占い師になりたい【なるまで】

「お金をとってタロット占いをしている人」のレベルは、それほど高くないので安心すること!

初心者さんの中にはよく、こんなふうに考えている人がいます。

「私もいつか占い師になりたい…」
「だけど、今の私のレベルではまだまだお金をいただくのは申し訳ない…」

「世の中の占い師さんは、お金をいただいて占いをしているからには、きっとすごく高度なセッションをしているはずだ」
「だから、私のレベルではまだまだお金をいただくには早いはずだ…」
「もっとお勉強して、自信がついたら動き出そう…」

こういう風に考えている初心者さんは、とても多いです。
でもこれは、根本的にいろいろと間違っています。

そもそも「お金をとってタロット占いをしてる人」のレベルは、それほど高くない

そもそも世の中の「タロット占い師さん」のレベルは、初心者さんが思ってるより、それほど高くありません。
何も知らないと、ついつい「お金をいただいているからにはきっとすごく知識があるんだろうな」と考えてしまいがちですが、それは事実ではありません。

このブログでは「タロット占いの歴史」をかなり詳しく解説していますが、世の中のタロット占い師の9割は、ここまで深く、しっかりと、歴史の流れまでは理解していません。
なんなら、「初心者向けタロット解説書」みたいな本を出版している人ですら、ここまで細かいことは理解しないまま、書いている人もけっこういます。

「そんなバカな」と思うなら、試しにてきとうなタロット占い師さんのところにいって、「力のカードは、確か昔は名前が違いましたよね、なんでしたっけ」と聞いてみてください。
正解はスフォルツァ版時代は「剛毅」、ゴールデンドーン時代は「不屈」ですが、おそらく90%以上の人が回答できません。
そもそもほとんどの人は、「昔は名前が違っていたこと自体」を知りません。

歴史のところで、「ウェイト版タロットの発売と同時に、その解説書であるタロット図解が発売された」という話を書きました。
現代のタロット解説書の原点になっているのは、イーデングレイの啓示・皆伝・自在タロットだという話を書きました。
しかしこれらの本を読んだことがあるタロット占い師はほぼいません。

これについては、以前ツイッターでアンケートをとったところ、、、

なんと、
全体の8割が「読んだことない」という結論。
さらに全体の3割が「存在すら知らない」とのことでした。

タロット占い師を名乗っている人ですら、こんなレベルなのです。
だから、「お金をいただいてタロット占いをしている人」は、それほどレベルが高いわけではないのです。

レベルが低い占いしかできないくせに、お金を頂いてもいいの?

なぜ、彼らは「タロットのこと」を何も知らないのに、タロット占い師として成立しているか。
その答えは簡単。
そもそもこの世の中は、「クオリティが低くてもお金を頂いて良い世界」だからです。
つまり、「お金をいただくからにはクオリティを高めなければいけないはずだ」という考えは、その人の頭の中にしか存在しない、妄想の壁なのです。

例えば、海の家の焼きそばやラーメンは、それほどハイクオリティだったでしょうか?
あるいはお祭りのたこ焼きや、お好み焼き
あるいは文化祭のフランクフルトや、お化け屋敷。
あれらは、そんなにハイクオリティで、「お金をいただくのに申し分のないレベル」でしたか?

決して、そんなことはなかったはずです。
それでもあなたは、そういう場所で、喜んでお金を出して、それらを買っていたはずです。

こんなふうに、ちょっと視点を変えてみてみれば、この世の中には「クオリティが低くても成立している経済」なんていくらでも存在するんです。
だから、「お金をいただくこと」は、そこまで高いクオリティが求められることではないのです。

それなのに、
「私のレベルではまだまだお金をいただくには早いはずだ…」
「もっとお勉強して、自信がついたら動き出そう…」
と考えるのは、根本的にズレているんです😢

お客様もあなたのレベルなんて、見ていない

また、そもそもお客様の多くは、「あなたがレベルの高いタロット占いをしているかどうか」なんて、見ていません。
あるいは、それを判断できるだけの知識を持っていません。
多くのお客様は、占いに関しては初心者なのですから、そもそもあなたの知識量なんて判断できないのです。

お客様があなたに求めていることは、「なんか気付きをくれるトークをしてくれること」や「楽しい会話をしてくれること」「気を紛らわしてくれること」などです。
だったらそこを満たせばいいのです。
別に、そこまでかたっくるしく、「しっかりと知識を身につけねば」なんて、考える必要はありません。

成長は、実際に初めてみることで、初めて得ることができる。

「成長したら、実際に動き出そう」という考えは明確に間違っています。
なぜなら、そもそも本当の成長とは、「実際に動き出すこと」で初めて得られるものだからです。

よく考えてほしいのですが、あなたは
「自転車に乗れるようになるにはどうしたらいいか」
とあれこれ考えて、
完璧に自転車に乗れる自信がついてから、自転車に乗ったのでしょうか?

そうじゃないですよね。
過去のあなたは、「まだ自転車に乗れない段階」からとりあえず乗ってみて、何度も転んだりしながら、少しずつ成長していったんですよね。

「占い師になること」も、これと同じです。
自信なんかなくていいので、まず乗ればいいのです。
するとそのほうが成長できるんです。
というか、そうでなければ、いつまでも「本当の成長」には出会えないんです。

何年も勉強しているばかりで、いつまでも一歩を踏み出せずにいる人は、ぜひ考えてみてください☺️✨

何処かの誰かの参考になれば幸いです!

占いでお金を稼ぐ方法
教えます📖

・占いでお金を稼ぐにはどうすればいいか?
・僕が「未経験」からどうやって占い師になったか?
・占い師向けブログ集客の方法
・組織に縛られず自由に生きるための考え方
…などを
以下のメール講座で無料公開しています♪

詳しくは下記のボタンをクリックしてみてください。

【無料メール講座】の
ご案内はこちら

関連しそうな記事