占い師になりたい【なってから】

メール鑑定で稼ぐ7つのポイント【ガチで有料級の情報】

こんにちわ!
中川龍です!

今日は「メール鑑定で稼ぐ7つのポイント」をご紹介します。

メールでできる占い「メール鑑定」!
子育てや介護、仕事をしている人でも
始めやすい占いのお仕事です🙋‍♂️

でもこれ、気軽にできるので多くの人がやってみるのですが、実際やってみると「稼げる人」と「稼げない人」がかなりハッキリわかれます。
その差を作るのは、なんだと思いますか?

それは…シンプルにコツを知ってるかどうかです😇
メール鑑定は、普通の対面鑑定などとは少し状況が違うので、同じノリでなんとなく参戦してしまうと、なかなか稼げないということが多いです。

でも、きちんとコツを理解してすすめていけば、必ずどんな人も稼げるようになります。
というわけで本日は、メール鑑定で稼ぐ7つのポイントを解説しますね。

メール鑑定には稼ぐコツがある

僕は占いで独立開業する通信講座という、占い師さん向けのビジネス集客講座をやっているのですが、こちらでもこの記事で紹介する鑑定のコツを意識すると、お客様の反応がめちゃめちゃよくなり、そこから「占いでお金が稼げるようになりましたー!」という方がたくさんいます。

こんな感じで、すでに多くの生徒さんで実証済みの内容なので、あなたもぜひこの記事の内容を自分に落とし込んで、稼げる占い師になっちゃってください!

占いで独立開業する通信講座の詳細はこちら!
↓↓↓

 

メール鑑定で稼ぐ7つのポイント

では本題です!
メール鑑定で稼ぐ7つのポイントは以下の通りです。

1:冒頭では「心を込めたあいさつ」を入れる

まずすごく基本的なことなんですが、冒頭ではしっかり「心を込めたあいさつ」をしましょう。
ここでいう「心を込めた」とは、きちんとその相談者に向けた言葉を作るということです。

ダメダメ占い師さんは
「鑑定依頼ありがとうございます」
など
どこかテンプレ的なあいさつをするだけで済ませてしまい、その人に向けた文章を作っていないです。

でもそれを、もっとその相談者に向けた言葉に変えましょう。
例えばこんな感じです。
↓↓↓
「鑑定依頼ありがとうございます。私も過去に先輩に片想いしていた時期があるので、あなた様の気持ちはすごくわかると感じました。ですので今回はいつもより120%の本気を出して鑑定させていただきますね」

こういう一言があるか、ないか。
それだけでお客様の印象はかなり変わりますよ!

2:まず結論から話す。(相談者の質問に答える)

例えば相談者が「この恋はこれからどうなりますか?」と聞いているとします。

それに対して、以下のような鑑定文を書いてしまう人がいます。

「まず、過去のあなたはこうでしたね…
現在のあなたはこんな感じですね…」

これがなぜダメかというと、「日本語の会話として成立していないから」です。

通常、相談者が「この恋はこれからどうなりますか?」と聞いているのであれば、まずは「この恋はこうなります」と回答するのが自然です。

そのうえで、「過去のこういう要素を思い出すことが未来をよりよくするようです」など、参考情報として過去の話をするのならアリですが、「相談者の質問を無視していきなり過去から語る」というのは、根本的に話がズレており、それは「相談者を混乱させる理由になるだけ」で、決して「相談者を喜ばせること」に役立っていません。

「まず、聞かれていることに答える」
というのは

タロットうんぬん以前の
「大人としてのコミュニケーションの基本」です。

ですのでこの場合は、以下のように変えた方が良いです。
↓↓↓

占い依頼ありがとうございます。
では早速ですがタロットを読んでいきましょう。
まず結論からいうと、あなたの恋は「●●」のように進んでいきそうです。

こちらのほうが明らかに「相談者を喜ばせる形」になっているのが理解できたでしょうか?

3:次にその理由を説明する。

次に、結論の理由を説明しましょう。

「この恋は、成就します」
ではなく

「この恋は、成就します。なぜなら●●というカードが出たからです」
という感じで
きちんと「なぜそうなのか」を説明するようにしましょう。

4:ここまでやってから始めて、色んな要素を自由に広げる

上記の「結論」「その理由」が終わってからは、好きに広げるといいでしょう。
「過去に出ているこれは、こんなことを意味しているのかも」
「彼の気持ちに出ているこれは、こんなことを意味しているのかも」
「二人の星を見ると、こういう時は気をつけるとよさそうかも」
などなど

占い師さんの多くは、「結論」「その理由」を話す前から、いきなり自由に広げちゃってる人が多いのですが、それだとコミュニケーションが成立していません。
対面鑑定とかだと、それでもノリと勢いでなんとかなっちゃうことが多いのですが、メール鑑定では「文章」という性質上、ある程度きちんと情報が編集されていないと相手には伝わりません。

というわけで、鑑定文を書くときは、「まず結論」「次にその理由」「そのあとに話を自由に広げる」という順序を守るようにしましょう。

5:簡単にできるワンポイントのアドバイスを示す

話を広げるだけ広げ切ったら、そこで終わりにするのではなく、何か簡単にできるワンポイントアドバイスがあると良いです。
もしあなたが心理系の知見があるなら、「こういうワークをするといい」という提案をするといいでしょう。
もしあなたがおまじないなどに詳しいなら、「恋に効くおまじないを教えますね」という提案がいいかもしれません。

あなたがパワーストーンに詳しいならパワーストーンについて、もしあなたが天からの声が聞こえる人なら「天からの言葉」をおろして「その言葉を毎晩寝る前に思い出してみて」とかでもいいです。
とにかく何かしらの「簡単にできるワンポイントアドバイス」を足しましょう。

6:「心を込めたあいさつ」でしめる。

最後にここまでの鑑定結果を踏まえたうえで、「タロットから」とか「天使から」ではなく、「あなたから」相談者への言葉を作りましょう。


「色々語りましたが、私はあなたの恋をすごく良い恋だと思っています。応援したい。絶対に叶ってほしい。心から本気でそう思いました。だからまた何かあればいつでも相談にいらしてくださいね」
など

こういう一言があるだけで、相談者からの印象がまるで変わってきますよ🙋‍♂️

7:追加購入に誘導する言葉を入れる

最後に「追加購入への誘導」があると、なお良いです。

例えば…
↓↓↓

よろしければ恋愛成就のヒーリングメニューなどもご利用ください。
別料金になってはしまいますが、私自身このヒーリングを受けたおかげで今の主人に出会うことができたので、効果はとても高いと感じています。
詳細はこちらのページにございます。
【リンクを貼る】

などなど!

お客様はあなたがどういう商品を販売しているのかを「そもそも知らない」ということが多いです。
あなたが思っている以上に、あなたのことは知られていないのです。

だから、こういう導線をしっかりと作り、自分の商品を認知してもらうことはとても大切です!

まとめ「メール鑑定で稼ぐ7つのポイント」

以上、話をまとめます!
メール鑑定で稼ぐ7つのポイントは…

  1. 冒頭では「心を込めたあいさつ」を入れる
  2. まず結論から話す。(相談者の質問に答える)
  3. 次にその理由を説明する。
  4. そのあとに始めて、色んな要素を自由に広げる
  5. 簡単にできるワンポイントのアドバイスを示す
  6. 「心を込めたあいさつ」でしめる。
  7. 追加購入に誘導する言葉を入れる

です!

これらを実践していけば、絶対どんな人でも「お客様に喜ばれ」「自分自身も豊かになれる」という感じで、理想の占い師雑に近づけます。
ぜひあなたもやってみてくださいね!

なお、自分1人じゃ実践できないよー😫って人は、占いで独立開業する通信講座でお待ちしています!
こちらでは僕がマンツーマンで個別指導しているので、より深く理解に落とし込むことができます🙆‍♂️
これまで多くの受講生が、「稼げる占い師」に成長してきました!

占いで独立開業する通信講座の詳細はこちら!
↓↓↓

【もうすぐ受付終了】
次はこれを読んでみよう♪