占い師になりたい【なってから】

1万円のラーメンを売る方法

こんにちは!
昔はサブウェイなんて野菜ばっかりでおいしくなさそうと思っていたのですが、最近初めて食べてみたらめちゃめちゃおいしくて感動した中川龍です。笑

さて今日は、「モノの価値」について考えさせられる話を紹介します!

1万円のラーメンを売る方法

以前ホリエモンが「10,000円のラーメン屋さん」をやっていたのを知ってますか?


https://finders.me/articles.php?id=1965

10,000円て言うと
すごい高額な感じがしますよね。

ラーメンなんて
普通のお店に行けば
安いとこなら500円。
そこそこなとこでも1000円ちょっと。
コンビニのカップラーメンなら100円です。

どれだけ素材が高級で
良いラーメンだったとしても
10,000円て……

そんなに高いお金を払ってラーメンを食べるお客さんなんているのかな?
そう感じる人も多いかもしれません。

ところがなんと!
このお店、めちゃくちゃ繁盛してたんです。

何故か。
簡単です。

話題になったからです。


実はホリエモンさんは、もともとこのラーメン屋を始める時、こう考えていたそうです。

  • 高級な和牛を使った一万円ラーメンとかやったら、まずインパクトがあるので話題になるだろう。
  • 話題になれば、今はYouTubeなどで個人で稼いでる人がたくさんいるので、彼らが動画ネタを作るために食べにきてくれるだろう
  • 彼らにとってこのラーメン屋にくることは、ただおいしいご飯を食べに来るということではなく、『一万円のラーメン屋行ってみた』という動画を作るネタになるという意味を持つ
  • すると彼らはその動画の広告収入で一万円くらいすぐ元がとれるので、全く損にならない
  • むしろ多くのインフルエンサーが喜んで一万円を払って食べに来るだろう
  • そして有名人がみんなで一万円ラーメンの動画をあげるようになれば、それを見て普通の人達も影響をうけて食べに来るだろう
  • だから、10,000円という価格設定でもお客さんはたくさん来るだろう。

この読みは当たりました。
結果、10,000円ラーメン屋は大成功し、たくさんのお客様がそれを食べにきてくださいました。
お客様の満足度も高く、rettyというクチコミサイトでは多くの人が最高の「三つ星評価」「エクセレント」をつけていました。

この話からは「学びになること」がたくさんあります。

まず僕がもっとも伝えたいことは
「モノの価値は、モノそのものだけではない」ということです。

今回ホリエモンさんは「味や素材など」のラーメンそもののの価値ではなく、『話題になるよ』『動画ネタになるよ』という価値を加えたのが、すごい発想だなと思いました。
だから有名人がたくさんこのラーメンを食べにきてくれました。
彼らにとっても、このラーメンを食べることが動画ネタになってお金が稼げるので、1万円のラーメンでも誰も損をしていません。
だから勝手にどんどん宣伝になります。
さらに普通の人にとっても、「あの有名な●●さんが食べていたのと同じラーメン」を食べることで、気持ちのいい体験をすることができる。

こんなふうに、ホリエモンさんはラーメンそのものではなく、そのラーメンを食べることで得られる「体験」に目をつけて、価値を作ったわけです。

あなたは自分が占いをするとき、その価値についてしっかり考えていますか?

よく「私はまだまだ占いの知識が浅いので、500円以上の価格をつけれない」という人がいます。
でもこれって、価値に対する捉え方がまだまだ浅いと言わざるを得ません。

先ほども言いましたが、モノの価値は「素材や味だけ」で決まるわけではないからです。
だから知識があるかないかは、どちらでもいいのです。
重要なのは、自分を通して、お客様にどんな体験を届けることができるか?を考えること。
世の中の具体的にどういう人に、何をしている人に、あなたは何をすることができるのか考えていくことです。

大事なのは「自分がどうか」ではなく、「お客様をどうできるか」なんですね。

こういう思考ができるようになると
発想がもっと自由になり
よりあなたらしい占いビジネス
あなたが心の底から楽しめる占いビジネス。

そういうのを作れるようになりますよ☺️

自分からではなく、顧客からで思考を変えると良いサービスが作れる


ちなみに僕の生徒の中にも、ずっと「私は占いの知識がまだまだだから」と言ってた人がいました。
でもある日彼女に「もう少し顧客目線で考えてみるといいかも」というアドバイスをしたところ、こんな風に進んだ方がいました。

・私はけっこう明るいと言われる🤔
・占いうんぬん以前に、話してるだけで明るいので前向きになれると言われる。
・だったら、私とお話できること自体に価値を作ったらいいかな?
・占いしますよじゃなくて、「占いしながら私とお話できる場」みたいなのを作ったら…?
・じゃあ、月額2000円くらいのオンラインサロンを作って日々そこで交流したりできる場みたいなのを作ったらファンがつくんじゃないだろうか?
・やってみよう!

その後、彼女のサロンにはなんと50人の人が参加してくれました。
月額2000円なので、これだけでもう月収10万円が確定しました。
また、このサービスがあることで、これまでの個人鑑定にも「集団ではなく個別に話したい人向け」という意味をつけることができたので、そっちはそっちでけっこう売れるようになったそうです。

その後、彼女は気付いたら安定して月20万円くらいは稼げるようになったそうです。
まだまだ独立開業できるレベルではないかもしれませんが、でも会社員しながらの副業としては十分すぎる金額ですよね😊

「お客様の体験」から考えていこう♪

以上、自分のサービスを作るときは、そのサービスの基本的なスペックからだけで考えるのではなく、「お客様がどういう体験を得ることができるか」から考えていくといいよって話でした♪

ちなみに、こういう思考ができるようになりたい人は、ぜひ以下の本を読んでみてください。


これは僕が占い師を始めたばかりの頃に読んだ本で、今なお影響を受けている転機になった本の一つです。
よろしければ参考までに!

おしまい!
読んでくれてどうもありがとう!

占いで独立開業するメール講座📩

「私も占いを仕事にしてみたい…!」
「個人で稼ぐってどんな感じか知りたい!」
「占いビジネスの楽しさをもっと知りたい!」
って人のためのメール講座やってます🐻✨

ブログの10倍くらいのボリュームの「レアな話」がたくさん読めるので勉強になること間違いなし😊
興味がありそうな人はぜひ以下からお待ちしてます!
↓↓↓

次はこれを読んでみよう♪