占い師になりたい【なるまで】

占いの個人開業についてまとめてみました😊

こんにちわ!
渋谷のタロット占い屋、中川龍です😊

占い師になるには二つの方法があります。
一つは、占い館や電話占い会社に所属すること。
もう一つは自分でブログなどを立ち上げて、そこから集客する占い師になること。
つまり占いの個人開業ですね。

では、それぞれどう違うか?
今日はこれについて解説してみます😊

占いで個人開業するメリット&デメリット

まず、占いで個人開業する場合の「メリット」「デメリット」について解説します。

メリット

どこにも所属しない個人占い師になると、こんなメリットがあります。

・鑑定料金は、すべて自分の収入になる💰

まず一番大きいのはこれですね!

電話占い会社や、占い館などに所属すると、一般的に50%前後が会社にとられます!

つまり1万円稼いでも、自分に手に入るのは5,000円だけ😢

ところがどっこい!

個人で開業したら、鑑定料は全額、自分のものになります😎✨

・収入の限界が存在しない。

当たり前のことですが、組織に所属した場合は、自分が所属した会社の集客力以上の収入は得られません。

多くの場合は、ナンバースリーに入ったとしても40万円くらいです。

会社員よりはちょっと裕福かなくらい。

でも個人で開業した場合は、こういう限界が存在しません。

自分の集客力をあげていけば、無限に収入を伸ばすことができます。

もちろん人間には24時間しかないので、セッションだけでやっていくならいったんそこが限界値になりますが、でもだんだん大きくなってきたら、「本を出す」とか、「講座やる」とかを加えたりすれば、さらに限界値を伸ばすこともできます。

・人間関係を気にする必要なし🤤

組織に所属する占い師では、同僚に妬まれて2ちゃんねるで悪口を書かれたり、なるべく仕事をわりふってもらえるようにマネージャーに気を使ったりしなきゃいけないなんてことがあります。

でも個人でやってるならそんなのまったく関係ありません🤤

他人の目を気にせず、びくびくせず、いつでものびのびと自由に生きることができます。

・働き方を選べる!

組織に所属すると、働き方はその組織に合わせなければいけません。

多くの占い館や電話占いでは、「8時間出勤したとしても、そのうち実際に稼働したのは半分くらいだけ、お客さんがついてない時間は無給」という働き方を強制されます。

しかし個人で開業すると、働き方は自分で作ることができます。

「世界各地を旅しながらメール鑑定だけ受付する占い師」

「1日1人(60分)までしか受付せず、残り23時間を自由時間とする占い師」

あなたの発想次第で、いくらでも無限大に、自由な働き方をクリエイトすることができます🔮

・鑑定に疲れることがなくなる。むしろ楽しくて楽しくてもっと鑑定したくなる。

組織に所属する占い師では、相談内容のほとんどは「復縁相談」「不倫相談」「現実逃避のための相談」が中心になり、そういった問いへの回答力が求められます。
しかし個人で開業した場合は、顧客や市場は自分で選ぶことができます。
あなたが「不倫相談は嫌い」というなら、不倫相談は受け付けないことも可能です。
これは実際にやってみないと、ちょっとイメージがわきつきずらいかもしれないんですが、組織のときと個人のときでは、求められるものが真逆になるんです。

組織に雇われる占い師には「ある程度どんなお客様でも対応できるような万能さ」が求められますが、自分で開業した場合はむしろその逆の力、つまり「自分が話してて楽しい人だけしかこないように自分を上手にパッケージングしていくスキル」みたいなのが必要になるんです。
これは一見難しそうに見えるかもしれませんが、基本を理解してしまえば、簡単です。
そしてこれが実現した場合、「鑑定に疲れる」みたいなことはまったくなくなります。
ただただ毎日、自分にとって話してて楽しいお客様と話しているだけなので、むしろ鑑定すればするほど楽しくて、もっと鑑定したくなります。笑

デメリット

あんまり良いことばっかり言っても怪しい感じがするので、ここでは正直にデメリットも解説しておきます。
個人で占い師になるのは、僕個人としては最高の生き方だと考えていますが、でも以下のようなデメリットもあります。

集客の勉強が必要

個人開業では、お客様は自分で集めなければいけないので、いったんそういうのを勉強する必要があります。
でもこれは、基本を理解すればあとはシンプルです。
たんたんとやることをやればいいだけなので😊

自己管理が大変!

個人開業では、「あーしなさいこーしなさい」と指示してくれる上司が存在しません。
だから、いつでも自分で、自分を、律さねばなりません。
これが、最初の頃はめちゃくちゃ慣れないです!笑

ブログ書こうと思ったのに、ついうっかりツイッターを見ちゃったり、明日は講座だから早めに寝ようと思っていたはずなのにうっかりゲームしちゃったり、、、
そういうことがしょっちゅう起きます。

個人開業においては、
指示を出すのも自分です。
実際に行動するのも自分です。
その行動を管理するのも自分です。
締め付けてばかりではやる気を無くしてしまうかもしれないので、報酬をあげたり、褒めてあげたりして、モチベーションをコントロールしてあげるのも自分です。

会社員をしていたころは、こういうのはいつも「自分以外の誰か」がやってくれていました。
しかし個人で開業した場合は、自分以外にやってくれる人はいないので、全てを自分1人の中だけで完結させなければいけません。
これが最初のうちは感覚としてつかめなくて、結構大変でした。

おそらくほとんどの人が、最初にぶつかる壁はここです。
ただしこれは、やっていけばそのうち慣れます。笑
一度慣れてしまえば、あとは意識せずとも自然とできるようになります。

ちなみに、これらが自然とできるくらいに成長すると、もし占い師を諦めてやっぱり普通の仕事で再就職することになったとしても、そこでこの経験がめちゃくちゃ役に立ちますよ。
だって、人に指示を出すこともできて、自分で行動することもできて、なおかつ人の行動を管理することもできて、人のモチベーションコントロールすることもできる人なんて、普通は存在しませんからね笑
こんな風に考えていくと、占いで開業することのデメリットは、確かにデメリットではあるものの、見方次第では「大きな成長のチャンス」とも言えるかもしれません。

占いの個人開業に必要なスキル

次に個人占い師に必要なスキルについて解説します。

占いスキルは最低限あればオッケー

初心者さんは「独立開業なんて、めちゃくちゃレベルの高い占い師さんじゃないとできないはずだ」と思い込んでいる人が多いのですが、これは誤解です!
はっきり言ってしまうと、個人占い師になるのに「高度な占いスキル」は必要ありません。

例えば僕の知り合いで、占星術に興味を持って勉強した人がいました。
彼は占星術の本を読んで7日目には、「3000円であなたのホロスコープ見るよ!」という企画を立ち上げ、それをtwitter上で募集しました。
彼はしょせん占星術を学び初めて7日なので、さほど高度なセッションができたとはいえないでしょう。
でもだからこそ、3000円なわけです。
彼は、まずは今の自分のスキルに見合う範囲で、ものを売ろうとしたわけです。
彼はこの企画で50人のクライアントを見つけて、15万円を稼ぎました。

占いの開業なんて、これくらいのノリでいいんですよ!笑

僕自身も、僕はタロット占いの本を読んで三日目には、「3000円でタロット占いするよ!」という商品を販売しました。
そしてやってみたら、意外と人気が出てしまい、しかも自分自身でも強いやりがいを感じたので、なんとなくこれを継続しました。
そんな日々を3年くらい過ごしてたら、いつの間にか渋谷に事務所がたちました。
開業したばかりの頃の僕は、まだタロットの本を読んで三日とかなので、それほど高度なセッションができたわけではありません。
でもそれに見合う程度の価格設定にしていましたので、とくにクレームをもらったことなんか一度もないです。

つまり僕が言いたいことは、「みんな難しく考えすぎだよ」ってことです笑
占いの開業なんて、「おもしろそー!やってみよー!」くらいのノリでいいんです。
それこそコンビニ行くくらいの気軽さで、独立開業すればいいんです。

多くの初心者さんは、「自分のスキルを高めてからでなければ販売してはならない」と思い込んでいますが、そんなことはありません。
商売というのはあくまでも、需要と供給で成立するものなので、あなたのスキルがどれだけ低かろうと需要があるなら売れます。
その逆にあなたのスキルがどれだけ高かろうと、需要がなければ売れません。

松屋の牛丼は、そんなにハイクオリティな料理でしょうか?
そんなことないですよね。
でも松屋は売れています。
需要があるからです。

その逆に「この世の珍味の全てを鍋で似ただけの料理」が、「原価がかかっている」という理由で100万円で売っていたとします。
あなたはそれを買いたいですか?
多分、買いたくないですよね。笑
このように、どれだけ価値をつめこんでいても、需要がなければそんなものは売れないのです。
こんな風に考えていくと、「開業するにはスキルを高めなければ」という考えは根本的にとてもズレているのです。

だからといって占いスキルをまったく高めなくていいというわけではありませんが、それはどちらかといえば実際にやりながら高めていくものであって、やる前からしっかり準備をしておくべきものではないです。
というわけで、もしあなたが個人開業に興味があるなら、ぜひ「今すぐ」やってみましょう!

これは起業家系のセミナーなどにいくと必ず言われることですが、
「行動を先延ばしにする人は、死ぬまで永遠に行動しないもの」です。
事前にしっかり準備をしてから、
たくさん勉強して自信がついてから
こういう考え方をしている人は、ずーっとそうやって準備をしているだけで
一生を終えることになります。
成功する人はいつでも、「今の自分」で戦います!

占いの個人開業には、何が必要なのか?

個人占い師になるために「占いのスキル」は不要ですが、その逆に絶対必須のスキルもあります。

それは「集客に関するスキル」です。
占い館などに所属した場合、集客は組織がやってくれますが、個人占い師ではこれも自分でやらないといけません。

ただ、集客と言ってもそれほど難しく考えないでください。
集客に必要なスキルは、どちらかといえば「質より量」が大事です。
1つを深く極めるよりも、幅広い知識をなんとなーく理解しているほうが有利です。
だから、もしあなたがこれから「集客を学ぼう」と思うのであれば、そのために必要な時間は、わりと少ないので安心してください😊

僕が「占いの個人開業」をすすめる理由

僕はこのブログで、「占い師になりたいならとにかく個人開業がおすすめだよ!」と言い続けていますが、それは大きく以下2つの理由からです。

理由1:占い館や電話占いは稼ぎづらいが、個人開業は稼ぎやすい

まず第一に、占い館とかは稼げないところがほとんどです。
週5で待機してても月10万円も稼げない人はいくらでもいますし、トップクラスに売れてる人でもせいぜい45万円前後しか稼げないです。
なぜなら、こういうところではそもそも低単価になりがちですし、またお客様から頂く金額の半分くらいは会社にとられてしまうからです。
電話占いも同じようなもんです。
こちらはさらに「相談内容が暗くて心を病みそうになる人が多い」という問題もあるようです。

しかし個人で開業する場合は、稼ぎは自分次第で無限大ですし、相談内容も自分のセルフブランディング次第でいくらでも自由に操作できます。

理由2:ライバルがほぼ存在しない。通常の産業では考えられないほどのブルーオーシャン状態

占い師さんの多くは、マーケティングに疎い人が多いです。
だからほとんどの人が、「個人で開業するなんてすごく才能がある特別な人しか成功できないはず」と勝手に思い込んで誰もやりません。

誰もやらないということは、「ライバルがいない」ということです。
そう、実は占いの界隈って、ライバルがまったくいないんです。

普通、例えば「ダイエット」というジャンルで商売しようと思ったら、この界隈には「ジム」も参戦してるし、「サプリや健康食品」なども参戦しています。
さらに、自社商品を売っている人達以外にも、「アフィリエイター」といって、商品を紹介することで紹介料を獲得しようとしている人達も参戦してきています。
つまり、「ライバルが死ぬほど多い」ということです。
だから、この界隈で勝負していこうと思ったら、よっぽど何か特別なことをしなければ勝ち抜いていくことができません。

しかし、占いの界隈はこの逆です。
まず冒頭にも説明した通り、占い師さんの多くは「個人開業なんてすごい人しかできないはず」と決めつけて、やりもしないうちからあきらめてしまうので、ライバルがまったく存在しません。
僕がこのブログでどれだけ「個人開業がいいよ!」といっても、そのうち実際に行動する人は1%もいないです。

さらにいうと、占い師さんの多くは「インターネットに強い苦手意識を持っている人」が多いです。
だから彼らは、いざブログを始めたとしても、しっかり「どういう記事を書けばいいのか」などを勉強しません。
勉強しないまま、なんとなくで、やみくもにやっている人がほとんどです。

そのため、あなたがどれだけブログ初心者であろうと、ちょっとSEOなどのことを勉強してまじめに記事を書いていけば、思わぬ記事がいとも簡単に、「グーグル検索で1位をとってしまうこと」も多いはずです。
つまり、「穴だらけ」なのです。
僕が成功できているのも、こういう「穴だらけの市場だったから」という点がかなり大きいです。

インターネットが世の中に普及してから、もう20年くらいたちました。
そのため、昔に比べてインターネット上のコンテンツはとても増えました。
すると普通は「お金になる産業」というのはライバルがめちゃくちゃ多く、こんなに「穴」が見つかることはありません。
僕はもともとブログアフィリエイトをやっている人だったので、そういう情報にとくに敏感なのですが、他の業種はだいたいもっと市場そのものが成熟しきっているので、新規参入する余地が少ないところがほとんどなんです。
しかし占いの界隈だけは、「誰もやらない」し、「やってもまじめにやらない人がほとんど」なので、穴だらけなんです。
こんなにチャンスだらけの市場って、普通は存在しませんよ☺️

だから僕は、「占いは個人開業するといい」と言っているわけです☺️

まとめ「占い師になりたいなら、ぜひ個人開業をおすすめします!」

さて、この記事を読んで、あなたはどう思いましたか?
「私も個人でやってみよう」と思ってくれましたか?

そういう人は、ぜひやってみてください。
占い業界では、まじめに集客の勉強をして、まじめにブログ記事を書いていけば、個人でも簡単に、あっという間に、グーグル検索で1位をとれるワードがたくさん眠っています。
だから、あなたも必ずチャンスをつかめます。

僕のこれまでの経験上、ここまで言っても、それでも99%の人はなんだかんだで行動しません。
「いつの日か私も」と言いながら「行動」を先延ばしにし、結局いつまでもやりません。
その中で、あなただけが行動すれば、必ず成功を掴むことができます。
どこかの誰かの参考になれば幸いです♪

え、「やろう」とは思えたけど、でも具体的に何から始めたらいいかわからない?
そういう人はこちら!!!!!

【無料】集客もタロットも学べる!占いで独立開業するメルマガ!

「占いの集客方法」や「タロット占い」などについて、メルマガで情報を配信しています🐻✨
一度配信した内容は二度と再送しないので、気になってる方はぜひご登録お待ちしてます♪

以下のフォームにメールアドレスを入力して登録ボタンを押すだけ!簡単!


関連しそうな記事