占い師になりたい【なるまで】

あなたはいくつ当てはまるかな?😊「フリーランス占い師」が向いてる人の特徴🙋‍♂️

こんにちわ!
中川龍です!
今日も「会社に縛られない自由な生き方をするヒント」をお届けします🧸✨

占い師になるというと、一般的には「占いの館」「電話占いやチャット占いの会社」に所属することがイメージされがちです。
しかし僕自身そうだったのですが、そういう会社には一才所属せず、自分1人で、個人で活動する占い師さんもけっこういます。

今日は、そういう「個人で活動するのが向いてる人の特徴」をお話ししますね。

「フリーランス占い師」が向いてる人の特徴

これは大きく5つあります。

時間・場所・行動などを制限されるのが嫌い。自由でいたい。

まず何よりも大切な要素はこれです。
自由が好きな人です。
僕自身すごくそうだったのですが、僕はとにかく型にハメられるのが昔から大嫌いなんですよね。
自分が望んでこれは型にハマったほうがいいと思うならどんどんハマりたいですが、そうでないものを背負うのは窮屈に感じます。
全てを自己決定したいのです。

もし今これを読んでいるあなたが会社員をしているとして、「毎日同じ時間に出社するの嫌だな」「毎日同じ職場にいって同じ景色を見るの嫌だな」「毎日同じ行動を繰り返すだけの日々は嫌だな」とおものであれば、あなたはフリーランスに向いています。
そういう人は同じ「占いを仕事に」を目指すのだとしても、館などに所属するのではなく、自分で独立開業したほうがいいです。
館などに所属してしまえば、結局は会社員をしていた頃と何も変わらなくなってしまうので。

自分が本当に良いと思うものだけを売りたい。そうでないものを売りたくない

これもとても大切な要素です。
僕もこれがめちゃめちゃ強いタイプでした。

僕は会社員をしていた頃、もっとも苦痛だったことの一つは「自分が心の底から良いと思っているわけでもない商品を売らなければいけないこと」でした。
やっぱりそれって、自分の心に正直じゃないというか、自分が汚されていく感じがするじゃないですか。
僕はそういうのがすごく嫌だったんです。

もしあなたが僕と同じようなことを日々感じているなら、あなたは占いで独立開業したほうがいいです。
少なくとも、会社員占い師は絶対にやってはいけません。
なぜなら会社に所属する占い師は、自由に占いを売れるわけではないからです。

会社に所属した場合は、基本的にはその会社が集めているターゲット層に合わせた占いをすることが求められます。
多くの場合、それは「不倫相談」「復縁相談」です。
あーいう場では、そういう恋がうまくいっていなくて心をこじらせてしまっている人に優しい回答を示すスキルが求められ、占いそのもののスキルはそこまで求められない。
すると、もしあなたがそういう相談に応えるのが好きなら良いですが、そうでない場合、例えばどちらかといえば占星術で転職や特性などを見てあげるのが好きなどの場合、毎日毎日「本当は興味がない悩み相談」を聴き続けなければいけなくなります。
それではきっと楽しくないでしょう。
実際、占い館などに所属する占い師は、たいていは心がすり減っていき、3年以内に退職してしまう人が多いそうです。

何かをマニアックに追求することが好き。

上記と少しかぶりますが、純粋に占いが好きで占いの学習を深めるのが好きなだけなんだ私はって人は、占い館などに所属するのではなく、個人開業したほうがいいです。
なぜなら、上記でも言ったように会社員占い師は会社で求められている姿になる必要がありますが、それが「あなたのニーズ」と一致していないからです。
しかし個人開業であれば自由に商品を組み立てることができるので、なんだって商売になります。

無駄なことを減らし、より効率的に幸せになりたい。

僕は昔からとにかく無駄が嫌いでした。
ルールとして古くてすでに間違っているということを皆がわかってるはずなのに、でもまぁ昔からあるルールなのでいちおう守らなきゃいけないみたいになってるやつ。
アホみたいじゃないですか。
僕は無意味なことはしたくないです。
無意味なことを無意味ではないかのようにして生きるのは、自分の心が腐るような感じがするので嫌いです。

しかし組織に所属していると、ときにそういうのに従わないといけない場面が発生することもあるでしょう。
僕はそれが嫌だったので、個人で開業しました。

せっかく自由業なのに月収20万円くらいではやる意味がないと感じる。もう少し上を目指したい。

僕は基本的に、どうせやるなら、どこまでも上を目指したい人でした。
そういう観点で考えても、会社員占い師はマッチしていませんでした。

占い館などに所属した場合、鑑定料の半分はお店にとられてしまうので、月収としてはほとんどの人が10万円以下。
20万円行ける人はそこそこ。
すごい人で45万円くらいとか、そんなもんだと言われています。

これってなんというか、シンプルに「夢がない」と思いませんか笑
僕はすごくそう思いました。
どうせ会社員を辞めて自由な生き方を目指すなら、月収百億円とかはさすがに無理でも、せめて最低でも100万円くらい?理想を言えば年商一億くらいは目指したいぜ!って思いました。
だから僕は占い館などには所属せず、自分で生きる道を選びました。

もしあなたが、「月収20万円でも好きを仕事にできるならいい」というなら、会社員占い師もいいでしょう。
でもそうでないなら、もしあなたが「せっかく好きを仕事にするならもっと上を目指したい、もっと夢いっぱいの人生を送りたい」と思うのであれば、あなたは絶対に会社員ではなく、独立開業から始めたほうがいいです。

「フリーランス占い師」が向いてる人の特徴・まとめ!

  1. 時間・場所・行動などを制限されるのが嫌い。自由でいたい。
  2. 自分が本当に良いと思うものだけを売りたい。そうでないものを売りたくない
  3. 何かをマニアックに追求することが好き。
  4. 無駄なことを減らし、より効率的に幸せになりたい。
  5. せっかく自由業なのに月収20万円くらいではやる意味がないと感じる。もう少し上を目指したい。

このことって少し言い方を変えると、こういうことでもあります。

フリーランス占い師になれば
「自由でありつつ」
「自分が本当に良いと思うものだけを販売し」
「好きなことをマニアックに追求し」
「無駄がない」
「夢の大きい」
そういう人生を送ることができる。

もしあなたがこれらにワクワクするようであれば、ぜひフリーランス占い師を目指してみましょう♪
参考になれば幸いです🐻✨

占いで独立開業するメール講座📩

「私も占いを仕事にしてみたい…!」
「個人で稼ぐってどんな感じか知りたい!」
「占いビジネスの楽しさをもっと知りたい!」
って人のためのメール講座やってます🐻✨

ブログの10倍くらいのボリュームの「レアな話」がたくさん読めるので勉強になること間違いなし😊
興味がありそうな人はぜひ以下からお待ちしてます!
↓↓↓

関連しそうな記事
占い師になりたい【なるまで】

「タロットとオラクルカード、初心者はどっちを選ぶべき?」に回答しました!【結論】自分の感性に聞きましょう!てかどっちを買ってもどうせ1年後には両方もってますよ😇✨笑

2019年10月29日
中川龍のブログ!占いのやり方、占い師の集客方法、心理学などを語っています。
こんにちわ! 中川龍です! 今日も「占いで独立開業するヒント」をお届けしますね😊 先日あるメルマガ読者の方から、  …