タロットカードの意味・大アルカナ

タロット2【女教皇】のキーワード、意味、解釈ポイント、リーディング例

女教皇の絵柄

ウェイト版

マルセイユ版

Hermitic Tarot

トートタロット

「女教皇」の近年主流の解釈

基本的なキーワード

ポジティブな意味

無意識、直感、閃き、インスピレーション、重大な鍵、品行方正、清楚、智恵

ネガティブな意味

口うるさい、神経質、非論理的、秘密主義、潔癖性、めんどくさい女

恋愛での読み方

ポジティブな意味で読むなら

・何も言わなくても分かり合える
・雰囲気がいい
・落ち着いた態度で接する
・相手の心、悲しみ、傷などを癒す
・才色兼備
・皆のイメージの中にある「理想の女性」像そのもの
・女性的な要素の「正の側面」的な読みであればだいたいOK

ネガティブな意味で読むなら

・人の欠点にめくじらを立てる
・先のことばかり考えて今を雑にしている
・取り越し苦労をする
・口うるさい
・細かいことに口うるさくする母親のような態度
・思ったことをしっかり伝えない
・黙りこくって話さない
・素直になれない
・秘密が多い
・めんどくさい女
・女性的な要素の「負の側面」的な読みであればだいたいOK

仕事での読み方

ポジティブな意味で読むなら

・女性的なセンスが輝く
・雰囲気の作り方が上手
・理屈より、感性に訴えかける
・インスピレーションが湧き上がる
・閃く

ネガティブな意味で読むなら

・女々しい
・実績を無視して、親しい人を優先する
・思ったことをハッキリ言わず陰で言う
・陰湿
・小さなことを気にし、大切なことをおざなりにする
・派閥やグループを作る
・馴れ合う

人生全般の解釈例

ポジティブな意味で読むなら

・気付く
・カンが冴える
・落ち着いた心で向き合う
・重要な何かを思い出す
・最後の鍵を見つける
・秘密や隠された真実を見つける
・謎を解く

ネガティブな意味で読むなら

・受身な態度
・自分では何も動かず白馬の王子様を待つだけ
・情緒不安定
・不幸のヒロイン気取り
・論理的に考えることができない
・雰囲気だけで中身がない会話
・会話が成立しているようで、何も噛み合っていない
・論点がずれている
・人の目を気にする
・ヒステリー
・神経質

タロット女教皇、歴史上のレジェンドの解釈

黄金の夜明け団の解釈

・サブタイトル
銀の星の女司祭長

・対応
エレメント→水
天体→月
ヘブライ文字→Gimel ギーメル

変化、変更、増大と減少。変動(善に変わるか悪に変わるかは隣接するカード次第である)。死や月と比較せよ。
by黄金の夜明け魔術全書

アーサーEウェイトの解釈

正位置
→秘密、神秘、明らかにされない未来、質問者が男性なら彼にとって気になる女性、質問者が女性なら彼女自身。沈黙。粘り強さ。謎。英知。科学

逆位置
→情熱。道徳的。あるいは肉体的情緒。自惚れ。表面的な知識。
byタロット図解

イーデングレイの解釈

正位置
→明らかでない未来、意識の深みに隠れている物事の神秘。精神の啓蒙。ない的な啓明。秘密にすべき事は、話さないようにとの警告。男性のリーでxぢングの場合、全ての男性が夢見る完全な女性を表す。女性のリーディングの時は、友人か彼女自身の美徳を意味するだろう。

逆位置
→利己的で冷酷な女性。耽溺と虚飾の生活。うぬぼれ。単なる表面的な知識。男性のリーディングの場合、このカードは、女性の身勝手さで破滅しないように注意する必要があることを示している。
by自在タロット

女教皇のコラム

なぜ女教皇が「女性性」「秘密」「インスピレーション」などを表すのか?

女教皇はとにかく「キーワードの範囲」が広いです。

本によって「このカードは女性性を意味する」と書かれている場合もあれば、「秘密が明らかになることを意味する」と書かれている場合もあります。
示すことが多いので迷ってしまいそうですが、実はこれらはどれもちゃんと理由があります。

まずこのカードは、2番です。
数秘術などの世界では、数字の2は「女性的な人物」を意味すると言われています。
2は、とても繊細な心の持ち主です。
陽気に振舞っていたとしても、根は恥ずかしがり屋でデリケートです。
深い思いやりを持ち、とても親切です。
2は、他者の感情を察することができます。
だからいつでも他者に援助の手を差し伸べようとします。
平和を好むため争いは嫌いです。
鋭い感性の持ち主で、芸術を通して自己表現する才能を持っていることが多いです。
豊かな感情と想像力を持ちます。
独創性豊かで、音楽や絵画、詩などの芸術関係の世界でセンスを発揮るすことが多いです。
ロマンチックなムードを好みます。
実利よりも、雰囲気を重んじます。
こういったところから、女教皇のカードが出たときは、その人物の中の「女性的な一面」が強く発揮されるのだと解釈されることが多いわけです。
例えば、恋愛運で占っているなら、「相手が自分でも気づいていなかったような本心を察し、理解し、それを受け止めてあげることで、相手の心のめちゃくちゃ深い部分を溶かす」とか、そういうリーディングができるかもしれません。
仕事運で占っているなら、単純に「女性的なセンスを活かす」みたいなリーディングが合うかもしれませんね。

なお、黄金の夜明け団では、このカードに「銀の星の女司祭長」というサブタイトルをつけました。
銀の星とは「秘中の秘」を意味する言葉です。
だからこのカードは「隠された何か」を意味すると解釈されることもあります。
また黄金の夜明け団では、このカードは「月」に属するとしました!
占星術における月は、「人前では出ていない自分」を意味する星です。
太陽が人前での自分のあり方を示す星なら、こちらは自分一人で部屋でリラックスしているときに出ている自分を示します。
普段は力強そうなむきむきの男性でも、家で一人のときはクマちゃんに話しかけているかもしれません!そういう自分ってことね!
こういったところから、このカードが出たときは、「みんなに表現していない自分」や、「隠されている自分」が、なんらかの力を発揮すると解釈されることもあります。
例えば、もしこのカードが解決策に出ているなら、「この問題を解決する鍵は、あなたの中のみんなに隠している一面にヒントがあるよ」と読めるでしょう。

また月は人間の心に「狂気」を与える存在として語られることもあります。
狼男が狼になるのは満月の夜!
満月の夜は犯罪者が増えやすいなんて話もあります!
満月の夜はなんかすごいインスピレーションがわいてきて、ものすごい創作作品を残せることが多いなんて言われることも!

こういうところからイメージを広げていくのであれば、例えば「ものすごい創作意欲が湧いて名作作品を書けちゃう!」とか、「霊感的な才能が顕現する」みたいな解釈もできるかもしれません。
もし相談者が「小説家になりたいです!」とか言ってるなら前者でしょう!
もし相談者が「占い師になりたいです!」とか言ってるなら後者でしょう!
あるいは「私に向いてる仕事はなんですか」みたいな問いでこれが出たら、創作的な仕事や、ちょっとスピリチュアルな仕事が向いているかもしれません☺️
ケースに応じて柔軟にイメージを広げてみてください!

なお、初心者向け解説書の中には、このカードのことを「純潔な女性」「清廉潔白だがやや潔癖」「純白だがやや世間知らず」みたいな意味だと紹介している方がいますが、これはウェイト版タロットの絵柄から感じられるイメージ(青い服を着てて、なんとなく冷たそうに見える)を広げて、そのまま言語化しているためです。
個人的には、それはもともとの意味として定義されていた「月っぽい感じ」の話とはぜんぜん違う話になってしまいますし、ウェイト版タロット以前の女教皇はべつに今のようなデザインだったわけではないので、これは「ちょっと安っぽい解釈」なんじゃないかなと考えており、採用していません。

女とは何か?

近年は男女平等と言われるようになって久しいため「女らしさ」「男らしさ」という言葉は使われづらくなっていますが、このカードが示している「女性性」のは「男女はイメージの通りにあるべきだ」とかそういうことではなく、別に人それぞれ自分が自分らしくいられる生き方をすればいいけれども、それはそれとして「なんとなくこういうのは皆が女性らしいと感じるというものはあるよね?」「このカードはその皆がなんとなく女っぽいと思うものの象徴だよ」ということです。

例えばバーチャルYouTuberの多くは、たいてい「いかにもかわいらしい女性」が描かれます。
それは別に女性は皆そうあるべきだという主張をしているのでゃなく、二次元の女性キャラクターで人気を獲得しようとすれば、それをあえて「むきむきマッチョ」にする必然性はなく、わかりやすい可愛らしいキャラクターにしたほうが人気が出やすいであろうからそうしているだけです。

僕たち人間は、なぜそういうものを「女性らしい」と感じるのでしょうか。
それは分かりません。
でも、赤を見れば、炎や正義のヒーロをイメージするように…
黒を見れば、悪や強者をイメージするように…

「Aといえば、なんとなくBだよね」というイメージのようなものが、我々には確かにあります。
それを人によっては「集合的無意識」だと言います。
真実は分かりませんが、でも確かにそこには人類共通の何かがあります。

このカードは、「我々がなんとなく、女性といえばこういうものだよねと連想するもの」を意味するカードです。

しかし女性らしいというのは、色んな要素を内包するため、
このカードそのもののも含まれる意味が広くなっています。

そのため占うテーマによってはちょっとリーディングが難しく感じるかもしれません。
判断に迷ったときは、他のカードとのバランスを見てみるといいでしょう。

その他のカード解説

タロット0「愚者」の意味
タロット1「魔術師」の意味
タロット2「女教皇」の意味
タロット3「女帝」の意味
タロット4「皇帝」の意味
タロット5「法王」の意味
タロット6「恋人たち」の意味
タロット7「戦車」の意味
タロット8「力」の意味
タロット9「隠者」の意味
タロット10「運命の輪」の意味
タロット11「正義」の意味
タロット12「吊るされた男」の意味
タロット13「死神」の意味
タロット14「節制」の意味
タロット15「悪魔」の意味
タロット16「塔」の意味
タロット17「星」の意味
タロット18「月」の意味
タロット19「太陽」の意味
タロット20「審判」の意味
タロット21「世界」の意味

占いで独立開業するメール講座📩

「私も占いを仕事にしてみたい…!」
「個人で稼ぐってどんな感じか知りたい!」
「占いビジネスの楽しさをもっと知りたい!」
って人のためのメール講座やってます🐻✨

ブログの10倍くらいのボリュームの「レアな話」がたくさん読めるので勉強になること間違いなし😊
興味がありそうな人はぜひ以下からお待ちしてます!
↓↓↓