タロットカードの意味・大アルカナ

タロット7【戦車】のキーワード、意味、解釈ポイント、リーディング例

「戦車」の基本的なキーワード

このカードは一般的には以下のような意味があるとされています。

「前進、勝利、拡大、凱旋、支配、制御、コントロール」

戦車のキーワード解説


戦車の意味と、リーディング例(正位置の場合)

このカードでは、チャリオットに乗ってる王様が描かれています!
そこから、「前進」というキーワードが設定されています!

さらにチャリオットを前に進めるためには、馬(絵ではスフィンクスですが笑)をコントロールする必要があります!
人間もこれと同じで、前に進むためには「自分」をコントロールする必要があります!
この二頭のスフィンクスは、それぞれ「知性と本能」を意味するといわれています。
人間が前に進めるときって、まさにこの二つを上手に操れてるときなんですよね。
どれだけやる気があっても、知性がないとそれを実現するための具体的な計画を立てることができません。
本能的なレベルの衝動がないと、どれだけ具体的な計画をたてたとしてもそれを実行しようと意欲できません。
だからこの二つはどちらもバランスよく走らせることが大事です。
これは何かを本気で目指して行動したことがある人にしか想像できないかもしれませんが、例えばブログ運営をしているときなども「こういう記事が書きたい」という衝動と、「SEO的にこういう記事を書いたほうが合理的である」という知性、この二つの葛藤の連続です。
でもこの二つはどちらも大事なことなのです。
どちらかだけに偏れば、いつしか人は動けなくなります。
こういったところから、このカードを「自己制御が上手にできている状態」と解釈する場合もあります!

なお、黄金の夜明け団では、このカードを「蟹座」に属するとしました!
蟹座の特徴は以下の通り!

  • 自分の外側に硬い甲羅を作り、内側を見せようとしない
  • しかし、一度内側に入ってきた人のことは、めちゃくちゃ大事にする
  • つまり、家族や恋人はめちゃくちゃ大事にするが、他人になかなか心を開きづらいところがある
  • 味方になるまでが大変だが、味方になってしまえばめちゃくちゃ頼りになる

戦車のカードで描かれている王様は、常に外敵との戦争をしており、自分の領土を拡大するための戦いに明け暮れています。
その面だけ見れば、とても攻撃的であるかのように見えます。
でも彼は一度自分の領土になった人々には優しいのです。

このカードが出たとき、相談者こういう「蟹座の王様」のような自分が出るのかもしれません。
つまり、恋愛で占っているのであれば、自分のほうからグイグイと動き、前に出て、相手の心を侵略し、そして大切にする。
そんなイメージ!
仕事について占っているのであれば、こちらも同じように、自分のほうからグイグイと動き、前に出て、問題を解決し、障害を突破し、なんらかの成功と勝利を掴んでしまう!
具体的にどういうことかは相談内容に応じて考えましょう!

その他、よくあるリーディング例を並べておきます!
・勝利する
・成功する
・頂点に立つ
・ゴールへと到達する。
・自己を制御する。
・エネルギーを集中する。
・前進する。
・拡大する。
・一点に向かって突き進む

戦車の逆位置に関して

僕自身は逆位置を採用していないので、
ここでは「このカードをネガティブな意味で解釈するときの例」という意味でご紹介します。

このカードが逆位置で出たときは、戦車の力が高まりすぎて、ブレーキが効かない暴走状態にあることを意味すると言われています。
恋愛運で占っているなら、「押しが強すぎ」「ぐいぐい迫りすぎ」「自分のペースを相手に押し付けてしまっている」などが考えられるかもしれません。
仕事運で占っているなら、一人で爆走してしまい、仲間や部下とのコミュニケーションがとれていない、みんなを置き去りにしてしまっているなどが考えられます!
いちど立ち止まって、自分の周囲にみんながついてきてこれているかを確認するといいかもしれません!

戦車のキーワードをもっと深く

意識と無意識の統合

私たち人間は、時に「自分以外の何か」に動かされていると感じるときがあります。
例えば、目の前に「困っている人」を見つけたとき、頭で考えるより先に、体が動いていたということがあります。
その逆に頭ではダイエットしようと思っていたのに、気づけばお菓子を食べてしまったり。
恋に落ちたときの自分は、あとで冷静になった自分からすると、意味不明で非合理な行動をとっていることが多いものです。

こんなふうに、我々の中には、確かに「何か」がいます。
自分の中に、自分以外の「何か」が。

では想像してみてください。
もし「自分の中の何か」が向かおうとする方角と、頭の「自分自身」が向かおうとする方角が一致したら、どうなるでしょうか?
そのときのあなたは、きっとどこまでも前進し、どこまでも突き進むことができるはずです。
例えば、あなたが心からやりたいことや、夢を見つけたとき。
それに夢中になっているあなたは、他人からすると「なぜそんなに頑張れるのか」と思われるほどに、しかし本人はとくに頑張っている自覚もないままに、夢中になって、その道を進んでいることでしょう。
戦車のカードが示す「前進」とはそういうニュアンスのもので、戦車のカードが示す「勝利」とはそういう夢中の先につかみとった何かなのではないでしょうか。

ただし、「自分以外の何かに突き動かされる前進」は、いい方向に働けば「普通の人では超えられない壁を超えること」に役立ちますが、悪い方向に働けば「暴走」となります。
このカードの悪い意味が「暴走」とされているのは、そういうことなのかもしれません。

7という数字について

このカードは7番です。
数字の「7」は『運命』や『宿命』、『変容』などと大きく関わる数字であると考えられています。
例えば、創世記に記される創造は7段階で行われています。
曜日は7つです。
占星術における天体数も、海王星・天王星・冥王星が見つかるより以前は7でした。
錬金術では7つの金属と7つの惑星の影響による7つの変容の段階があります。
サイコロの向き合う面の和は全て「7」であり、スロットマシンの大当たりの出目は、普通777となっています。
こういった背景から、戦車のカードを、大アルカナの中でもっとも重要なカードだと解釈する人もいます。
18世紀末のエテイヤは、これを大アルカナ最後のカードとしました。
現代のレイチェルポラックは、「タロットの書・叡智の78の段階」のなかで、大アルカナ22枚のうち、愚者をのぞいた21枚を7枚ずつ3つのグループに分け、魔術師から戦車までの7枚を「社会的・表層意識のレベルのカード」、力から節制までの7枚を「深層心理・潜在意識レベルのカード」、悪魔から世界までの7枚を「霊的・元型的エネルギーのカード」と分けました。
そして戦車は、社会的・表層意識レベルのカードの中で最大到達点、このカードが示すのは「人が社会の中で到達しうる最大の成功だ」と定義しました。

その他のカード解説

タロット0「愚者」の意味
タロット1「魔術師」の意味
タロット2「女教皇」の意味
タロット3「女帝」の意味
タロット4「皇帝」の意味
タロット5「法王」の意味
タロット6「恋人たち」の意味
タロット7「戦車」の意味
タロット8「力」の意味
タロット9「隠者」の意味
タロット10「運命の輪」の意味
タロット11「正義」の意味
タロット12「吊るされた男」の意味
タロット13「死神」の意味
タロット14「節制」の意味
タロット15「悪魔」の意味
タロット16「塔」の意味
タロット17「星」の意味
タロット18「月」の意味
タロット19「太陽」の意味
タロット20「審判」の意味
タロット21「世界」の意味

【無料】で学べる
占いで独立開業する方法📖

・占いでお金を稼ぐにはどうすればいいか?
・僕が「未経験」からどうやって占い師になったか?
・占い師向けブログ集客の方法
・組織に縛られず自由に生きるための考え方
…などを
以下のメール講座で無料公開しています♪

詳しくは下記のボタンをクリックしてみてください。

【無料メール講座】の
ご案内はこちら