占い師になりたい【なるまで】

占いを仕事にする方法7選!あなたが好きそうなのはどれかな🐻?

こんにちわ!
中川龍です!

このブログの読者さんは、だいたいみなさん「占い好き!」って人が多いと思いますが、でもそれを仕事にするってなると、どういうふうにしていいかわからない方が多いかなと思います。
というわけで本日は、占いを仕事にする方法をまとめてみたのでご紹介します🙋‍♂️

「占いを仕事にする」っていうと、ついつい「占い鑑定を受けることが全て」と思い込んでしまいがちですが、実際はそんなことはまったくありません。
一口に占いを仕事にといっても、けっこう色んな手法があります。

この記事を読んでいくことで、
「こんな働き方もあるんだ!」とか
「私にはこの商売のやり方があってるかも!」とか
そういう気付きになってもらえれば嬉しいです🙋‍♂️✨

占いを仕事にする方法7選

1:鑑定を売る


まずもっともイメージしやすいのは、占いの鑑定を販売することです。
僕も最初はここから入りました🙋‍♂️
単発セッションには、対面・通話・メールの3種類があります。

対面はもっとも分かりやすいですが、事務所など場所が必要なのがネックですね。
僕は最初のうちは渋谷の喫茶店で相談者と合流してやってましたが、事務所ができてからはやっぱりこっちのほうが話しやすいなと感動しましたw

通話は日本全国どこからでもお客様を受付できるのが強みです。
ただし電話だと、表情などが見えないのでそこが苦手って人もたまにいますね😂

メールも日本全国どこでもお客様を受付できます。
またリアルタイムな会話ではないので、じっくり考えてお返事を作ることができるのが便利です。
直接の会話だとあがりやすい人なんかは、メールのほうが向いてるかもしれません。
ただ、メールだといちいち文章を作成してコミュニケーションしないといけないので、お客さまによってはそれがちょっと面倒と忌避されるかたもいますのでそこはネックですね😂

こんな感じでそれぞれ一長一短あるので、手法については自分が好きなものを選べばいいです🙋‍♂️
どのやり方がいいとかはとくにないです!

ただ、そもそも鑑定を販売して人気者になるには
「圧倒的な人間力」
「人の苦悩への回答力」
が必要になります。

僕自身そうですし、他の鑑定で売れている人を見ると全員そうなのですが、彼らはみんな「人間そのものに対する興味と熱意」がめっちゃあるんですよね。

だから、もしあなたが「私はそこまで他人の悩みに真剣にはなれないかもしれない」と思うんだったら、そういう人は無理に鑑定を売ることにこだわる必要はないです。
この記事をよく読んで、「鑑定以外のやり方」でお金を稼ぐ方法を考えてみましょう。

2:講座(集団型)


占いに関する講座やセミナーなどを主催するのも、とてもベターな商売のやり方です。

例えば…
・初心者向けタロット講座
・あなたの恋愛マインドを変えて幸せ体質になる6つのワーク講座
などなど
切り口次第でいろんなアイデアが考えられます。

こういうイベントは、「●月●日」など日程が決まっているため、お客様に対して自然な流れで「今買った方がいい理由」を作ることができます。
そのため「以前から●●さんのセッションを受けてみたいと思っていたけど、どうしてもきっかけがなくて先延ばしにしてた」みたいな人をひろうことができたりします。

こういうのを主催する場合、最初のうちはどれくらい人を集めることができるか心配な場合は、「募集人数4人くらい」の小規模なイベントから初めていくといいです。
ちなみにこういうビジネスは、「純粋に占いが好きな人」に向いていることが多いです。

個人鑑定などは悩み相談をいただくことがほとんどなので、こちらで売れていくためには「占いの知識」ではなく、「コミュニケーション能力や悩み相談に回答するための知識」が必要になりがちです。
しかし占い講座の場合は、求められることはただ占術の知識だけです。

もしあなたが「実は私って占いは好きだけど、悩み相談には正直まったく興味がないな」と思うのであれば、こういう講座型サービスを作ると、あなたにとって理想の占いビジネスを構築できるかもしれません。

3:講座(個人レッスン型)


お客様によっては、「集団向け講座は苦手」「自分1人だけをきちんとみてほしい」という人もいますので、そういう方には個人レッスン型の講座が売れやすいです。

ちなみに僕はどちらかといえば、この方が得意でしたw
集団型のレッスンはなんだか途中で疲れてしまうことがこれまでの経験上、多かったですね!
ぼくはもともと鑑定も得意でしたし、1対1のコミュニケーションのほうが好きなところがあるのかもしれません。

このやり方のいいところは「高単価にしやすいこと」です。
例えば全12回とかでやるなら、1回5000円にしても、全部合わせると6万円です。

6万円の講座が月に10人ずつ申し込みをつかむことができれば、それだけで60万円の売り上げになります。
月300人集客しないといけないってなると大変な感じがしますが、月10人だけ掴めればオッケーってなるとすごい楽な感じがしますよね。

僕は過去に6万円の講座を、月20件くらい売ったことがあります。
その時はそれだけで120万円の売り上げになりました。(その後スケジュールがやばいカツカツになりましたがw)

それからなんとなくふと思いついてしまって、「色々まとめて一気に学べて15万円の講座」みたいなのを販売したら、それがすぐに10人に売れて、一気に150万円の売り上げになったこともあります。
こんな感じで個人レッスン型はとにかく単価が高くなりやすいので、そのため一気に売上を出しやすいところが特徴です。

4:オンラインサロン型


オンラインサロンというのは、「オンライン上で交流できる場」を提供するサービスです。

こういうサービスは、内容によって「月額500円くらい」〜「月額2万円くらい」まで、かなり千差万別です。
どちらにせよ「月額料金型」なので、月収を安定化しやすいメリットがあります。
最初から1000人とか集めるのは大変なので、まずは20人くらいを集め、それくらいの人数からスタートしていくのが望ましいです。

あなたが実践経験を通した結果、「私は1人とじっくり話し合うよりも、みんなで一緒にわいわい進んでいくほうが好きだなと感じた」とかであれば、こういうサービスを作って提供するほうがあなたには向いているかもしれません。

5:書籍販売

鏡リュウジさんって人を知っていますか?
占いに関して日本でもっともたくさん本を出している有名な方です。

この方は占いを仕事にしてはいますが、
個人鑑定は一切受付していません。
講座などはたまにやってるようですが、メインではありません。

ではこの人はどうやって稼いでるかといえば、これはもうシンプルに本を書くことです。
この方は占いの難しい用語などを、わかりやすく解説するのがすごく上手なんですね。
だからそういう本をたくさん出して、それで仕事として成り立っています。

もしあなたが「文章を書くのが得意」「人にわかりやすく説明するのが得意」ということであれば、別に個人鑑定や講座ではなく、こういう書籍販売を中心に占いビジネスを作ってもいいかもしれません。

実は占いに関する本って、意外と「穴場」なところがたくさんあります。

タロット本はたくさん乱立していますが、どれも似たり寄ったりなので、切り口を工夫していけば何か独自のポジションを作れそうです。

占星術の本に至っては、そもそも購入できる本の種類が少ないです。
kindleでは数冊しかありませんし、紙の本となると1970年台の本とかがいまだによく読まれていたりします。
これだけ全体の数が少なければ、とりあえず書いて出しさえすれば、それなりにポジションを作れそうです。

数秘やマヤ暦など「知名度が少なめの占い」だったら、良い本さえ作ることができるなら市場を完全に独占できそうです。

もしあなたが「情報を整理するのが得意」「文章を書くのが得意」「占いは好きだけど人の悩み相談を受けるのはそんなに好きじゃない」というなら、こういう「執筆活動」でお金を稼いでいくのも全然ありです。

6:石井ゆかり型

星読みの「石井ゆかりさん」って知ってますか?
この方はひたすら「毎日の運勢」「週運」「月運」「年運」みたいなのを12星座ごとに書いている。
ただそれだけの人です。

個人鑑定は一切受付していません。
講座なども行っていません。

ただ文章が独特なので根強いファンをたくさん持っています。
そしてそうやって掴んだファンの皆さんに向けて、「有料会員サイトの登録」「書籍販売」などでお金を稼いでいるようです。

正直、あんまり人の悩み相談を受けるのは好きじゃないという人は、だったらいっそこういう「今日の運勢」みたいなコンテンツを極めていく方向で進むのも全然ありです。

でもこういうのって、「どうやって文章に味をもたせるか」「どうやって自分のことを好きになってもらうか」をめっちゃ工夫していく必要がありますし、そこって言葉だと説明しづらい部分なので「石井ゆかりみたいになる方法を教える講座」なんてのは世の中に存在しません。
ある程度、自分でどうすればいいかを考えていく必要があるので、そういう意味ではちょっと難しそうな手法ですね!

7:ユーチューバー型


近年はYouTubeで三択占いのようなコンテンツをひたすら上げている占い師さんも増えました。
こういうコンテンツって、正直「個人鑑定」にはつながりづらいのですが、それなりに需要はあるジャンルなので、単純に再生回数を稼ぎやすいです。
すると、鑑定そのものはそんなに売れていなくても、YouTubeの広告収入だけで生活できちゃうという人がけっこういます。

きちんとどういう動画が再生されやすく、どういう動画はあまり伸びなかったかなどを研究していけば、まだまだ伸び代がありそうなジャンルです。

占いを仕事にする方法7選!まとめ

以上、様々な占いの稼ぎ方の紹介でした!
今回はとくにわかりやすかったものを中心に紹介したので7つくらいになりましたが、細かいことを言えば他にもけっこう色んな手法が存在します。

占いを仕事にというと、ついつい「ココナラなどで鑑定を販売すること」を前提に考えてしまいがちですが、実際にはもっといろんな手段があるものなので、あんまり思い込みに縛られず、あなたに本当に向いている商売のやり方を日々考えてみてくださいね。
その方が人生がより豊かになりますよ😊✨
参考になると嬉しいです!

なお、僕の運営する「占いで独立開業する通信講座」というサービスでは、全ての生徒さんに「講座に支払った金額以上の月収」を実現してもらえるよう、占いビジネスの構築をお手伝いしていますが、ここでも基本的には「鑑定を売ることにこだわらなくていいよー🤤」って感じで運営しています。
そのため人によっては「占い師未経験からいきなり占い講座を始めることにして、そしたらいきなり月収100万円を超えちゃった人」なんてのもゴロゴロいます。

例えばこんな感じ。
↓↓↓

生徒によっては、「占い鑑定じゃなくて、占いの本を売ることに挑戦してみようと思います!」ということでkindle販売に挑戦されている方もいますし、「占いyoutuberめざしてチャンネル登録者10万人めざしてみようと思います!」って人もいたりします。

僕の講座では、「とにかく占いを使って独立開業できること」がゴール地点なので、そのための手法はとくに「こういうことをしなさい」とは強制していないません。
そのため、みんなそれぞれ自分に合いそうな道を選んでもらっています。
それでもビジネスとしてしっかり成立するよう、僕自身も全力で日々やりとりさせてもらっています。

もしあなたが「お金を払ってでもきちんとコーチの指導を受けながら確実に稼げるようになりたい」とお考えの人なら、ぜひともこの通信講座でお待ちしています🙋‍♂️
↓↓↓

  
その逆に「まずは無料でもっといろいろ学んでみたい」って人は、こちらの「無料で受けれる60日集中講座」でお待ちしてます😊
無料でここまで教えてもらっていいの!?と大好評の講座です!
↓↓↓

  
読んでくれてどうもありがとう🐻✨

【もうすぐ受付終了】
次はこれを読んでみよう♪
占い師になりたい【なるまで】

「タロットとオラクルカード、初心者はどっちを選ぶべき?」に回答しました!【結論】自分の感性に聞きましょう!てかどっちを買ってもどうせ1年後には両方もってますよ😇✨笑

2019年10月29日
占い師のなり方・集客方法・稼ぎ方がわかるブログ(中川龍のブログ)
こんにちわ! 中川龍です! 今日も「占いで独立開業するヒント」をお届けしますね😊 先日あるメルマガ読者の方から、  …