占い師になりたい【なるまで】

成長したいならハッタリをかましなさい

こんにちわ!
渋谷のタロット占い屋、中川龍です🐻

僕は人生全体で、わりと「ハッタリ」をかますことが多いです。

例えば、タロット占いを始めたときの僕は、まだタロットの本を読んで数日とかのレベルでした。
だから、意味がよくわからないカードもたくさんあるし、小アルカナなんてさっぱりカードばっかりだし、スプレッドはヘキサグラムしか使えないし、心理学とかの知識もほぼないので悩み事にどう返すといいのかも何もわからない、そんな状態でした。
でも当時の僕は、それを「まだできない」とは認識しませんでした。
当時の僕は、少なくとも「タロットの本は読んでいる」のですから、「タロットの本を一度も読んだことがない人」に比べたら、「タロットができる」と宣言しても嘘ではないはずです。

だから僕は、まだ未熟なところもたくさんあったけど、いったん「僕はタロット占いができます!お仕事ください!」と宣言しました。
そして占い師としてスタートしました。
それでやってみたら、意外とみんなに好評でした。
だから、「なんだこれでいいんだ」と思いました。

しかしやっているうちに思わぬ壁にぶつかることもあります。
時には、「相談内容が自分にとって未知すぎて、どう回答していいかわからない」となることもたくさんありました。
でも当時の僕はすでに「できます!」と宣言していたので、その程度のことで諦めるわけにもいきません。
「タロットができる」を貫く必要があります。
だから当時の僕は、必死に学びました。
どう回答していいかわからないことを、「こんなふうに回答すればいいんだ」とわかる状態にするために、セッション中にこっそりGoogle検索をかけて他人のコラムを読んだり、あるいは心理学系の本(電子書籍)をパソコンの中にインストールしておいてそれをこっそり読んだりして、そこからヒントをもらいながら、なんとかかんとかやりくりしていました。
そんな日々を続けていたら、気づいたら「どんな相談でも答えられる自分」になっていました。

今の僕は、「タロット占いを教える側の仕事」もするようになりました。
そこで初心者さんの多くを見ていると、伸びる人と、伸びづらい人には、明確な差があることに気付きます。
伸びる人は僕と同じで、「ちょっとでもできるなら、それはできるだ」と認識します。
だから他人に対してどんどん「私はタロットができます!」と宣言する。
宣言してしまったからもう後には引けず、死に物狂いで学ぶ。
だからどんどん本当にできるようになっていく。

なかなか伸びづらい人はこの逆です。
彼らは、「完璧にできる自分になってからでなければ、できるなんて言ってはいけない」と思い込んでいます。
だから他人に対していつも「私はまだ未熟なので😢」「まだ自信がないので😢」と宣言してしまいます。
そのように宣言すれば、当然まわりからも「そうか、できないんだね」と認識されるため、期待されません。
期待されなければ責任が発生しません。
すると、いい意味でのプレッシャーを得ることができません。
するとこういう人は、どれだけタロット講座に通ってもどれだけタロットの本を買っても、なんとなく漫然と学んでしまいます。
伸びる人が「死に物狂い」で学んでいるとき、伸びない人は自分なりにがんばって学んでいるつもりではあるものの、どこか「なんとなく」で学んでいることが多いです。

ようするに僕が言いたいことは
伸びる人は自分に対して「成長せざるをえない状況」を与えていることが多く、
伸びない人は、「自分が成長しなかったとしても問題ない状況」を自分で作っているので、そのぬるま湯に浸かってしまい、抜け出せなくなっている人が多いということです。

僕はこのブログでよく、「タロットができるようになりたいなら、とにかくまずはどんどん行動しなさい」「自信なんかなくてもいいからどんどん人を占いなさい」と言っていますが、それはこういうことをみんなに知ってもらいたいからなんです。

「今の自分にぴったりなものだけ」を自分のまわりに置いていると、人はそのぬるま湯の中からいつまでも抜け出すことができません。
自分のまわりに、「今の自分にはすこしだけ敷居が高いもの」を、勇気を出して、あえて獲得しにいってみましょう。
そうすることで、得られる成長もあるのです。

背伸びして視野をひろげているうち、背が伸びてしまうこともあり得る。
それが人生の面白さである。

by城山三郎

アイディアなんかええねん
別に無くてもええねん
ハッタリだけでええねん
背伸びしたってええねん
カッときたってええねん
終わりよければええねん
それでええねん
それでええねん

by「ええねん」ウルフルズ

このように考えていくと
「できる」とは

「状態を説明する言葉」なのではなく、

「自分がどう生きるかという意思を表明する言葉」
「あなたが誰に何を約束することを示す言葉」
なのではないでしょうか。
よろしければ、あなたも考えてみてください。

どこかの誰かの参考になれば幸いです😊✨

この記事が役にたったら
SNSでシェアしてもらえると
嬉しいです☺️
【無料】で学べる
占いで独立開業する方法📖

・占いでお金を稼ぐにはどうすればいいか?
・僕が「未経験」からどうやって占い師になったか?
・占い師向けブログ集客の方法
・組織に縛られず自由に生きるための考え方
…などを
以下のメール講座で無料公開しています♪

詳しくは下記のボタンをクリックしてみてください。

【無料メール講座】の
ご案内はこちら

関連しそうな記事