占い師になりたい【なるまで】

「タロット占いをする時、カードから広げられるボキャブラリー?言葉の引き出し?みたいなのが少ないのですがどうすれば…」に回答しました!【結論】→ボキャブラリーを増やす努力も大事だけど、すでにあるものを活かす努力もするといいですよ😊

こんにちわ!
中川龍です!
今日は「タロットリーディングのヒント」をお届けします😊

先日、僕の通信講座を受講中の生徒さんから、こんな質問をもらいました。

「タロット占いをするとき、1枚のカードから広げることができるボキャブラリー?言葉の引き出し?みたいなのが、私は少ない気がしているのですが、これを増やす方法って何かないでしょうか…」

これは鋭い質問ですねー!
そうそう、実は優れたタロット占い師さんの多くは、タロットそのものに対する知識が広いわけじゃなくて、「キーワードなどを現在の相談内容などに置き換えるボキャブラリーの豊富さ」が優れている場合が多いんですよね。
だからボキャブラリーを増やすことは、とっても大事です。

というわけで本日は、この時の「僕の回答」をご紹介します。
彼女のように「自分の言葉の引き出しをもっと増やしたい」と思ってる人はぜひ参考にしてみてください!

回答「ボキャブラリーを増やす努力と、すでにあるボキャブラリーをもっと活用する努力の二つをしましょう!」

というわけで早速回答です!
このとき僕はこんな回答をしました!

こんにちわ!
質問ありがとうございます😊

まず提示された質問にのみ回答すると、「ボキャブラリーを増やしたいだけ」であれば、これは単純なインプット量の問題なので、地道に読書をするしかありません笑
というわけで、今の習慣に読書をとりいれましょうか!

まずは週に1冊とかでもいいです。
今の自分でもすぐできる範囲から少しずつ初めていきましょう。

また読む内容は、小説でもビジネス書でも自己啓発書でもなんでもいいです。
とにかくたくさんの「言葉」に出会えば、自然とボキャブラリーは増えていきます!
というわけで、どんどん本を読みましょう!

…ってのがひとまず質問に対する回答ですが、でも同時に「すでにあるボキャブラリーをもっと活用する方法」も考えてみることをおすすめします!
今のあなたは「私はボキャブラリーが少ない」「だから増やす必要がある」と認識していますが、でもそれは本当に事実なのでしょうか?
もしかしたらあなたは自分でも気付いていないだけで、実はもっとたくさんのボキャブラリーを持っているかもしれませんよ。

実はこういうのって、「自分にとって語りやすいテーマ」に置き換えて語るようにすれば、誰でも自然と言葉は出てくるものなんですよ。

僕は、タロット占いをするときに「アニメからエピソードの引用」をしたりします。
例えばこんな感じ。

「未来に愚者が出ました。もしかしたら未来のあなたは、『誰もが不可能と笑うような何か』に挑戦するのかもしれませんね。ナルトという漫画を知ってますか?これの主人公の渦巻ナルトは『俺は火影になる(忍者のリーダーみたいなもの)』といってました。最初のころ、ほとんどの人達が『お前なんかになれるわけがない』と馬鹿にしていました。でも彼は真摯に努力し、仲間を増やし続けていきました。そんなナルトを見て、少しずつ周りの人々が『こいつは本当に火影になるかもしれない』と信じるようになりました。だからさらにどんどん仲間が増えていきました。その結果、ナルトは本当に火影になってしまいました。もしかしたら未来のあなたもこんな人生を歩んでいるのかもしれませんよ」

なぜ僕がこれをしてるかというと、これが僕にとって語りやすい分野だからです。
僕はアニメ以外にも、三国志・第二次世界大戦・ボードゲーム・ハリウッド映画・ビジネス書・心理学・自己啓発書など、かなりいろんなジャンルから無節操にエピソードを引っ張り出してきて、それをタロットリーディングに活用することが多いですが、それは僕がこういうジャンルが好きなので、この軸で語れば無限に言葉が出てくるからです。

これと同じことを応用して考えてみてください。
例えば、もしあなたがピアノが好きなら、自分のピアノ学習時のエピソードを引用するといいかもしれません。
あるいは歴史上の偉大な音楽家やピアニストのエピソードなども引用できるかもしれません。

料理が好きなら料理におきかえて語る。
育児が好きなら育児に。
アクセ作りが好きならアクセ作りに。
プログラミングが好きならプログラミングに。
将棋が好きなら将棋に。
アイドルが好きならアイドルに。
宝塚が好きなら宝塚に。
お金が好きならお金に。

とにかくなんでもいいので、あなたが好きで好きで仕方なくて「これについて語り出したらわりと止まらない」という何かに置き換えて、タロットを語ってみてほしいのです。
「自分の得意な戦場」に引き込んでほしいのです。
そうすれば、そんなにがんばってボキャブラリーを増やそうとしなくても、自然と語れることが増えていくはずですよ♪

柔道の経験がない人でも、空手の心得があるならその時の経験を活かせば「ひとまず足払いだけ」ならけっこういい感じにできることが多いです。(足払いは動きがキックに近いので)
これと同じように、自分にとってアウェーの場所で闘うときは、まずは「今の自分でもすぐに活用できる武器」を探すことが大事です。
よろしければ考えてみてください!





 
…以上、僕の回答でした😊
その後、その生徒さんからこんなお返事をもらいました🐻✨
 

今このブログを読んでいる方の中にも、「タロットから語れることをもっと増やしたい」と思ってる人はけっこう多いかと思います。
そういう人はぜひ参考にしてみてください🐻✨

おしまい!
読んでくれてどうもありがとう!

占いでお金を稼ぐ方法がわかる😊✨

「占いを仕事にしたい」
「占いでお小遣い稼ぎをしたい」
「個人で集客する方法を知りたい」

そんな方向けの
無料メール講座やってます✉️✨
詳しくは以下をクリック♪🙆‍♂️

【無料メール講座】の
ご案内はこちら

関連しそうな記事
占い師になりたい【なるまで】

「タロットとオラクルカード、初心者はどっちを選ぶべき?」に回答しました!【結論】自分の感性に聞きましょう!てかどっちを買ってもどうせ1年後には両方もってますよ😇✨笑

2019年10月29日
占いと占い師の集客方法を語るブログ「中川龍のブログ」
こんにちわ! 中川龍です! 今日も「占いで独立開業するヒント」をお届けしますね😊 先日あるメルマガ読者の方から、  …