占い師体験談!

「私が占い師になった理由は、小さい頃から自分の中にある不思議な力?直感力のような何か?をもっと活かしたかったから!」 東京・タロット占い師・彩月さんの占い師体験談😊

小さい頃から、なんとなく「直感」が湧いてしまう。
でもそのことを正直に人に伝えると、社会から変な目で見られてしまう。
だからずっと隠してた。
誰にも気づかれないように。

でも、ある日気づいた。
あれ「職業:占い師」になっちゃえばいいんじゃない?
そうすれば、この直感がむしろ人の役に立つんじゃない?

…こうして占い師になる道に進まれたのが、現在インターネット上でタロット占い師として活動されている彩月さんです♪
なぜか、直感が湧いてしまう。
いかにも占い師らしくて、おもしろいエピソードですね🐻✨

今日はそんな彩月さんから、「私が占い師になろうと思った三つの理由」という記事を寄稿頂きました!
占い師という仕事に興味がある人にとっては、一つのモデルケースとしてすごく参考になる内容かと思うので、ぜひ読んでみてください♪
それではいってみましょう!

彩月さんより、ごあいさつ

はじめまして。
占い師の彩月(さつき)と申します🌸
今回は中川さんのブログに寄稿させて頂くことになりました。
どうぞよろしくお願いします❣️

彩月さんの占い師になろうと思った3つの理由

私がなぜ占い師になったのか。
その理由は3つあります。

1:直感を役に立てる方法はないのか悩んでいた

私は子供の頃から、なんとなく「この先こうなるかな」と感じたことが現実になっていきました。
それは特別なことだとは思っておらず、普通に人に話したりもして生活していました。

子供の頃はあまり信じてもらえませんでしたが、中学生くらいの頃から人から相談されることも多くなり、
頼られたり喜んでもらえることが嬉しく感じていました😌

でも、私の話がクラスで広まると、一部の人たちからは頭がおかしいと言われたり、悪い感が当たると私のせいにされたり・・・💔
一時期は学校に行くのも嫌になってしまいました。

そんなことがあったので、高校を卒業して東京に出てきてからは、
できるだけ直感が当たるということを人に言わないようにしていました💦

平穏な生活でしたが、心の中では、
「本当にこのままで良いのか?」
「私の直感を役立てる方法は無いのか?」
とずっともやもやしているものがありました☁️

ちなみに、霊視はできません。幽霊なんかも視えません(笑)
占っていると映像が浮かんでくることもありますが、
毎回ではありませんし、また違ったものだと思います。

そんな私が占いに出会ったのは、東京に出てきてからです🔮
当時恋愛に悩んでいたのもあり、友達に誘われて一緒に当たると評判の占い師さんのところに行きました。
それが私とタロットの出会いです。

最初は、タロットなんて当たるの?という半信半疑の気持ちでした。
だって・・・何のカードが出てくるかなんて偶然じゃんって思っていたんです😅

しかしその数ヶ月後、占ってもらった結果が現実となり、本当にびっくりしました😳
タロットって当たるんだ❗️そう思ったのがきっかけで、占いに興味を持ち始めました。

そして、「タロットと組み合わせれば、私の直感ももしかしたらうまく使えるのではないか?」と思ったんです。
それだったらたくさんの人に喜んでもらえるかもしれないと。

そこからタロットの勉強を始め、占い好きの友達を占うようになり、
その友達の紹介で何人か占うといったように鑑定をするようになりました✨

2:未来は変えられるということを実感した

占いを始めたころ、
「良くない結果や未来が見えてしまった時にどうしたらいいのか?」
ということを悩んでいました💦

地元にいた時は、私が悪い予感を伝えて回避できた人はいなかったから💧

占いを始めた当初は仲の良い友達や知り合いがほとんどでしたので、
せっかく相談してくれているのだから、一緒に悩みや問題を解決していきたいという思いが強くあったんです。

しかし、たくさんの方を鑑定していく中で、気づいたことがあります🍀
今まであまり良くない予感が当たってしまった相手は、聞くだけで何もしていなかったことに。

タロットで占うようになってからは、たとえ難しいという結果だったとしても、
アドバイスを参考にしてその方が動くことによって、未来は変えていけると確信しました❣️

正直に申し上げますと、どんなに頑張っても変えられない時もあります💦
でもそれも、より長い目で見た時に、その人の人生が良くなっていくために必要なできごとだったりもします。

それでも事前に知っていて心の準備をしておくのと何もしないでいるのでは、
対処の仕方やダメージも随分変わってきます。
占いをするようになってから、次にやるべきことが分かるようになりました。

3:相談してくれた人に笑顔になってもらいたい

私は占いを知らなかったころ、誰にも相談できずに一人で悩んでいることが多くありました。
周りの人にはあまり理解してもらえない悩みだったので、
自分は一人ぼっちのような気がして、その時の孤独感は本当に辛かったです。

今思えば、もっと早く占いと出会っていたら良かったなとも思いますが、
その悩みがあったから今の私がいると思うことにしています☺️

もし、今一人で悩んでる人がいるなら、話を聞いて少しでも楽になってもらいたいと思って
本格的に占い師になることを決めました。

対面鑑定では、鑑定の前と終わった後の相談者さんの顔色が随分変わるのが分かります✨
雰囲気も明るくなって笑顔になって、(元々皆さん可愛いらしいのですが)
更に輝きが増していることが私はとっても嬉しくて、幸せを感じます。

今では人の役に立つことが私の使命なのではないかと思っています。

たった一回の鑑定だったとしても、
人とのご縁はその人の人生に必要だから巡り会うようになっていると思っているので、
これからもご縁を大切にしていきたいです🌸

以上が私が占い師になった理由です。

まとめ

占い師になってみて、正直大変だなと思うこともありますが、良かったと思うことの方が多いです。

もちろん、占いの結果が絶対ではありません。
最終的にどうするのか決めるのはご本人ですし、占いをうまく活用していってくださいね🔮
私の占いが、みなさんの笑顔あふれる人生の手助けになれば幸いです✨

占いをしてみたいという方をはじめ、これから占い師になりたいとお考えのみなさんの参考になれば嬉しいです。

私のブログでは、占いの話や恋愛の話を中心に、
みなさんのお役立ちになるような記事を書いていますので、よかったら覗いてみてください❗️
ありがとうございました😊

この記事を書いてくれた人

メイン占術はタロット、ルノルマンカード、四柱推命、九星気学です。
占い歴は十数年となりました。
東京在住ですが、今はメール鑑定を中心にしています。
今後はもっと対面鑑定もできるようにしたいと思い準備中です🍀

タロットや四柱推命を組み合わせることによって、難しいと思える状況でも解決策を見つけていきます。
特に恋愛の相談を得意としていますので、悩んでいる方はぜひ一度ご相談くださいね。

カードそのものの意味ももちろん大事ですが、
カードを展開したときのインスピレーションを一番大切にしています。
今ある不安を軽くして、幸せに生きるためのアドバイスをお届けできたら幸いです💕

・ブログ(小さな恋愛のヒント) https://satsuki333.com/
・Twitter @satsuki_tarot33

【無料】で学べる
占いで独立開業する方法🔮✨


・占いを仕事にする方法
・占い師のブログ集客方法
などを解説する無料メール講座をやってます😊✨

これまで1500人以上が受講し
多くの方から
「ためになる!」
「勉強になる!」
と言ってもらえました🙆‍♂️
中には月収1万円→50万円まで成長した人も!

詳しくはこちら!

占いで独立開業する
【無料】メール講座!

関連しそうな記事
占い師体験談!

占いを仕事にしたら「勉強嫌い→大好きに」「仕事は我慢するもの→楽しむものに」「自信ない→自信あるに」変わりました☀️✨星よみタロット通信講座、あやめ桂さんの占い師体験談😊

2020年2月21日
占い・心理学・ネット集客を語るブログ「中川龍のブログ」
こんにちわ! 中川龍です! 突然ですが質問です。 以下の文章を読んだらどう思いますか? 「占いを仕事にしたら、仕事にやりがい …
占い師体験談!

「私が占い師になった理由は、金・時間・やりがい全部欲しかったから🙆‍♂️」富山県・全身円形脱毛症・癒しの傾聴タロット、たけさんの占い師体験談!

2020年3月21日
占い・心理学・ネット集客を語るブログ「中川龍のブログ」
こんにちわ! 中川龍です! 先日より色んな占い師さんの体験談を募集し、このブログで紹介しているのですが、今回は「個性のかたまり」みたいな …
占い師になりたい【なるまで】

占いを仕事にしたいあなたへ。大阪梅田・占い館フォレストランプの人気鑑定士ミシェルさんより、5つのアドバイス。

2020年3月1日
占い・心理学・ネット集客を語るブログ「中川龍のブログ」
こんにちわ! 中川龍です! このブログは「占いで独立開業する方法」を中心に語っているサイトなので、「占い館で活動すること」は視野に入 …
占い師体験談!

「占いに出会い、閉じ込めてきた言葉を開放できました。生きることがすごく楽になったのです」大阪タロット占い師・椿きゅうさんの占い師体験談!

2020年2月25日
占い・心理学・ネット集客を語るブログ「中川龍のブログ」
こんにちわ! 中川龍です! あるグループでは、「それはあなたの欠点だ」と言われていたことが 別のグループでは、「それがあなたの強み …