スポンサードリンク
占い師になりたい【なってから】

占い師になりたいなら、占いそのものではなく「占いを表現する力」を磨こう!

こんにちわ!
渋谷のタロット占い屋、中川龍です!

ただタロットが読めるだけでは、「タロット占い師」にはなれません。
タロット占い師になるためには、タロットから浮かんできたインスピレーションを「いい感じに伝える表現力」が必要です。

例えば先日、「占い個人レッスン」の生徒さんから、こんな質問をもらいました。

タロットを優しく表現する技法

相談者
中川先生!
先日、練習のため友人を占ったんです。
そのときの自分のリーディングがピンとこなかったので、どうすればよかったか一緒に考えてもらっていいですか😂

中川龍
ほいほーい!
まず、どういう相談をもらい、それをどのように占ったのですか?

相談者
自営業の友達に、
「仕事ついて何か助言がほしい」といわれたので、
私はこれを3枚引きで占ってみることにしました。

中川龍
ふむふむ
どの結果どんなカードが出て、それを見てどんな解釈が浮かび、そしてどのように伝えましたか?

相談者

  • ワンドのキング逆位置
  • ソードのキング
  • カップのキング

という3枚が出ました。

これを見て私の心には、以下のような連想が浮かびました。

  • 王様が3枚出ている
  • 王様はポジティブに解釈すると便りがいがあることを示すけど、ネガティブに解釈すると支配的で高圧的という意味になる
  • 今回、ワンドのキングは逆位置で出ているので、今の相談者は人に対して支配的になりすぎている、傲慢な物言いをしすぎている、高圧的になりすぎているのかもしれない。

だから、相談者さんにはこう伝えました。
「あなたへの仕事への助言は、傲慢になりすぎないよう注意することです」
「人の気持ちを無視したり、自分勝手に振る舞うことが増えていませんか?もう少し他者と調和することも忘れないようにしましょう」

中川龍
理解しました。
このリーディングに関して、ご自身では「どこが改善できる」と思いますか?

相談者
うーん、わからないです、、、
ただ、これだと何かがいまいちなことはわかるのですが、、、

中川龍
おっけーです!
では僕の見解を伝えます。

まず、このリーディングの問題点は「説教くさいこと」です。笑
あなたが今回引いたカードは3枚です。
しかしこのうち、あなたが実際に読んでいるのは1枚だけです。
しかもそれが「欠点を指摘する内容のものだけ」になっています。
ここが、この説教臭さをうむ原因になってしまっています。

では、どうすればいいか。
簡単です。
欠点を指摘する前に、肯定できる要素も提示することです。

例えば今回のカード並びでしたら、僕なら以下のように読みます。

全体
3枚の王が出ています。
最近あなたは、チームリーダーかなにかになりましたか?
それとも起業でも考えている?
とにかく今のあなたは、「王の資質」が問われているフェーズにあるようです。

カップキング。
あなたの中には、寛大で、慈悲深く、とても暖かい王がいます。
あなたがそういう自分を発揮していくことができれば、あなたは多くの人に慕われるでしょう。
あなたのその優しさに、多くの人が救われ、感謝するでしょう。

ソードキング
しかしあなたの中には、高度な頭脳と戦略性をもち、情に流されず、はっきりと決断する自分もいます。
あなたがそういう自分を発揮していくことができれば、あなたは、どんな困難や課題に出会ってもそれを打ちはらうことができるでしょう。
あなたのその強さに、多くの人が敬意を抱き、あなたを信頼するでしょう。

ワンドのキング逆位置
しかしあなたの中には、ちょっと感情的な自分もいるようです。
あなたは、普段はとても優しく、冷静なのですが、時折「短気」を起こし、癇癪をおこし、人に対して高圧的になりすぎてしまう自分がいたりしないでしょうか。
もし思い当たるところがあるなら、そういう自分をどのように使いこなしていくかが、未来を決定する鍵になるかもしれません。

以上3枚を総合すると、
タロットから「あなたの仕事への助言」は

「優しい王の自分」と、「賢い王の自分」、この二つを伸ばしていきましょー!
その逆に「短気な王の自分」には要注意!

…になります。笑
これらの要素に気をつけて、ぜひとも素晴らしい王になってください😊

以上、どうでしょう!
この伝え方だったら、説教くさくないし、むしろ応援してる感がめっちゃ出てるし、なんかこう「いかにも占い師っぽい感じ」がしませんか?笑

相談者
おおおおおおおお!!!!!





そうかそうか、そういう風に伝えればよかったんですね!!!!!
確かにその伝え方だったら、めっちゃ応援してくれてる感じがします!!!!!!!
すごい参考になりました😳!!!!!

中川龍
わーいよかったー!

よい伝え方の基本型は、「肯定」「否定」「肯定」の順

中川龍
基本的な考え方として、いつでも「肯定」→「否定」という順番で情報を出すようにしてみてください。
人間はどんな人でも、「まず肯定されること」で初めて、「否定的な情報を受け取る心構え」が整います。
だから、この順番で話をすすめていくことが重要なのです。

今回のあなたは、「まず否定」「そこで終わり」という伝え方をしていました。
だから、「説教くさいリーディング」になっちゃったわけです。

ぜひこれからは、「まず肯定」「次に否定」「最後はまた肯定でしめる」という流れを意識してみてください。
それだけで、どんどん「いい感じのセッション」ができるようになりますよ!

相談者
うあおああああああ!
なるほど!
とても勉強になります!
これってタロット占いに限らず、親子関係とか、仕事でも応用できそうですね😳

中川龍
おっしゃる通りです!
この伝え方は全てに応用できる普遍的な法則なので、ぜひ覚えておきましょう😊

相談者
ありがとうございますー!

中川龍
ふぁいとー!

おしまいです!
どこかの誰かの参考になれば幸いです🐻✨
タロットの実践スキルを磨きたい人は、以下からお申し込みお待ちしています♪

【無料】タロットも人生も学べる!中川龍公式メルマガ!

中川龍・公式メルマガでは、「タロット占い」や「人生のヒント」などについて、日々情報を配信しています🐻✨
一度配信した内容は二度と再送しないので、気になってる方はぜひご登録お待ちしてます♪

以下のフォームにメールアドレスを入力して登録ボタンを押すだけ!簡単!


関連しそうな記事
占い師になりたい【なってから】

「みんなと違う方向に進むのって怖くないですか?」「逆ですね。僕はみんなと同じとき不安になり、みんなと違うときに安心します😊」

2018年10月27日
タロット占い教室&個人レッスン・東京渋谷「中川龍のブログ」
こんにちわ! 渋谷のタロット占い屋、中川龍です😊 今日は、「占いの集客レッスン」の相談者さんと、こんな雑談をしました&# …