タロットリーディングのコツやヒント

タロットが読めないのは「人目を気にしているから」だ。他人に褒められることを願うな。ただ自分を表現しろ。必要なことはそれだけだ!

こんにちわ!
中川龍です!
今日は「タロットリーディングのヒント」を語ります。

タロット占いって、
「本を1冊読んだらすぐにできる人」と、「そうじゃない人」がいます。

この差って、どうして生まれると思いますか?
その答えは簡単。

「人目を気にしているかどうか」
です。

すぐできる人は、どちらかといえばあんまり人目を気にしない人です。
彼らは、他人にどう思われるかなんて気にしないので、だからタロットを引いて、キーワードを見て、そこから頭に浮かんだことをスススーと語ることができます。
だから、「いきなりタロットができる」ように見えます。

そうじゃない人は、どちらかといえばいつでも人目を気にしてばかりいる人です。
彼らは、人に褒められたい、人に笑われたくない、人に嫌われたくない、みたいなことばっかり考えています。
人生における重要事項が常に、「他人にどう思われているか」になっています。

だから、タロットを引いてキーワードを見ても、そこから頭に浮かんだことを語る前に、「こんなこと言って大丈夫かな?」「こんなこと言ったらおかしいって思われないかな?」「笑われないかな?」「へたっぴと思われないかな?」みたいなことが気になってしまいます。
だから、いつまでもリーディングを語ることができず、ひたすらタロットカードとにらめっこしながら「うーん」とうなってしまうわけです。
「いつだって自分の最大の敵は自分自身」という言葉がありますが、彼らはまさにそういう状態です。

では、こういう人はどうすればタロットが読めるようになるでしょうか?
簡単です。
「人目を気にしない自分」になればいいです。

ではどうすれば、人目を気にしない自分になることができるでしょうか?
そのためには二つの方法があります。

人目を気にする自分から卒業し、タロットから言葉を紡げるようになりたいならこれをしろ!

1:「人目が気になる」という人向けの心理系書籍を読む

まずもっとも一般的な回答は、心理系の本を読んで、自分の認知を変えていくことです。

例えば「他人の目が気になる人へ~自分らしくのびのび生きるヒント~」という本があります。
僕が知る範囲では、これが一番おすすめです!
「人目が気になる人の心理」について細かくそのロジックを解説しており、また対策なども提案されています。


2:すでに人目を気にせず生きてる人の本を読んでみて、その思考を学ぶ

少しベクトルは変わりますが、「すでに人目を気にせずに生きている人の本」などを読んでみて、そこから「人目を気にしない人はどんな風に思考しているのか」を学ぶのも、とても有用なアクションです。
個人的には、芸術家・岡本太郎さんの「壁を破る言葉」をおすすめしています。
1ページごとにシンプルで短い文章があるだけの本なんですが、読んでいるうちにどんどん「勇気」が湧いてきます😊


以上、「タロットが読めないのは人目を気にしているからだ!」って話でした😊
こういう人はタロットの勉強ではなく、心理学の勉強をして、どんどん生き方を変えていくようにしましょう!
たったそれだけで、1年後には別人のように生まれ変わっていますよ♪

どこかの誰かの参考になれば幸いです♪
読んでくれてどうもありがとう!

この記事が役にたったら
SNSでシェアしてもらえると
嬉しいです☺️
【無料】で学べる
占いで独立開業する方法📖

・占いでお金を稼ぐにはどうすればいいか?
・僕が「未経験」からどうやって占い師になったか?
・占い師向けブログ集客の方法
・組織に縛られず自由に生きるための考え方
…などを
以下のメール講座で無料公開しています♪

詳しくは下記のボタンをクリックしてみてください。

【無料メール講座】の
ご案内はこちら

関連しそうな記事