占い師になりたい【なってから】

【占いで稼げない人必見!】占い師さんがweb集客したいなら、やらないほうがいいことまとめ

こんにちわ!
中川龍です!
今日は、「占い師さんがweb集客したいなら、やらないほうがいいこと」についてまとめてみますね。

占い師さんがweb集客したいなら、やらないほうがいいこと

占い師さんの多くは、web集客に関する基礎的な知識が足りていなすぎて、「なんの意味もないこと」をしている人がとても多いです!
このページではそれについてまとめるので、ぜひあなたのweb集客に役立ててください☺️

占い依頼の受付ページ編

☆を@に変えてね

占い師さんは、以下のような感じで占い依頼を受付している人が多いですが…

「占い依頼はこちらにメールをください!→aaa⭐︎gmail.com」
「⭐︎を@に変えてね!」

これは意味ないです!
なぜなら、まず単純に、星を@に変えるのはお客様にとって手間なので、それだけで占い依頼をもらえる率は圧倒的に下がるはずです!
おそらく、100人中10人が依頼をくれるような立派なブログを作っていたとしても、このやり方にしていたら一気に100人中0.1人くらいまで下がるはずです!

またそもそも、「☆を@に変えてね」というのは、2000年代初頭くらいに、インターネット上にさらされているメールアドレスを自動収集してそこに迷惑メールを送りつけるようなbotが流行した時期に、これを回避するために生まれた手法です。
しかし現代は、昔に比べてスパムメールのフィルタリング機能がめちゃくちゃ高くなっているので、現代においてこれをやる意味はありません。
少なくとも僕は5年以上、Gmailをさらしていますが、迷惑メールなんて一度も来たことないです。

30分コース60分コース90分コースみたいな特に意味のないコース分類

よく、こんなふうにメニューを分けている人がいます。

  • 30分コース(まずはお試し!)
  • 60分コース(じっくりと!)
  • 90分コース(様々な角度から自分と向き合いたいあなたへ!)

これはお客様からすると、「どのコースにしようか迷う理由」になります。
すると、せっかく「依頼しよう」と思ってもらえたとしても、「どのコースで申し込もう?」と、一瞬でも考える時間を与えます。
するとその間に、電話がきちゃったり、子供が泣き出したり、見ようと思ってたテレビ番組が始まっちゃったりするかもしれません。
そしてそのまま、「依頼しようと思ってたことを忘れられてしまう可能性」を作ります。
ですので、とくに理由がないなら、複数コースはやめたほうがいいです。
コースはなるべく単一にしましょう。
そのほうが、お客様が迷いません。

占い依頼の受付に、申し込みフォームの採用

占い依頼の受付に申し込みフォームを使うことはあまり推奨しません。
なぜなら、「入力ミス」が発生する可能性があります。
そのためせっかく依頼をしようと思ったお客様を、入力ミスによってとりこぼす可能性があります。
また、占い依頼受付ページからさらに「1クリック」が必要になるため、そこで離脱される可能性も生みます。
webサイト運用の基本的な考え方として、「クリックが必要な回数が1回増えればそこで離脱する人が50%はいるもの」です。
すると、とくに必要がないのであれば、できれば「申し込みに至るまでのクリック数」は少なくするにこしたことはないのです。

Wixなどの別サイトに誘導

wixなどでホームページを作成し、ブログなどからそちらにリンクを張っている人がいますが、これはやめたほうがいいです。
なぜなら、計測できないからです。
webサイト運用の基本は、「ブログ全体のアクセス数のうち、何人が占い依頼の受付ページまで進んでくれたか」「占い依頼の受付ページまで進んでくれた人のうち何人が実際に占い依頼をくれたか」などを計測し、それが低いところに修正を加えていくのがベーシックなやりかたなのですが、こんなふうにブログとホームページを分けてしまうと、その計測がとても難しくなります😂

プロフィール編

プロフィールで、「誠意を込めてあなたのお話を聞きます!」という表現

これって、当たり前のことすぎて、わざわざ書くまでもないことなんですよね。
八百屋さんが「野菜売ってます!」といってるようなもの!

プロフィールで、鑑定年数を盛る

プロフィールで「鑑定歴30年」みたいなこと書いてる人がいますが、これが本当ならいいんですが、嘘でそんなふうに盛ってるだけならやめたほうがいいです。
そういうのって、雰囲気でばれます。
すると「むしろ鑑定歴30年でその感じなの?」ってなっちゃう可能性が高いです。

プロフィールで、霊感ないくせに霊感あるふり

霊感ないくせに、プロフィールで「霊感あります!」と書いてる人がたまにいますが、それやってて辛くないかー!!!!
楽しくなくないかー!!!!
そういうのって雰囲気でバレるよー!!!!!

プロフィールで、しょうもない資格もってるアピール

プロフィールで「日本なんたら心理協会カウンセラー資格」「にほんなんたらタロット協会タロットリーダー資格」みたいなのをのせてる人は多いですが、こういう民間資格って、別に法的根拠があるわけじゃないので、これがあるからってとくに信頼性は上がらないですし、むしろわかる人は「あーなんだ、しょうもない資格商法に引っかかってる人かー」ってわかると思います。

ブログにアクセスを呼び込む方法編

にほんブログ村への登録

占い師さんはにほんブログ村に登録している人も多いですね。
これも、まったく意味がありません。

そもそも、にほんブログ村というのは、世の中にまだGoogleもTwitterもそこまで流行していなかった時代に作られたポータルサイトです。
あの当時は、自分のブログに人を集めようと思ったら、こういうポータルサイトに登録して、そこから人を集めるしか手法がありませんでした。
でも現代は違います。
現代はGoogleTwitterfacebookInstagramなど、より効率的に人を集めることができるソリューションはめちゃくちゃ増えています。

すると、お客様の行動も変わってきます。
昔は、お客様側も「まだ知らない新しいサイトを見つけたい」と思ったら、そういうポータルサイトであっちこっち見て回るしか方法がありませんでした。
しかし2019年現在、そういうポータルサイトをあっちこっち回遊して「自分がまだ知らない新しいサイトを探している人」なんていますか?
いないですよね。
ってことは、にほんブログ村から集めることができているアクセスって、どういうアクセスだと思いますか?
そう、同じくにほんブログ村に登録している他のブロガーさんです。笑
ようするに、「顧客」ではないのです。
だからあそこに登録しても、お客様を集めることはできないのです。

発信する内容編

今日の1枚🔮

今日の1枚をやってる人はとても多いですが、これも意味がないです。

なぜこれを辞めたほうがいいか。
その答えは簡単で、今日の運勢を読んだところで、お客様にとって「あなたのセッションを受けたいと思える理由」にならないからです。
例えば僕の場合は、僕はたまに「タロット鑑定例」など、お客様と実際にどんなやり取りをしているかみたいなことを伝える記事を書きますが、これはこういうことを書けば、お客様にとって「こういうセッションが受けられるんだー!」とイメージを湧かせてもらえる理由になりますので、するとそこから購入してもらえる可能性を高めことができます。
しかし、「今日の運勢」では、そういうイメージを喚起することができません。
よっぽど特徴的な言い回しをしているとか、何かそれ自体が一つの芸風として確立されているレベルだというなら話は別ですが、おそらく多くの人は、ただ漫然と、毒にも薬にもならないような、なんとなくな助言をチラリと書いてるだけですよね。
それだったら、とくにやる意味はないです。

もう一つあげると、本来、ブログ集客の基本は、「Google検索にひっかかりそうなテーマで記事を書くこと」「それによって日本中からなんらかの悩みを解決したい人を集めること」です。
しかしこういう今日の1枚系記事では、その効果をうむことができません。
冷静に考えてみてほしいのですが、Googleで「今日の1枚はなんだろう?」って検索する人なんているでしょうか?いませんよね。そしたら、意味ないですよね。

今日の星の動き✨

理由は、今日の1枚と同じです。

彼はあなたのことをどう思ってる?ABCから選んでね👼

こういうのをやってる占い師さんも多いですが、これも意味がありません。
理由は、「お客様にとって、あなたの占いを受けたい理由」にならないからです。
そもそも、なんで世の中全ての人達が、「ABCというたった3種類だけに分類できるのか」って気もしますね。

愚痴をつぶやく

ツイッターやブログなどで、何かに対する愚痴をぼやいている占い師さんはとても多いですが、、、
普通に考えて、「毎日店主の愚痴しかつぶやいてないラーメン屋のアカウント」とかあったら、どう思います?
そういうお店、わざわざ食べに行きたいって思います?
そういうことです。

お客様の悪口

これは論外ですね、、、笑
毎日お客様の文句しか言ってないラーメン屋のアカウントとかあったら、行きたくないですよね、、、笑

企画やイベント編

無料占い

無料占いは、集客にはなんの役にも立ちません。
なぜなら、無料占いでくるお客様は、基本的な姿勢として「まったくお金を支払うつもりがない人」が多いので、そういう人をどれだけ集めても、彼らは意地でもお金を支払ってくださらないんです。笑
こういう人は、払ってもせいぜい3000円くらい。
かなり低単価なことが多いです。
そういう人たちをどれだけ集めたところで、あなたのセッションはなかなか売れないでしょう。

実際にやってみるとわかりますが、「無料占いでくる人」と「1万円の占いセッションを購入してくれる人」って、まったく別の人種です。
なんというか、もう根本的に人のジャンルが違うんです。
だから、無料占いでどれだけ人を集めても有料のセッションはなかなか売れませんし、その逆に有料のセッションを購入してくださるような人は無料占いなんかしなくても最初から購入してくれることが多いので、そういう意味でも無料占いは必要ないと思います。

占いイベントへの出店

稼げない占い師さんは、「●●フェス」みたいな占いイベントに出店して、そこで地道に名刺を配っていればいつか集客できるようになるはずと考えている方が多いです。
しかしこれは、そもそも根本的にズレています。
なぜなら、イベントに出店したとして、1日に占う人数は何人でしょうか?
多ければ50人くらい?
少なければ20人くらい?
では仮に35人と仮定します。
ここで35人に名刺を配ったとして、そこからあなたのことを気に入って、後々きてくれる人はどれくらいでしょうか?
その人がどれだけすごい占い師だったとしても、10%を超えることはないはずです。
35人の10%は、3.5人です。
たったそれだけです。

仮にのちのち依頼をくれたとしても、イベントなどは大抵、10分1000円などの低価格販売が主流です。
では、個人セッション依頼をもらったときも10分1000円で占いをするのでしょうか?
1000円のために、わざわざスケジュールを確保するの?
ちょっと現実的ではないですよね。
じゃあ、個人セッションの時だけは、もう少しだけ価格をあげますか?
30分3000円とか?
ではこの価格で月30万円の売上を出すには、どれくらいのお客様が必要でしょうか?
30万円➗3000円=100人ですね。
でもあなたのファンのうち、全ての人が毎月占い依頼をくださるわけじゃありませんよね。
月々の売上というのは、基本的にすでに抱えている見込み客のうち1〜2%によって発生するものです。
ということは、毎月100人のお客様から依頼をいただくためには、見込み客が3万人必要だということになります。
では、一回のイベント出店で3.5人のお客様をゲットできたとして、3万人の見込み客を獲得できるまで、何回出店する必要があるでしょうか?

こんな風に考えていくと、そもそも「イベント出店」というのは、根本的に「集客するために役立つ場所」ではないのです。
あれは本当に、ただの遊びの場にすぎないんです。

チラシを配る

集客できない占い師さんのなかには「webは苦手だ!だったらアナログでいこう!」みたいなことを考えて、チラシを作って配ろうとする人がいます。
しかしチラシというのは、通常「反応率」が0.1%程度です。
つまり1000枚くばって1人から反応をもらえるくらいのイメージだということです。
ということは、もしあなたが月30件の集客をしたいのであれば、30000枚のチラシを配らなければいけないということになります。
あなたは、30000枚ものチラシを作れますか?
作れたとして、「それを配り切るだけの場所やルート」を持っているんですか?
ちなみにこれを1年続けるには30000×12で36万枚のチラシを配り切らないといけないんですが、そこまで実現できるほどのルートですか?

月30000枚なんて、知り合いのお店に置いてもらう程度では、まったく足りないでしょう。
さらに自分でもポスティングしますか?
だったらブログ書いたほうがよっぽど効率よくないですか?
こんなふうに考えていくと、チラシ配りというのは、とても効率が悪く、少なくとも個人占い師がわざわざ手を出すような手法ではないことは明白なんです。

おわりに

いかがでしたでしょうか!
これらが「意味がない」と知らないで、やっちゃってる人はけっこう多かったんじゃないでしょうか?

集客に限らずなんでもそうですが、ものごとをスムーズに進展させていくコツは、きちんとそれについて学び、「何が意味がある行動で、何が意味がない行動なのかをしっかり判別できる自分になること」です。
そのために、学び続けることです。

学ぶことはめんどくさく感じるかもしれませんが、でも一度学んでしまえば、それ以後は無駄な努力をしないで済むので、結果的にはこちらのほうが楽なんですよ☺️
逆に学ぶことから逃げて闇雲にやってても、こちらは無駄な努力を繰り返してしまうことになるので、結果的にはこちらのほうがしんどいのです。
どこかの誰かの参考になれば幸いです!

もっともっと集客について学びたい人はこちら!

おしまい!
読んでくれてどうもありがとう!

関連しそうな記事