占い師になりたい【なってから】

占いの講座を作るうえで1番大切なこと

こんにちわ!
中川龍です!

今日は「占いの講座を作るうえで1番大切なこと」を教えますね。
占い師さんの中には「自分の占い講座を作ってみたい」という人もいるかと思いますので、そういう方はぜひ参考にしてみてください。

それでは本題です。
最近、kindleの書籍コーナーを見ていたら、「チャット鑑定でお金を稼ぐ講座」みたいなタイトルの本がありました。

内容は読んでいないのですが、概要を読む限り、
「チャット占い師として活動していた人が」
「チャット占い師になりたい人のために」
「どうやって面接受かるか?こういうお客様どうするか?などを解説!」
って感じの本でした。

この方は、同じ切り口で「ストアカ」という個人が誰でも講座を宣伝することができるサービスなどでも活動していたそうです。
そこで、そこそこ人気な講座だったらしく、その内容を書籍化しましたという感じの本だそうです。

これらを見てて、ふと思ったんですが
よくよく考えるとこの人って
・自分がチャット占いをした経験があるから
・そこで経験したことを講座化した
というだけなんですよね。

これって考えてみるとすごく簡単なサービスです。
ただ経験したことを講座化しただけなので、そんなに難しいことを新たに勉強したわけではないでしょう。
なにか難しい占術のめちゃくちゃ詳しいマニアックな情報を教えているわけでもないです。
極端に珍しい体験談を語っているわけでもありません。

・ただ、「チャット鑑定師として活動をした」という過去があった
・だからその体験談を語った。
それだけの切り口です。

でもたったそれだけのシンプルなものでも、きちんと「これからチャット鑑定を始めようと思ってる人にとっては興味がある内容」になっています。
だからどんどんお客様がくる講座を作ることができたのでしょう。
そしてつに、書籍化まで進んだということなのでしょう。

「講座を作る」というと、多くの人はついつい「すごく濃厚な内容を届けなければいけないはず」「すごく上等な内容にしなければいけないはず」という思い込みに囚われがちなのですが、本当に大切なのはそういうことではありません。

重要なのは「内容が上等かどうか」ではなく、
これは「誰にとって興味がある内容か」のほうです。

きちんと人が興味のある内容になっていれば、
なんの変哲もない、ただの普通の体験談を語るだけでも、
十分に商売になるんです。

むしろ
「あんまり上級すぎること」や
「あんまり濃厚すぎること」を
伝えようとしてしまうと
初心者にとってはお腹いっぱいで
キャパオーバーになってしまう可能性すらあります。

だから、難しくて上等な講座を作るよりは、簡単で上等ではない講座を作るほうが、自分も儲かりやすいですし、お客様にも喜ばれやすかったりするんですね。

こんなふうに捉え直していくと、世の中の「私にはまだ講座なんて作れない」と思いこんでいる人達にも、できることがたくさんあることがわかります。

例えば、タロット占い師として半年も活動していた経験があれば、その経験をこれから「タロット始めたい人に向けて語るだけ」でもそれなりに講座になるでしょう。
あるいは、占星術について1年も勉強していた時期があるなら、その学習経験を活かして「これから占星術を学びたい人向けの簡単な覚え方講座」みたいなことができるでしょう。

重要なのは「これで喜ぶ人がいるかどうか」であり、「あなたの内容がより上等かどうかではない」ということ。
これはすごく大事な感覚なので、ぜひ覚えておいてください♪

以上、「占いの講座を作るうえで1番大切なこと」でした!
今日の話を聞いて「私にもできるかも!」って思ってくれた人は、ぜひそのイメージをより具体化していきましょう♪
もし具体化する方法がわからなければ、以下の講座でお待ちしています♪
↓↓↓
お客様がどんどん来る!占い講座の作り方講座

占いで独立開業するメール講座📩

「私も占いを仕事にしてみたい…!」
「個人で稼ぐってどんな感じか知りたい!」
「占いビジネスの楽しさをもっと知りたい!」
って人のためのメール講座やってます🐻✨

ブログの10倍くらいのボリュームの「レアな話」がたくさん読めるので勉強になること間違いなし😊
興味がありそうな人はぜひ以下からお待ちしてます!
↓↓↓

次はこれを読んでみよう♪