タロットカードの意味・大アルカナ

タロット0【愚者】のキーワード、意味、解釈ポイント、リーディング例

愚者の絵柄

ウェイト版

マルセイユ版

トートタロット

Hermitic Tarot

「愚者」の近年主流の解釈

基本的なキーワード

ポジティブな意味

自由、型にはまらない、無邪気、純粋、天真爛漫、可能性、発想力、天才。

ネガティブな意味

軽率、わがまま、落ちこぼれ、不注意、無謀、思慮不足

恋愛での読み方

ポジティブな意味で読むなら

・思い切ったアクションでうまくいく
・束縛などがなく、自由でのびのびした恋
・周囲を気にせず二人の気持ちを大事にする。
・世間体より、本心を大切にする。
・自然な自分でいられる
・なんとなく気が合う
・二人で新しいことに挑戦する

ネガティブな意味で読むなら

・思い切って空回る。
・最低限のルールすらないむちゃくちゃな関係
・あそびの付き合い
・遊び人
・移り気
・飽きっぽい
・すぐ次にいく
・世間的に認められ難い恋

仕事での読み方

ポジティブな意味で読むなら

・前例がないことに挑戦する
・ファーストペンギンになる。
・異分野に飛び出す
・自由業
・フリーランス
・人にどう思われようとやりたいことをやる

ネガティブな意味で読むなら

・理想や夢ばかりで、計画と具体性がない
・夢に向かっているつもり(実際はダラダラと過ごしているだけ)
・地に足がつかない
・社会的に認められ難い仕事

人生全般の解釈例

ポジティブな意味で読むなら

・冒険の始まり
・新しい道への出発
・何か新しいことを始める。
・未知の世界へと進む
・大胆な行動をとる。
・人に笑われようと気にせず、自分の信じる道を進む。
・リスクより可能性を信じる。
・人目を気にしない。
・開放された感覚
・他人にどう思われるかより、自分がどうしたいかで進む。
・本心に従って進む。
・自分自身に正直になる。
・先のことなど考えず今を生きる。
・思いつきで行動する
・流れに身を任せる
・心配と恐れからの開放
・自分は「守られ愛されている」という感覚で進む

ネガティブな意味で読むなら

・無計画
・いきあたりばったり
・衝動的
・むちゃくちゃ
・熱狂者

タロット愚者、歴史上のレジェンドの解釈

黄金の夜明け団の解釈

・サブタイトル
エーテルの精霊
(エーテルとは天界を構成する物質)

・対応
エレメント→風
天体→天王星(変革の星)
ヘブライ文字→Alef アレフ

観念、思想、霊性、物質的なるものを超越しようとする(すなわち、もし質問の主題が霊的なものであればの話である)。しかし占術が通常の日常茶飯事に関するものであれば、このカードは良い意味を持たず、よほどいいカードがそばにないかぎり、愚挙、間抜け、奇矯、偏執狂すら示す。このカードはあまりにも観念的で不安定なので、物質的事物に於いては良い意味を持たない。
by黄金の夜明け魔術全書

アーサーEウェイトの解釈

正位置
→愚行、偏執狂、極端、酔っ払い、アルコール中毒、熱狂、暴露

逆位置
→無知、不在、分配、不注意、無感覚、無効、虚栄
byタロット図解

イーデングレイの解釈

正位置
→愚者は全ての想像的な行為の始まりと、途方もない目的を果たそうと言う意欲を表す。冒険にまつわるつべての喜びと可能性がある。私たち各人は、人生で多くの選択を迫られる。新たな選択の機会があなたの目の前にある。ーー抜かりなく選ぼう。

逆位置
→選択は誤りで、それは無分別な行動へ向かわせそうだ。恐れが新しい機会を受け入れるのをためらわせるだろう。愚行と軽率さを意味する。
by自在タロット

愚者のコラム

1:なぜ愚者が「自由」と「革新」を意味するのか?

見るからに能天気そうな若者が、みすぼらしい衣装を着ながらも人目を気にしていないかのように、楽しそうに、旅立っている構図が描かれています!
このカードは「絵柄のイメージ」と、「キーワードのイメージ」が一致しているので、どなたでもわりと読みやすいカードだと思います!

このカードはウェイト版タロットの原型にあった「黄金の夜明け団のタロット」では、「占星術の冥王星の記号」と「錬金術の風のエレメンタルの記号」が描かれています。
これは、冥王星が発見されたのが1930年だったため、それより以前は「風のエレメンタルをもつカード」とされていたのですが、発見されて以後は「冥王星に属するカード」とされるようになったためです。
占星術で冥王星は、「破壊と再生」「ものごとの根底を覆してしまう力」などを意味すると言われています。
「風のエレメンタル」は、常に動いていて止まることがない存在を象徴しています!
性質としては地と真逆。
地は一つのところに固まっていたいけど、風は常に流動していたい!
自由を愛する旅人というか、スナフキンぽい感じですかね!

世の中のタロット解説書の多くで、
このカードは、「自由・型にはまらない・冒険・挑戦・純粋無垢」を意味すると言われていますが、これは背景にこういう要素が示されているからなのです!
タロットを理解するときは、キーワードを丸暗記しようとするのではなく、こんなふうに「なぜこのキーワードなのか?」という背景を理解したうえで考えるようにするといいですよ!
すると、ただの丸暗記に比べて「なぜそうなのか」というロジックが自分の中に落としこまれるので、どんな相談がきてもブレないリーディングができるようになっていきます♪

実占においてこのカードが出たら、恋愛系で占ってる場合は、「冥王星(破壊と再生)」から広げるのであれば、一般的な常識にとらわれない恋愛の形を作り出し、それを楽しむのかもしれません。
同性愛やポリアモリー(複数恋愛主義)だけど、世間の目なんか気にしないとかね!
「風(流動)」からイメージを広げるのであれば、束縛しあったりせずに、お互いに自分の時間を大切にしつつ、それでも一緒にいるような、そんな恋愛が実現するのかもしれません。

仕事で占ってる場合は、「冥王星(破壊と再生)」から広げるのであれば「既存の枠にとらわれない新しい事業を作り出す」とか、「常識に縛られずに自由な発想をすることで問題を解決する」と読めますね!
「風(流動)」からイメージを広げるのであれば、フリーランスになるとか、普通の会社員じゃなくてちょっと珍しい自由業系の仕事をするとか、そんなんが考えられますね!

愚者が逆位置で出たときや、ネガティブな意味で解釈するときの考え方については、けっこう歴史上のレジェンド達の間でもみんな見解が分かれています。
愚者のカードは、黄金の夜明け団のカードだと「エーテルの精霊」といったサブタイトルがついています。
エーテルとは天界を構成する物質のことです。
このことから、「愚者は0番であり、愚者はエーテルの精霊でもあることから、他のいかなるカードからも影響を受けない、そのため悪い意味で解釈することはない」という説を唱えている人がいます。

しかし、まったく逆の説を主張する人もいます。
そちらの人達は、「このカードが示すのは霊的な力なので、質問者の相談内容が霊的なものに関わるなら、なんかを超越しようとするすごい力が働くときだけど、それ以外の日常茶飯事に関するものを占ってるときは、どんなポジションで出ても悪い意味になるよ!例えば愚挙、間抜け、奇抜、偏執狂とかを意味するよ!」と主張しています。

現代の初心者向けタロット解説書の多くは、この両派の中間をとって、「正位置のときは常識に縛られない自由な感じでー、逆位置のときは愚行とか人の目気にしなすぎて自由奔放になりすぎてる状態を意味するよー」って感じで解説してる人が多いです。
僕はどの説もそれなりに理屈が通っているように見えるので、とくにこの説が正しいというのは選ばず、その時々でピンとくるものを採用しています😀笑
でもどちらかといえば、「このカードは一切悪い意味でとらない」の採用率が高いかな?

具体的なリーディング例をあげると、例えば「愚挙」からイメージを広げるのであれば、恋愛だったら「DV彼氏だけど別れられない」とか、「不倫関係やめなきゃって思うのになかなか抜け出せない」とか、そういう「理屈で考えれば違うことわかるよね!」みたいなことをしちゃうのかもしれませんね😂
仕事だったら「無職になる」「ニートになる」「フリーターになる」みたいなのが、イメージに近いかもしれません!
でも別に、一時的にへっぽこな時期があったとしても、さらにその先の未来では、あらためて心が本気になって起業でもしてるかもしれないし、このカードの逆位置が未来に出たからって、「人生おわた…」みたいな感じで決めつけないようにしましょうね!

2:現実世界でもイノベーションの多くは愚者によって作られている

歴史を見れば明らかな通り、基本的にいつだって「偉大なる発明」というのは、最初は笑われ者からスタートしています。
例えば飛行機。
ライト兄弟が「飛行機」を作ろうとしたとき、多くの人々はこれを「不可能だ」「愚かな挑戦だ」と笑いました。
しかし現代では、飛行機は当たり前のように世界中の空を飛び交っています。

例えばiPhone
iPhoneが発売された当時、多くの人がこの商品を笑いました。
「ガラケーのほうが優れてる」
「スマートフォンなんて、売れるわけがない」
「まぬけな商品だ」
しかし実際にフタを開けてみたら、iPhoneは爆発的に売れました。
昔ながらの携帯電話は絶滅。
今では、スマートフォンが当たり前の社会になりました。
このように考えていくと、いつの時代でも「新しい世界を切り開くもの」は最初は笑われ者からスタートしていることがわかります。

だからこのカードは、名前は「愚者」で、キーワードは「自由」「可能性」「冒険」なのではないでしょうか。

独創的アイデアとは、一度は人に笑われるものだ。
自分が出したアイデアを、少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、独創的な発想をしているとは言えない。

byビル・ゲイツ

私の知る限り、成功している自営業社長は、ある意味、バカばかりだ。
けなしているわけではない。
バカは平気でリスクを取り、失敗を怖れない。
いい意味で鈍感。
何度でもチャレンジを仕掛けられ、結果的に成功する。
バカは最強なのだ。
儲かっている経営者はほとんど、才能や知識で成功しているわけではない。
三振を怖れず、自ら打席に立ちにいく。
周りの空気や意見なんか気にせず、とにかくバットを振りにいく図々しさが、高い打率を引き寄せている。
これに対して、会社勤めのダメなヤツらは、会社というベンチに自分の意思で座り続け、打席に立たない臆病者だ。
ベンチにいながら、チーム内で評価される方法はあるけれど、上司の機嫌をとったり同僚の足を引っ張ったり、そういう小手先の知恵しか働かない。

by堀江貴文

その他のカード解説

タロット0「愚者」の意味
タロット1「魔術師」の意味
タロット2「女教皇」の意味
タロット3「女帝」の意味
タロット4「皇帝」の意味
タロット5「法王」の意味
タロット6「恋人たち」の意味
タロット7「戦車」の意味
タロット8「力」の意味
タロット9「隠者」の意味
タロット10「運命の輪」の意味
タロット11「正義」の意味
タロット12「吊るされた男」の意味
タロット13「死神」の意味
タロット14「節制」の意味
タロット15「悪魔」の意味
タロット16「塔」の意味
タロット17「星」の意味
タロット18「月」の意味
タロット19「太陽」の意味
タロット20「審判」の意味
タロット21「世界」の意味

占いで独立開業するメール講座📩

「私も占いを仕事にしてみたい…!」
「個人で稼ぐってどんな感じか知りたい!」
「占いビジネスの楽しさをもっと知りたい!」
って人のためのメール講座やってます🐻✨

ブログの10倍くらいのボリュームの「レアな話」がたくさん読めるので勉強になること間違いなし😊
興味がありそうな人はぜひ以下からお待ちしてます!
↓↓↓