占い師になりたい【なってから】

「占い師になる=個人セッションを売ること」だと思い込んでいませんか?

こんにちわ!
渋谷のタロット占い屋、中川龍です🐻✨

突然ですが、、、
あなたは「占い師になる=個人セッションを売ること」だと思い込んでいませんか?

こんなふうに考えている方は、とても多いです。
でもこれって、冷静に考えてみると、とくにそこにとらわれる必要はないんですよ。

「占い師になる=個人セッションを売ること」ではない

実際、インターネット上でいろんな占い師さんをみていると…
成功している人って、必ずしも「個人セッションを売っている」とは限らないことが多いです。

例えば、杏樹魅香さんという方は、
「占いそのものは無料で受付してブログネタにしている」
「その代わりに占い講座でお金を稼いでる」

というやり方をされています。

キャメレオン竹田さんという方は
「個人セッションはまったく受付していない」
「しかし月額2000円のオンラインサロンを運営しており、その中で『みんなのホロスコープをみる』『ゲリラ的にタロット一枚引きをする』といったコンテンツを用意することで、お金を稼いでいる」
「なおかつ、占い関連の書籍を出版したり、オリジナルデザインのカードを販売したり、自分の描いた絵をオンラインショップで販売したりなどして、キャッシュポイントをたくさん作っている」

というやり方をされています。

占い師ではありませんが、星読み界では有名な石井ゆかりさんは、
「個人セッションはまったく受付しないし、一度もしたことがない」
「ただ、インターネット上で毎日ひたすら星座別の運勢を語っていて、その言葉がとても暖かくて、味があって、一つの芸風として完成している」
「だから、書籍出版や、月額課金制サイトなどの運営でお金を稼いでいる」

というやり方をされています。

こうしてみると、「占い師になること」は、必ずしも「個人セッションを売ることが全てではない」と、わかるかと思います。

商売の基本は、「価値を提供すること」である

これは占いに限らずなんでもそうですが、商売において重要なのは「顧客に価値を提供すること」です。
逆にいえば、そこが成り立っているのであれば、売り方はなんだっていいんです。

現代はインターネットが発達したので、個人でも「ものを売る方法」はたくさんあります。
オンラインサロンだっていいし、
kindleで電子書籍を販売したっていいし、
ブログで定期的にお茶会の募集をするんだっていいし、、、

そんな風に考えると、「個人セッションを売ること」は、手段の一つであって、全てではないのです。

あなたが本当に売りたいものを、売ろう

僕は「占い師向けの集客レッスン」をやっていますが、そこでも対話を重ねていくうちに「売るもの」が変わってしまうことがあります。
例えば、今コンサル中のOさんの場合、、、

彼女とは、第一回目のコンサルでは、
いろいろ細かくヒアリングをしているうちに、
「どうも私は、社会的にマイノリティな人々を応援することに情熱があるようです」
という話が出てきました。
だから僕は、「だったら、そういう人々を応援するような内容をブログで書いて、そういうファンをたくさん集めて、その人たち相手にタロット占いをする占い師になればいいんじゃないでしょうか☺️」と提案しました。
彼女は同意して、その方向性でブログを作ってみることになりました。

しかしその後、彼女の作業は止まってしまいました。
そこで第二回目のコンサルでは、「なぜやる気が起きないのか」を詳しくヒアリングしていったら、、、
「どうも私は、個人セッションを売ることに心理的な抵抗があるのかもしれません😢」
「怖い人がきたらどうしようとか、危険な目にあったらどうしようとか、そういうことばかり考えてしまい、あまり心の底から積極的にそれを成そうとは思えていないかもしれません😢」

という話が出てきました。

だから、何か『別の形』で顧客に価値を提供する方法を一緒に考えていきましょうということで、さらにヒアリングを続けた結果、、、
「そういえば私は、学生時代に、マイノリティな趣味をもったみんなで集まる交流会のようなものを運営していた経験がある」
という話が出てきました。

だから僕は、
「だったらそれの大人版を運営すればいいんじゃない?」
と提案しました。
実際、アメブロなんかみていると「お茶会」「イベント」などを中心に利益を出している人はたくさんいます。
そして、集団が前提となっているサービスであれば、危ない人がきたとしても、なかなかそうアクティブな動きはできないでしょう。笑

彼女は、「それならめちゃくちゃ楽しそうです!やる気がわきます!😆」といって、帰ってってくださいました☺️

こんなふうに、一口に「占い師になる」といっても、
どういう人たちを対象に?
どういう方法で利益を提供するか?
それにどういう価格をつけるか?

によって、話はぜんぜん変わってくるんです☺️

先ほど、「重要なのは価値を提供することであって、それが実現するなら何をしたっていい」という話をしました。
しかし「価値を提供するため」には、こんなふうに自分の心を掘り下げていって、「自分が本当に成したいこと」を見極める必要があります。

精神論っぽくなっちゃうんですが、
結局人は、自分の心に嘘はつけないんです。
だから矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、「真に人の役に立つ自分」になるためには、「人の目など気にせず自分だけのわがままを貫く姿勢」が必要です。

まとめ

  • 占い師になること=個人セッションを売ることだとは限らないぞ☺️✨
  • 個人セッションを受付していない占い師なんて世の中にいくらでもいるんだ!
  • 重要なのは「価値を提供すること」であって、それが実現するなら何したっていい!
  • そして価値を提供するためには、とことん自分の本心に向き合うことが必要だぞ!

ってことですね☺️
どこかの誰かの参考になれば幸いです!

【無料】占いで独立開業するメール講座!

「個人占い師になるにはどうしたらいいか」「占いの集客方法ってどうすればいいのか」などについて、メルマガで情報を配信しています🐻✨


関連しそうな記事
占い師になりたい【なってから】

「タロット占いでいいカードが出たことを喜んでるだけではダメだと思うのですが、それをお客様どうお伝えしたらいいか…」

2018年11月13日
タロット占い教室&個人レッスン・東京渋谷「中川龍のブログ」
こんにちわ! 渋谷のタロット占い屋、中川龍です! 今日もみんなの質問に回答していきます! 本日の質問はこちら! 〜〜〜〜〜  …