこのカードが出たときの相談者は、天秤座のような自分が発揮され、
「争いごとを調停したり、みんなが納得できる道を提案したりすることができる」
「とにかくみんな仲良くを実現できる!」
みたいなニュアンスなわけです!

正義というと、ついつい「悪を裁く」みたいなイメージがわくかもしれませんが、
本来の「正義」「公正」「公平」とは、一方的に断じて攻撃するものではなく、ちゃんとみんなが納得できる道を作ることです。
アニメなんかでも、王道的な主人公は悪をただ滅するだけではなく、悪にも一定の情けも見せることが多いはずです。
キン肉マンの主題歌でも
「あぁ〜、心に〜、愛がなければ〜
スーパーヒーローじゃ〜、ないのさ〜♪」
と言ってました!

仕事運で占ってるときにこのカードが出たら、
「チームをいい感じにまとめることができる」とか
「もめてるみんなを仲直りさせることができる」なんて解釈が浮かびますね!

恋愛運の場合は、、、
ちょっと、周辺の関係者を洗い出してみて、そこから連想してみましょうか笑
もし恋人と喧嘩中なのであれば、単純に仲直りが実現するのかもしれません。
もし不倫関係とかでこのカードが出た場合は、ものすごく深く考えないと具体的なリーディングが浮かんでこないかもしれません。
不倫関係における「全員が納得する道」って、「自分がこの恋を捨てる」というケースと、その逆に「相手の奥さんや家族をしっかり説得できる」と二つのケースが考えられるので、どちらなのかはケースに応じて考えてみましょう!

ただ、どのケースにせよ共通していることは、このとき最終的に行き着くゴールは必ず
「自分自身も、周辺の他者も、全員が納得し、不満を感じない選択肢だ」
ということです。

「普段から本当は納得してなくてもつい我慢しちゃうことが多いです…」みたいな人にはなかなか想像しづらいかもしれませんが、どんな状況に対しても必ず「公平な道」は残されているものなので必死に想像してみてください!笑

その他、よくありそうなリーディング例を並べておきます。
・正義を主張する
・正義を実行する
・誠実であることを貫く
・倫理的な基準にかなった振る舞いをする
・法的なことに関わる
・争いを調停する
・公平平等に判断する
・適正な処置を決定する。
・判決を下す
・バランスのとれた回答を見出す。
・問題のあらゆる側面を確認し、比較し、検討する。
・あらゆることを配慮したうえで選択する。

正義の逆位置に関して

このカードを悪い意味にとらえるときは、一般的な解説書だと「非常な決断」「己の悪行が裁かれる」みたいな感じで紹介している本が多いのですが、ここらへんは天秤座のニュアンスとして合わないので、僕は採用していないことが多いです。
天秤座のニュアンスからイメージを広げるなら、むしろ逆、「悪にも情けをかけるその優しさが、時に足元を救われる」みたいな感じじゃないでしょうか!
でも足元すくわれても良いんじゃないかな!
自分がそうしたいなら、それでいいじゃないか!
ヒーローってそういうもんだろ!

正義のキーワードをもっと深く

公平とは何か?

このカードのキーワードの中に「公平さ」というものがあります。
では考えてみてほしいのですが、そもそも公平とはなんでしょう?
どういう状態であれば、公平なんでしょう?

…その答えは簡単で、「自分にも相手にも偏らない」ということです。

例えば、よくこんなことを嘆いてる人がいます。

片思いをしています。
私はこんなに好きなのに、でも彼は振り向いてくれないんです><

このような思考は、「自分の視点だけ」に偏った思考です。
なぜなら、「好きな人に振り向いてもらえなくて、かわいそうな私」にばかり注目しており、「なぜ彼は振り向いてくれないのか?」まで考えていないからです。
それは向こうからすれば、「振り向きたいと思える理由がないから振り向いてないだけ」に決まっています。
その理由はいろいろ考えられます。
「今は仕事に集中したいから」かもしれないし、もっと単純に「あなたに魅力がないから」かもしれない。
しかしどの理由だったにせよ、とにかく「振り向きたくないから振り向いていない」のです。
その事実を無視して、「振り向いてもらえなくてかわいそうな私」を語ることは、とても自己中心的な解釈です。

こういう人が、ここから出来ることはたった一つです。
「私はどんな自分に変化すれば、彼にとって『必要』と感じられる自分になることができるか?」を考えることです。
少なくとも、「かわいそうな私」に注目してうじうじめそめそしているよりは、こうやって考えたほうがよっぽど「相手のため」になります。
それは結果的には、「彼を振り向かせたい自分のため」にもなります。

ところがこういう助言をすると、今度はやりすぎる人がいます。
彼を振り向かせるために…
「彼になんでも合わせよう」
「彼の言うことにはなんでもイエスと言おう」
「彼がまちがっていても絶対に逆らわず、なんでも言うことを聞こう!」
これはこれで違います。
先ほどのは「自分だけ」に偏っていましたが、これは「相手だけ」に偏っています。
これでは自分自身が幸せになれないので、「彼を得たけど幸せになれない」という、本末転倒な結末に至るでしょう。

公平な人だけが、自分も相手も幸せにできる

このように…
視点が「自分だけ」に偏れば、それはただのワガママになるので願いは叶いません。
だからあなたは幸せになれません。
しかし視点を「相手だけ」に偏らせてしまうと、これはこれで本末転倒になります。
やはり幸せにはなれません。
だから人生はいつでも、「自分のことも、相手のことも、全てを大切にすること」が重要なのです。

公平さ(全員の幸せ)を実現するには、「情け」を捨てる必要がある。

「全員の幸せ」を実現するには、時には「安っぽい情け」は捨てたほうがいい場合もあります。

例えば、もしあなたが「悪い男から離れよう」と決意すれば、その男性はあなたを批判するかもしれません。
「俺を見捨てないでくれ」
「この薄情者」
そのように攻め立ててくるかもしれません。
しかしここで曖昧にしてしまえば、あなた自身も不幸だし、彼も本気で「自分を変えなければ」と思える根拠が生まれないため、これからもなぁなぁな日々が続くでしょう。
だから、こういう時は情けを捨てる必要があります。
少なくとも、「私が我慢すればいつか彼が変わってくれるかもしれない」などという空想に逃げるより、今ここではっきり決断するほうが、より現実的な「全員の幸せ」に近くはずです。

その他のカード解説

タロット0「愚者」の意味
タロット1「魔術師」の意味
タロット2「女教皇」の意味
タロット3「女帝」の意味
タロット4「皇帝」の意味
タロット5「法王」の意味
タロット6「恋人たち」の意味
タロット7「戦車」の意味
タロット8「力」の意味
タロット9「隠者」の意味
タロット10「運命の輪」の意味
タロット11「正義」の意味
タロット12「吊るされた男」の意味
タロット13「死神」の意味
タロット14「節制」の意味
タロット15「悪魔」の意味
タロット16「塔」の意味
タロット17「星」の意味
タロット18「月」の意味
タロット19「太陽」の意味
タロット20「審判」の意味
タロット21「世界」の意味

この記事が役にたったら
SNSでシェアしてもらえると
嬉しいです☺️

「占いでお金を稼ぐ方法💰」
「占い師向け・ブログ集客の方法📱」

等をメルマガで無料公開しています♪
詳しくは以下をクリック!

運営者

・中川龍
・渋谷のタロット占い屋
・13歳(永遠)
・好きなこと=ぬいぐるみ収集、モンハン、スマブラ、ポケモン、ハースストーン、ボードゲーム 、読書(年間300冊レベル)
詳しいプロフィールはこちら🐻✨