タロットリーディングのコツやヒント

【誰でも簡単】タロットの過去・現在・未来を1本のストーリーにつなげる方法【簡単テンプレ付き!】

こんにちわ!
中川龍です!

最近、生徒の方からタロット占いのやり方に関する質問がとっても多いので、よく頂く質問をブログでご紹介することにしました😊
僕の占いで独立開業する通信講座を受講されている方で、同じようなことに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください🙆‍♂️
読んだうえでわからないところがあれば、質問もバシバシ受付ているのでお気軽に!

僕の講座を未受講の方は質問はできませんが、飲み込みが早い人ならこのページを読むだけでもどんどんスリーカードが読みやすくなるかと思いますのでぜひ参考にしてみてね😉
それでは言ってみましょう!



タロットの過去・現在・未来から1本のストーリーを作る方法

そもそも1本のストーリーが繋がってる状態とは?

まずそもそも「1本のストーリーが繋がってる状態の定義」を示しておきます。

例えば、
・過去に恋人
・現状に月
・未来に愚者
と出ているとします。

初心者さんがやりがちな読み方

ここで初心者さんがよくやりがちなリーディングはこんな感じです。

過去に恋人がでていますね。
昔の二人は愛し合っていたんですね😢
現状には月が出ていますね。
今のあなたの不安な気持ちが出ているようですね😢
でも大丈夫、安心してください。
未来には愚者が出ています。
近い将来、あなたの前に道が開かれることでしょう。

このリーディングは、ただ「それぞれのカードの意味を伝えているだけ」です。
「今は月なのに、なぜ未来が愚者になるのか?」に対する回答が描写されていないため、バラバラ感が出ます。
あと過去の話を語る必要性がありません。
上記の文章を読み返してみてほしいのですが、別に「過去ふたりは愛し合ってたんですね」っていう話、今必要ないですよね。笑
 

1本のストーリーになってる読み方

これに対して、「1本のストーリーに繋がっているリーディング」はこんな感じです。
↓↓↓
過去に恋人が出ています。
二人はすごく愛し合っていたんですね。
現状には月が出ていますね。
今のあなたは、とても不安なようですね。
しかし未来には愚者が出ました。
もしかしたら未来のあなたは、いい意味で開き直るのかもしれません。
悩んで悩んで、さんざん悩み尽くした末、どうせ何をしたって完全に不安を消し去ることはできない。
だったら考えたって仕方がない。
そこに至ったあなたは、ある日突然、「だったらいっそ身を守ろうとするのはやめよう。この愚者のように、何も持たず、何もない自分でもいい、とりあえず進んでみよう。進みたい方角に。そんな風に開き直り、自由に進んでいく。
そんな状態になるのではないでしょうか?
さんざん悩み尽くしたあなただからこそ、その先にきちんと自分なりの「答え」をつかむことができるのではないでしょうか。
過去からしっかりと愛を育んでいた二人だからこそ、もしこれらが実現した際には、今の発想では想像もつかないような「すごく深い信頼関係」で結ばれているかもしれません。
不安だから縛りたいではなく、信じているからこそ自由でいい。
そういう関係に二人はなれる。
今回のタロットはあなたにそう示しているようです。

いかがでしょうか?
こちらのリーディングは、「たくさん悩んだからこそ、未来においてすごく自由になる、もともと過去に愛し合ってたからめっちゃ信頼関係が深まる」という解釈なので、「現状に月なのに未来が愚者であることへの回答」が織り込まれています。
また「過去に恋人のカードを引いたこと」にも意味が持たされています。
そのため「一本のストーリーになっている」と感じられる構成になっています。

こんなふうに、スリーカードで読む場合…
これは過去、現在、未来と3枚のカードを引くスプレッドなので
それぞれの要素の間を埋める何かを足すと「1本のストーリー」になります。
逆にそれがないと、「バラバラなリーディング」になりやすいんですね。

どうすれば1本のストーリーに繋がるのか?

では、どうすればこういうリーディングがいつでもできるようになるでしょうか。
それは以下の手順で行うことです。

  1. とりあえず、それぞれのカードを普通に読んでみる。(月だから今不安なんだなー、愚者だから未来は解放されてるんだなー)
  2. そうやって出てきた文章を客観的に見直して「話が急に飛んでるところはないか?」と考えてみる。(あれれ今は月なのに、なんで未来が急に愚者になるんだろう?過去に愛し合っていた話が、なぜ今出てくるんだろう? 過去愛し合っていた話が、今なぜ必要なんだろう?)
  3. 「話が急に飛んでいるところを埋めるエピソード」を考えてみる。(占いを始める前の雑談でさっきこの人は「私ってすぐなんでもかんでも悩んじゃうんですよ」みたいなこと言ってた。だからもしかしたら、さんざん悩み尽くしたからこそその先に本当の解放を得られるみたいな感じにすすむのかもしれない。そしてそういう心が獲得できさえすれば、過去はあんなにも愛し合っていた二人なのだから関係をもとに戻すのは簡単ということを示唆しているのかも)

 
基本的にはたったこれだけです!

応用して考えればヘキサグラムなども一気に読みやすくなる!

この「話が飛んでるところを埋めるエピソードを考えてみる」という感覚は、慣れてくると他にも色んなことに応用できるようになります。
例えば…「ヘキサグラムで、彼の気持ちがめっちゃ悪いのに、総合結論はいいとき」など、一見すると矛盾してるように見えるカード配置になったとき、そこにも何かエピソードを入れていけばストーリーを作ることができるので、色んなスプレッドをわりと自在に読めるようになってきます。

空白を埋めるエピソードが浮かばない時は?

もし「空白を埋めるエピソードが浮かばないよおおお😂」ってときは、これはケースバイケースですが、基本的には素直に相談者に聞いちゃうことをおすすめします!
例えばこんな感じ!

今回の占い結果では「不安からの解放」という流れになっていますが、
あなたはなぜ自分が急にこんなふうに変わるんだと思いますか?
何か思い当たることはありますか?

こんなふうに聞いてみると、意外と何かしらエピソードが出てきたりするものです。

それでもどうしても空白が浮かばない人はテンプレを使おう🙆‍♂️

空白を埋める発想がどうしても自分1人の発想力では浮かばないという人は、最初は「テンプレ」を使いましょう。
以下に過去の僕が使っていたテンプレを紹介します。
これをもとにそのまま当てはめてリーディングしてもいいですし、やっているうちにあなたに使いづらい部分があったらそこだけカスタマイズして自分なりに使いやすいように改変して使ってください😊
テンプレを使うと、けっこう簡単に1本のストーリーになるので、毎回いちいち考えなくていいので楽ちんです!

スリーカードからさくっとストーリーを作るテンプレ

このテンプレでは、過去現在未来と引いたときに出た3枚のカードを「吉」「凶」どういう組み合わせで出たかによって、それに合っているテンプレを当てはめて読みます。

吉凶凶パターン

「過去 いいカード」
「現在 ダメなカード」
「未来 ダメなカード」

・このまま進むと、未来はこうなる。
・その原因は、私の現在にあるこれだ。
・この未来を変えたいなら、私の過去にあったこれを思い出すといいということになる。

凶吉凶パターン

「過去 ダメなカード」
「現在 いいカード」
「未来 ダメなカード」

・このまま進むと、未来はこうなってしまう。
・その原因は、私の過去にあるこれかもしれない。
・この未来を変えたいなら、私の現在にあるこれを活用するといいということだ。

凶凶吉パターン

「過去 ダメなカード」
「現在 ダメなカード」
「未来 いいカード」

・過去の私はこれまで、こんな姿勢だったかもしれない。
・だから今、こんな状況を迎えているかもしれない。
・でも大丈夫。未来には、こんな流れがくるようだ。

凶吉吉パターン

「過去 ダメなカード」
「現在 いいカード」
「未来 いいカード」

・私はこれまで、ずっとこんな状態だったかもしれない。
・でも大丈夫。未来はこんな流れが来る。
・そのきっかけとなるものは、現在ある「これ」だ。

吉凶吉パターン

「過去 いいカード」
「現在 ダメなカード」
「未来 いいカード」

・今私は辛い状況かもしれない。
・でも大丈夫。未来はこんな流れが来る。
・そのきっかけとなるものは、過去持っていたのに今は忘れてしまっている「これ」だ。

吉吉凶パターン

「過去 いいカード」
「現在 いいなカード」
「未来 ダメなカード」

・このまま進むと、一時的にこんな未来が来てしまいそう。
・でも大丈夫。その流れを変えられる理由はいくらでもある。
・例えば、現在あるこれ。あるいは、過去あって、今は忘れてしまっているこれ。

凶凶凶パターン

「過去 ダメなカード」
「現在 ダメなカード」
「未来 ダメなカード」
のパターン
(このパターンになった場合は、追加で助言カードをもう一枚引き、リーディングを作りましょう)

・このまま進むと、一時的にこんな未来が来てしまいそう。
・その流れを変えるには、現在のこれや、過去のこれが原因のようだから、ここらへんを変えるアクションをすると良さそうだ!

吉吉吉パターン

「過去 いいカード」
「現在 いいカード」
「未来 いいカード」

・過去の私は、こんなことをしてきた。
・現在の私は、さらにこんなことをしている。
・そうやって積み重ねてきた私だからこそ、未来はこうなる。

このテンプレを使うと、だいたいなんとなく「それっぽくて」「きちんとストーリーになっている」ような鑑定文を作ることができます。
ただしこれはあくまでも「僕はこういうの使ってた」というだけなので、あなたなりに使いやすいように上手にカスタマイズして使いましょう🙆‍♂️

話のまとめ

  • 過去・現在・未来のようなスリーカードでは、それぞれのカードをバラバラに読むだけだと違和感があるリーディングになりやすい
  • いったんバラバラに読んでから、話が飛躍している部分を探し、そこの空白に何かエピソードを入れよう。すると1本のストーリーにつながってリーディングになる。
  • 間にある要素を埋められないときは、相談者に聞いてみよう。
  • あるいは、テンプレを使ってみよう。

以上、参考になれば幸いです!

僕の占いで独立開業する通信講座を受講されている方で、同じようなことに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください🙆‍♂️
読んだうえでわからないところがあれば、質問もバシバシ受付ているのでお気軽に!

僕の講座を未受講の方は質問はできませんが、飲み込みが早い人ならこのページを読むだけでもどんどんスリーカードが読みやすくなるかと思いますのでぜひ参考にしてみてください😉

占いで独立開業するメール講座📩

「私も占いを仕事にしてみたい…!」
「個人で稼ぐってどんな感じか知りたい!」
「占いビジネスの楽しさをもっと知りたい!」
って人のためのメール講座やってます🐻✨

ブログの10倍くらいのボリュームの「レアな話」がたくさん読めるので勉強になること間違いなし😊
興味がありそうな人はぜひ以下からお待ちしてます!
↓↓↓

関連しそうな記事
タロットリーディングのコツやヒント

タロット占いの未来は、変えられないのか?

2018年10月25日
中川龍のブログ!占いのやり方、占い師の集客方法、心理学などを語っています。
先日、こんな質問をもらいました。 タロット占いで示された未来とは、「絶対に変えられない未来」なのでしょうか? それとも、「自分次第で変えることができる未来」なのでしょうか? …
タロットリーディングのコツやヒント

「正解がないタロット占いで上達するには、何をどんなふうに学べばいいのか?」 結論:モデルケースを探すのです!

2019年3月12日
中川龍のブログ!占いのやり方、占い師の集客方法、心理学などを語っています。
こんにちわ! 中川龍です! このブログでは常々いってることですが、タロット占いに「正解」はありません。 実際の市場のタロット占 …