タロットカードの意味・大アルカナ

タロット4【皇帝】のキーワード、意味、解釈ポイント、リーディング例

「皇帝」の基本的なキーワード

このカードは一般的には以下のような意味があるとされています。

「父性、責任、統治、防衛、厳格」

皇帝のキーワード解説


皇帝の意味と、リーディング例(正位置の場合)

黄金の夜明け団では、このカードは「牡羊座」に属するとしました!
牡羊座の特徴は以下の通りです!

  • とにかく堂々としている。毅然としている。
  • 競争や討論を好み、また強い
  • 危険や困難を恐れず、むしろそれを乗り越えることにやりがいを感じる
  • 高いリーダーシップや統率力

つまりこのカードが出たときは、こういう牡羊座のような自分が強く出てくるようになり、めちゃめちゃ力強い感じでものごとに向き合うようになるってことです☺️
またこのカードは、絵柄のイメージから「父性」を意味するとも言われます。

このカードが恋愛占いで出たときは、牡羊座のキーワードから連想していくとイメージしやすいです。
例えば、「闘争を好む」=「逆境だからこそ、むしろ燃える」とかね!
あるいは「リーダーシップ」=「自分がグイグイと引っ張るような恋愛をする」なんてリーディングもありかもしれません!
相談者が女性だったとしても関係ありません。
女性でも男性的になる瞬間はありますし、男性でも女性的になる瞬間はあります。
全ての人間は、その内面に「父性と母性」をどちらも持っているものです。

仕事占いで出たときも同じノリです。
すると、
「なんらかの責任ある立場につく」
「みんなを統率するリーダー的ポジションになったり、なんらかのプロジェクトを任されたりする!」
「何か大きなタスクや挑戦する」
みたいなのが考えられます!

その他、浮かびそうなもの全部入れておきます!
「全体の方向性を定める」
「基準や指針を設定する」
「責任を引き受ける」
「統率する」
「命令する」
「秩序を求め、支配する」
「守護する」
「安全の確保」
「ルールやガイドラインの明確化」
「成長を求め、導く」
「課題を提示する」

皇帝の逆位置に関して

僕自身は逆位置を採用していないので、
ここでは「このカードをネガティブな意味で解釈するときの例」という意味でご紹介します。

皇帝をネガティブに解釈するときは、上記の牡羊座のような性質が悪い方向に向かっていると解釈します。
つまり、「競争を好む性質」は「過度な攻撃性」となり、「優れた統率力」は「横暴で支配的な姿勢」になるということです。

例えば恋愛占いだったら、相手のささいな言葉にいちいち腹を立てて喧嘩になってしまったり、あるいは相手に求めてばかりの恋をするなんてリーディングができるかもしれません。
仕事占いだったら、こちらはそのまんまですね。
「攻撃的になりすぎて無駄な争いを引き起こす」
「横暴なリーダーになる」
「鍋奉行みたいにいちいち細かく指示を出そうとする」
などが考えられます。
状況に応じて合いそうなものを選んでください。

皇帝のキーワードをもっと深く

母性・父性とは何なのか?

母性とは大きくいえば「ありのままを肯定すること」です。
父性とは母性の逆で、「ありのままを否定すること」です。

具体的には

母性とは

  • まだ未熟なことを許すとか
  • 他人より劣ってることを許すとか
  • 欲求を満たしてあげるとか

等のことです。
母性を受け取ると、子は「生きることへの安心」を得ることができます。
「生きることは素晴らしいことだ」という感覚が根付きます。
すると、「多少の批判や否定を受けても動じない心」を得ることができるようになり、次に説明する父性を受け取るための下地を整えることができます。

父性とは

  • 未熟さや劣等を克服すべく、成長を求めることです。
  • 「わがままを言っていい時・我慢すべき時」などの分別を求めることです。

などのことです。

これだけ聞くと、「母性=らくなこと」「父性=きびしくてつらいこと」という印象を受けるかもしれませんが、そうではありません。
この二つは、どちらも必要なことです。

なぜなら「父性」がなければ、人は「成長意欲」を持つことができません。
そして成長意欲がなければ、自分の能力を高めることも、可能性を広げることもできないため、社会の中でその存在を必要とされることができず、誰からも必要とされず、孤独な人生を歩むことになり、「生きる意味がわからない」といった状態に陥りやすくなります。
しかし父性をしっかり受け取ることができれば、人は自分の能力を高めることができ、可能性を広げることができるため、社会の中で必要とされることが多く、社会の中で自分の役割をしっかりと実感することができ、「生きる意味」のようなものを感じやすくなります。

責任を背負うことは、辛いこと?

多くの人は、責任という言葉を、「苦しいこと」「辛いこと」「できれば避けたいこと」だと解釈しています。
だからこのカードに対しても、あまり良いイメージをもっていない人が多いです。
しかしそれは、大きな誤解です。
そもそも人は、責任を引き受けるからこそ、自由を獲得できるし、生きがいを感じることができます。

逆に想像してみてください。
なんの責任も引き受けない人生を。
それはようするに、「誰からも期待されていない人生」ということです。

「あいつはどうせ何もできない」
「あいつはどうせ何の役にも立たない」
「あいつは価値がない」
「あいつは必要ない」

そのような評価を受け入れたまま生きることは、とても孤独で、虚しく、悲しい人生であるはずです。

もしそうなりたくないのであれば、ぜひとも責任は引き受けるべきです。
責任を引き受けるだけの力を持つために、常に自分の能力を高めることは意識し続けるといいでしょう。
そうすれば、以後のあなたは、周囲の人々から
「あいつはできる」
「あいつは役に立つ」
「あいつは価値ある人間だ」
「あいつは必要な人間だ」
と評価されるようになるでしょう。
するとあなた自身も、生きてて楽しいと感じられるはずです。

今ここまでを読んで、同意できたあなたは、素晴らしいです。
ぜひその調子で、どんどん責任を引き受ける人生を進みましょう。
それは必ずや、あなたの人生を有意義で、自由で、楽しいものにしてくれるはずです。

今ここまでを読んで、「人の役に立たなければ生きる意味が感じられない世の中のほうが間違ってるんだ!」「なんの役にも立たない人間にだって生きる権利はあるはずだ!」と感じたあなたは、おそらく根本的に母性が足りていなかったのです。
あなたはまず、女帝の解説ページを読んで、母性と父性それぞれの役割を学んでみてください。

幸せとは全てのものと関わりがあると感じること、すべてのことに責任を持つことです

サン・テグジュペリ

人生の目的は、役に立つこと、責任を持つこと、思いやりを持つこと、値打ちのある人間、意味のある人間になること、自分が生きたことで、なんらかの違いを作り出すことだ

byレオ・ロステン

その他のカード解説

タロット0「愚者」の意味
タロット1「魔術師」の意味
タロット2「女教皇」の意味
タロット3「女帝」の意味
タロット4「皇帝」の意味
タロット5「法王」の意味
タロット6「恋人たち」の意味
タロット7「戦車」の意味
タロット8「力」の意味
タロット9「隠者」の意味
タロット10「運命の輪」の意味
タロット11「正義」の意味
タロット12「吊るされた男」の意味
タロット13「死神」の意味
タロット14「節制」の意味
タロット15「悪魔」の意味
タロット16「塔」の意味
タロット17「星」の意味
タロット18「月」の意味
タロット19「太陽」の意味
タロット20「審判」の意味
タロット21「世界」の意味

【無料】で学べる
占いで独立開業する方法📖

・占いでお金を稼ぐにはどうすればいいか?
・僕が「未経験」からどうやって占い師になったか?
・占い師向けブログ集客の方法
・組織に縛られず自由に生きるための考え方
…などを
以下のメール講座で無料公開しています♪

詳しくは下記のボタンをクリックしてみてください。

【無料メール講座】の
ご案内はこちら