タロットリーディングのコツやヒント

タロット占いで「同じこと」を何度も占うのはなぜだめなのか?

タロット占いって、どうして「同じこと」を何度も占っちゃダメなの?
って質問をいただいたので、今日はこれに回答しますね😊

なぜタロット占いでは、「同じこと」を何度も占うのはダメなのか?

究極的に言ってしまえば、
これは別に、「絶対にしちゃダメ」ってわけではないです。
だって実際のところ、タロット占いで同じことを何度も占ったからといって、別に逮捕されたりしないですよね?
あるいは、タロット占いで同じことを何度も占ったから天罰が当たって死んだ人なんて、聞いたことないですよね?

だからそういう意味では、「同じことを何度も占ってもダメではない」です。

ただし、、、
これって例えるなら、「おみくじで大吉が出るまで引き続ける」のと同じです。
そう考えると、ちょっと「正常な心理状態ではない」とはいえるはずです。

想像してみてください。

あなたは神社に行きました。
おみくじを引きました。
中吉でした。
納得できません。

もう一度引きました。
末吉でした。
納得できません。

もう一度引きました。
凶でした。
絶対に納得できません。

大吉でした。
あなたは喜んで満足して、そこで引くのをやめました。

もしあなたの友人がこんなことしてたら、
「そんな大吉になんの意味があるねーん😳!!!!!」
「いろいろと、だいじょうぶかよー😳!!!!!」
って思いません?

つまりこれって、べつに「占い的な問題」ではなく、現実の問題なんです。
同じことを何度も占うことが、占い的に正しいか間違っているかなんてのは、究極的には決まっていません。そんなことは人それぞれの解釈にすぎません。
しかし現実的に考えたときは、明らかに「正常ではない」と言える。
これはそういう問題なのです。

何度も同じことを占いたくなるときは、現実逃避したい意思があるとき

こういう行動をしてしまうときは、たいてい「現実逃避したい意思があるとき」です。

まず大前提として、人間が悩みごとから解放されるためには、
ありのままの現実を見て
ありのままの現実を直視して
そのうえで、「ではどうするか?」を考えること

が必要です。

例えば、「好きな人からラインがぜんぜん返ってこない」というなら、ここから前進するためには、
まず、「彼は私に気がないんやな」という現実を直視し
そのうえで、ではこれからどのようにアクションすれば、今の流れを変えることができるか?を考える

といった手順が必要です。

ところが人間は気持ちが弱ってたり、メンタルが落ち込んでたりすると、こういうところから逃げたくなってしまうときがあります。
するとそういうときは、「とにかく大丈夫だよと誰かに言われたい、示されたい、嘘偽りでもいいから大丈夫って言葉だけを受け取りたいし、それ以外は受け取る気がない」という心理状態になります。
だから、大吉が出るまでおみくじを引きたくなる。
だから、タロット占いで何度も同じことを聞きたくなってしまうわけですね😂

こういうときは、いったん「冷静な自分をとりもどすためのアクション」が必要です。
まず、今のあなたは「傷ついてるんだ」と認めましょう。
そのまま自分で癒せるならそれでオッケーです。
どうしても自分一人では癒せないなら、人に話しましょう😊
あなたの辛さや悔しさや悲しさを受け止めてくれる誰かと、対話をしましょう。

こういう手順を踏んでいけば、少しずつ心を落ち着けていけるはずですよ😊✨

何処かの誰かの参考になれば幸いです!

この記事が役にたったら
SNSでシェアしてもらえると
嬉しいです☺️
【無料】で学べる
占いで独立開業する方法📖

・占いでお金を稼ぐにはどうすればいいか?
・僕が「未経験」からどうやって占い師になったか?
・占い師向けブログ集客の方法
・組織に縛られず自由に生きるための考え方
…などを
以下のメール講座で無料公開しています♪

詳しくは下記のボタンをクリックしてみてください。

【無料メール講座】の
ご案内はこちら

関連しそうな記事