占い師になりたい【なるまで】

占い師になるには霊感が必要?人生経験が必要?これ全部カン違いです!

こんにちわ!
渋谷のタロット占い屋、中川龍です。
占い師になりたい初心者さんは、「占い師になるために必要なこと」を、カン違いしてる人が多いです。
というわけでこの記事では、初心者さんがよく陥りがちな、カン違いについてまとめます😊

占い師になるには?よくあるカン違い

「占い師になるには当てなければいけない」というカン違い🙅‍♀️

f:id:noabooon:20160719160121j:plain

初心者さんの多くは、なぜかみんな
「占い師になるには、
 当たる占いができないと、いけないはずだ
と考えている人が多いです。
でもこれは、スーパーミラクル勘違いです。
僕はタロット屋をしています。
渋谷に事務所をもてる程度には、占いで収益を出すことができています。
でも僕は、自分の占いが当たってるかどうかなんて気にしたことないですし、また僕の占いが当たってたかどうかという観点でレビューをもらったこともほぼないです。

なぜか。
そもそも、「戦ってる市場」が根本的に違うんです。

「当たってるかどうかが大事だ」と評価されるのは、電話占いとか、館占いとか、そういう界隈だけです。
なぜなら、そういう界隈では、「驚異の的中率!」みたいなキャプションで広告を打っているからです。
当たり前のことですが、「的中率を売りにする広告」を放っていれば、とうぜんお客様からは的中率が望まれます。

でも占い市場は、それが「全て」ではありません。
もっと冷静に、色んな人を見てください。
すると占い市場には、「当たるかどうか以外の何か」を武器にしている人が、たくさんいることに気付くはずです。

例えば…

  • 当たるかどうかよりも、とにかく優しく暖かい言葉で相談者の心を救うことを得意とするカリスマ型の占い師
  • 当たるかどうかよりも、会話の中から相談者の心のくせを見抜くことを得意とするカウンセラー寄りの占い師。
  • 当たるかどうかよりも、とにかく元気なので、なんとなくまた話に行きたくなっちゃう存在がパワースポットみたいな占い師。

これらはほんの一例にすぎません。
それこそ切り口は、人によって千差万別です。
彼らは、根本的に当たるか当たらないかとは別次元の何かを武器にしているので、「当たるかどうかで語られること」がそもそもありません。

こんなふうに、同じ「占い」を売っていたとしても、それを通じて「本質的に何を売っているか」は、みんなが思っている以上にかなり幅広いんです☺️

占いはもともと曖昧な概念なので、それを通じて、「的中率」を売ることだってできるし、愛を売ることだってできるし、心の解明を売ることだってできるし、元気を売ることだってできる。
なんだって売ることができるんです。
だから、当たるかどうかだけに、そこまでこだわる必要はないんです😊
(もちろん当たってたほうがおもしろいですけどね笑)

ちなみに余談ですが、「的中率を売りにしている市場」は、とにかくドロドロした相談や、ちょっとメンヘラな相談が多いです。
電話占いの界隈などを見ていればわかりますが、あの界隈では「占ってるほうが精神を病んじゃう」みたいなことも多いようです。
それでいて、鑑定料は会社に半分とられる。
拘束される時間も厳しい。
だから僕個人としては、わざわざあの市場で戦うメリットは「なにも無い」と考えています。

占いと超能力は違う

またそもそも論ですが、占いは、超能力とは違います。
超能力なら、当たってないといけません。

だってそれが存在意義の全てですから。笑
でも占いは、超能力ではありません。
例えばタロット占いにおいては、「未来」以外に、「助言」を示すポジションがあります。
これはつまり、本来のタロット占いは、「当てること」よりも、「道を示すこと」に主眼を置いている側面があったからです。

本来の占いってこんなふうに、
「当てるためのもの」じゃなくて、
「道を示すためのもの」なんですよ☺️

でもそれがいつしか超能力なんかとごっちゃになって、歪んでしまい、「当てるもの」として広まってしまっている。
それだけなんですよ😊

「占い師になるには霊感が必要」というカン違い🙅‍♀️

f:id:noabooon:20180822183458j:plain

よく
「占い師になるには、霊感が必要なはずだ」
と思い込んでいる人がいます。
これも、非常によくある勘違いです。笑

僕は2018年現在、タロット占いをお仕事にしていますが、霊感はありません。
まったくありません。
それでも僕は、占い屋として成立しています。
だから、霊感はなくても何も問題ありません。

先ほども書きましたが、占いには様々な市場があります。

  • 当たるかどうかよりも、とにかく優しく暖かい言葉で相談者の心を救うことを得意とするカリスマ型の占い師
  • 当たるかどうかよりも、会話の中から相談者の心のくせを見抜くことを得意とするカウンセラー寄りの占い師。
  • 当たるかどうかよりも、とにかく元気なので、なんとなくまた話に行きたくなっちゃう存在がパワースポットみたいな占い師。

こういう人たちは、そもそも売ってるものが「優しさ」「心」「元気」とかなので、霊感があるかどうかで語られることがそもそもありません。
また彼らの多くは、たいてい「私は霊感とかはとくにないよ!」と宣言していることが多いはずです。
でも彼らは占い師として活動することができています。
だからそこは、関係ないんです。

霊感が必要とされるのは、どちらかといえば、「電話占い界隈だけ」です。
なぜならあの界隈では、分単位で課金されるので、お客様からすると「なるべく早く済ませたい」という心理が働きます。
するとその中で、「何十分もかけて状況をヒアリングするようなカウンセラー型のセッション」とか、あるいは「何十分もかけて準備しないとできないような本格魔術儀式」みたいなのをやろうとすれば、とうぜん喜ばれません。

あの界隈では、「時間をかけずにさくさく回答を示してくれるようなセッション」が望まれます。
だから、「霊感系の占い師が多い」というだけです。
でもそれは占い市場の一部分の姿でしかなく、「それが全て」ではないんです。

重要なのは霊感があるかどうかではなく、どんな役に立つか

これは実際に商売を初めてみるとすぐわかることですが、
重要なのは、「あなたが何の役に立つか?」であり、
「あなたが一定のフォーマットにちゃんと従っているか?」ではありません😊

例えば、あなたがもしラーメン屋を始めるとします。
そのとき、お客様は、「あなたがちゃんと基本にそったラーメンを作っているかどうか」なんて考えるでしょうか?
誰も、考えないはずです。
お客様が考えることは、「あなたが作ったものがおいしいか、おいしくないか」それだけのはずです。
もしあなたのラーメンが最終的においしいのであれば、「汁無し」だったり、「スープにトマトを使っていたり」など、いくらか基本を外した要素があったとしても、そんなの誰も気にしないでしょう。
その逆に、もしあなたのラーメンが最終的に「さほどおいしくない」のであれば、どれだけ基本をパーフェクトに抑えていたとしても売れないでしょう。

占いもこれと同じです。
重要なのは、あなたが最終的に「どんなふうに人の役に立てるか」であり、「霊感があるかないか」ではないのです😊

「占い師になるには人生経験が必要」というカン違い🙅‍♀️

f:id:noabooon:20180817194350j:plain

先日、
「占い師になるには、やっぱり人生経験が豊富じゃないと無理ですか?😢」
みたいな相談を受ける機会がありました。
せっかくなので、そのときの回答も、紹介しておきますね😊

結論からいうと、
占い師になるには、豊富な人生経験なんかなくても大丈夫です🤤笑
まったく必要ありません。

その証拠に、僕の例をお見せします。
僕が占いを始めた時は、以下のようなステータスでした。

中川龍の「タロット占いを始めたとき」のステータス🐻✨

  • 31歳
  • 無職ニート
  • 実家暮らし
  • 貯金30万円
  • クレカ借金100万円

そう、当時の僕は、ただのニートだったんです😇笑
しかも30歳超えて実家暮らしで、貯金の額も少ない。
わりと、終わってますね😉✨笑

あの頃の僕は、一つの仕事が1年以上続いたことなんて一度もありませんでした。
だいたいどの仕事をしていても3ヶ月以内にやめちゃうくらいのダメ人間でした。
転職回数は10回以上あったと思います。
そんなやつだったので、当然そんなにすごい視野や見識があったわけではありませんし、今のように心理学や哲学にめっちゃ詳しかったわけでもありません。

それでも当時の僕は、普通にタロット占い師を始めることができました。
初月で5万円くらい稼ぐこともできました。

なぜか?
簡単です。

当時の僕は、そういう自分を隠さず、正直に、オープンに語ったからです。
当時の僕のプロフィールページはこんな感じでした。

僕はこの道30年のすごいタロット占い師とかではまったくないけど、僕なりにせいいいっぱいがんばります!!!!!
ぜったい、何があろうと、必ず、何かしらの道を示せるように気合いを入れてタロット引きます!!!!!
だから良かったらお仕事依頼ください!!!!!!

そしたら、まず「珍しい」ということで、目立つことができました。
だから、お仕事依頼はそこそこポンポンともらえました。
購入後のセッションに関しても、
当時の僕はマジで未熟者だったので、きっと至ってないところはたくさんあったと思います。

でも、もともと「私は未熟者です」と宣言したうえで購入していただいてるみなさんなので、とくにクレームなどをもらうことはありませんでした。

そしてセッションにおいては、プロフィール文で書いた通り、「僕なりのせいいっぱい」を尽くしました。
どんな悩み事に対しても、今の自分なりに最大限の言葉を尽くしました。
もしどうしても自分の知識量では対応できないときは、その場でGoogle検索をかけたり、心理関係の本をスマフォに入れておいたりして、それで補っていました。
そしたら、わりとみなさん喜んで帰ってくださいました。

そんな日々を二年ほど繰り返していたら、いつの間にか成長しました。
そしたらいつの間にか、渋谷に事務所をもてるようになりました。
そして、今に至りました。

つまり僕が言いたいことは、
 「人生経験はもちろんあったほうがいいだろうけど、それはやりながら高めていけばいいことだから大丈夫だよ」
ってことです😉

そう、それは、やりながら高めていけばいいのです。
多くの人は、「完璧な自分になってからでないと行動してはいけない」という思い込みに囚われています。
でもそんなルールは存在しません。

しかし、どうせ人間はどこまでいったって完璧になれる日なんてこないんですから、そんなこと言ってたら永遠に動き出せる日はきません。
今の自分には「何がないか?」なんて、そんなのは後で考えればいいことなので、始める前の段階では考える必要はありません。
この段階で考えるべきことは、「何があるか?」だけです。

あなたには人生経験がなかったとしても、誠実さはあるかもしれません。
意欲はあるかもしれません。
これからの成長可能性はあるかもしれません。

だったら、そのあるものを武器にすればいいです。
あるものを中心に、自分を組み立てればいいです。
そういうふうに発想を変えていけば、どんな人でも、すぐに占い師になれますよ😊
逆にいうと、こういう風に考えることができない人は、いつまでも永遠に占い師になることはできないんです。

「占い師になるにはめちゃくちゃ勉強して知識を完璧にしなければいけない」というカン違い🙅‍♀️

初心者さんの多くは、「占い師になるにはたくさん勉強して知識を増やさなければいけないはず😢」と思い込んでる人が多いですが、これも非常によくあるカン違いですねー!

例えば、もしあなたがラーメン屋さんになりたかったとして、「世界中のラーメンの作り方」を極める必要はありませんよね?
別にそこまでラーメンマスターにならなくても、今すでに持っているラーメンの知識のなかで、「どうすればお客様に喜んでもらえる形に落とし込めるか?」を工夫しさえすれば、ラーメン屋にはなれるはずです。
占い師もこれと同じです。
占い師になるために必要なことは、「占いそのものの知識量の多さ」ではなく、その知識をセッションの中にどう活かしていくか?という観点です!

実際、僕が占い師を始めたばかりの頃は、以下のような感じでしたよ。

  • タロットカードに触るのは20年ぶり
  • 大アルカナしかわかんない
  • 小アルカナよくわかんない
  • ヘキサグラムスプレッドしかわかんない
  • ケルト十字は頭が追いつかなくてリーディングできない

当時の僕はこんなにへっぽこでした。
でも何度かやっているうちにだんだんと、「僕は人を元気づけるのが得意だな」と気付いたので、それ以後はそういうところを売りにしていきました。
同じタロット占いをするにしても、とくに「元気づけ」に役立つところだけを拾うようにしました。
すると、「言うべきこと」が明確なので、タロットに対する知識そのものはまだ荒かったとしても、セッションとしてはちゃんと形になるんです。
こんなふうに、「どうすればお客様に喜んでもらえるか」「どうすればお客様に役立てるか」を常に考えるようにすれば、タロットに対する知識はまだ未熟だとしても、なんとかなるものですよ😊

以上、占い師になりたい人がよく陥りがちなカン違いについて、まとめてみました😎
基本的に、占い師というのは国家資格でもなんでもないので、なろうと思えば、すぐになることができます。
だから、「なること自体」の敷居を、必要以上にあげないでください😊

おしまい!
読んでくれてどうもありがとうございます✨

占いでお金を稼ぐ方法がわかる😊✨

「占いを仕事にしたい」
「占いでお小遣い稼ぎをしたい」
「個人で集客する方法を知りたい」

そんな方向けの
無料メール講座やってます✉️✨
詳しくは以下をクリック♪🙆‍♂️

【無料メール講座】の
ご案内はこちら

関連しそうな記事
占い師になりたい【なるまで】

「占いで稼げるようになりたいけど、育児が忙しくてなかなか行動できないです…」という相談に回答しました!【結論】→小さなことから手をつけましょう!あと無駄な責任感を捨てましょう!

2019年10月29日
占いと占い師の集客方法を語るブログ「中川龍のブログ」
こんにちわ! 中川龍です! 今日も「占いで独立開業するヒント」をお届けしますね😊 先日、僕の通信講座を受講中の生徒 …